2010年10月18日 (月曜日)

「結婚」って、どんなイメージ?

ブログネタ: 「結婚」って、どんなイメージ?参加数拍手

皆さん、久しぶりです。

もう10月の中旬ですね。

個人的に10月に入って一番嬉しいのは汗をかかなくなったことですね。

それからなぜか自分のなかで結婚するとしたら10月っていうイメージがあるんです。

多分、汗をかきながら結婚式をあげたくないからかな?!

それで今日は韓国の結婚式をご紹介させていただきたいと思います。happy01

まず、結婚式を説明する前に、韓国人(僕)の持っている結婚のイメージについてちょっとお話をしたいと思います。

多くの韓国人はおそらく、結婚は「1+1=1」と考えてるはずです。

一人の男と一人の女が出会い、一生を一緒に過ごす。heart

でも結婚をしなくても一緒に暮らせばいいじゃない!と思う方もいると思いますが、じゃどうして結婚をするのか?

これは「結婚しないよりした方がいいから」だと思います。

この言葉にはいろんな意味が含まれていると思いますが、人によって違うでしょう。。eye

(安定、思いやり、責任…)

これからは韓国の結婚式についてお話したいと思います。

韓国では、両親が結婚費用を負担することが一般的だと言えます。coldsweats02

そのためか、学生結婚も多いですね。

でもお金があまりない家庭はどうすればいいのかな?

そして家は夫、家具は妻側が用意するのですが、これも、ほとんどお互いの両親が出すものだと言われています。

韓国人は、結婚式にこだわります。というのも、「結婚式を挙げずに結婚するのは、周りから祝福されずの結婚」と考えるからです。

そのため、招待客も多ければ多いほど良いと言われています。

招待した人が家族や友達を連れてきても全く問題がないのも特徴的ですね。

式の始まりは、お互いの母親たちが手をつないで入場し、一番前の両端にあるキャンドルに火を灯して、招待客におじぎをします。

二人が席に着いたら、新郎が入場し、新婦と新婦の父が入場するのですが、最近の韓国では、新郎と新婦が一緒に入場するケースも増えています。

それから、主礼(日本で言う仲人のような人)が、結婚の宣言をし、15分程度話をします。

今日はちょっと文書が長くなりましたが、いかがでしたか?

日本と韓国の結婚式、一番大きい違いは何だと思いますか?

皆さんのご意見を下のコメントに書いていただけると嬉しいです。


あ、韓国についてもっと詳しく知りたい方は是非Trip-with.meでガイドブックを見てみてください。

人気ブログランキングへ


今日の担当はミンキュでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|