« JAL SKY SUITEに乗ってみました! | トップページ | 機内からマンハッタンへ »

2014年3月13日 (木曜日)

JALニューヨーク便の機内食

JAL長距離路線の機内食は洋食、和食以外にも、

和と洋の垣根を越えた「山田チカラ」氏による新ジャンルの料理を味わえます。

今回の最初の料理はSKY AUBERGE BEDDというネーミングの料理にしてみました。

Dscf5212


まずは、ウエルカムシャンパン、ドラモット・ブラン・ド・ブラン。
1760年創業のドゥラモット社は、JALファーストクラス搭載の
幻のシャンパーニュ「サロン」の姉妹メゾンだそうです。
全生産地の5%に満たない特級シャルドネを100%使用し、
「サロン」が造られない年、その葡萄はこのブラン・ド・ブラン用に使用されそうです。
爽やかな柑橘系の果実とトースト風味が心地よさを誘う、
食前はもちろん食中酒としても楽しめる洗練されたシャンパーニュとのこと。

年度は違えばこそ、サロンと同じ原料を使用しているのですね。

そしてアミューズ。

Dscf5214

鴨のローストときのこと豆のだったかな。
カリフォルニアの赤ワインと一緒にいただきました。

Dscf5215


Dscf5217

前菜にパン。パンは、仏有名紙でNo.1と称され

パリの3つ星レストランでも信頼が厚い人気ブーランジェリー「メゾンカイザー」だそうです。

Dscf5218


そしてビーフシチューだったかな?

Dscf5219

非常に濃厚な味だった気がします。前菜があっさりめでよかった。

Dscf5220

最後はコーヒーと抹茶ムースのチョコクッキー添え。

Dscf5221
品数は少ないですが、

メインのビーフシチューの味がしっかりしていて満足感は十分です。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリックしていただければ
大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

|
|

« JAL SKY SUITEに乗ってみました! | トップページ | 機内からマンハッタンへ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/55359740

この記事へのトラックバック一覧です: JALニューヨーク便の機内食:

« JAL SKY SUITEに乗ってみました! | トップページ | 機内からマンハッタンへ »