« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日曜日)

モルディブ到着1日目

最初に宿泊したのは、シェラトン・ホテル。

場所は空港から近く2~30分ホテルの水上ボートで北に向かった距離。モルディブのホテルに到着したのは深夜なので、翌朝目覚めてからの続きです。

Dscf4845

ホテルのベランダの戸を開けると、こんな景色が眼に飛び込んできました。

Dscf4846


我々の宿泊したコテージがこれです。一見小さいように見えますが・・・、

実は天井がすごく高いのですね、そして中はかなり広いです。

で、このまま散歩してみました。

Dscf4848

水飲み場でしょうね。使えるのかなぁ?

Dscf4849
音がすると思ったら、こんなに近くでヘリコプターが飛んでいました。

環礁なので移動は、海か空しかないのですものね。

Dscf4850


コテージから2~30メートルのところがこんな海岸でした。

Dscf4851

白い砂浜に人もまばらな、ぜいたくな空間ですね。

Dscf4853

休憩するスペースにこんなオブジェがありました。

いったい何を表しているのだろう?

Dscf4854

こちらの水上コテージは2人用で、

残念ながら家族向けのコテージはありませんでした。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

そして2006年4月から続いているこのブログをいいなと思っていただければ

応援クリックを押してもらえれば嬉しいです!


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月19日 (木曜日)

シンガポールの乗継後、モルディブへ一路

シンガポールのチャンギ空港で日本航空からシンガポール航空に乗り換え、

飛行機は離陸。

Dscf4836

夜間飛行は苦手なのですが、乗り継ぎの時間上そうは言ってられません。

Dscf4835

エコノミークラスでもUSBや電源コンセントが付属しており、

モニターも昔よりかなり大きくなっています。

Dscf4837

成田からシンガポールの移動で結構疲れ、家族もみんな寝入っています。

Dscf4838

やがてモルディブの首都、マーレが近づいてきました。

Dscf4841


空港への到着時間は夜の10時過ぎ。ここから通関、入国検査を終えて

ホテルのカウンターの人を探さなければなりません。
Dscf4842

夜遅いからか、ほとんどのカウンターががらがら。

Dscf4843

幸運にも?ホテルの出迎えスタッフのカウンターが見つかり、

ここから、さらに船で移動です。

やはり、遠い・・・・。

Dscf4844


(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変うれしいです。


人気ブログランキングへ










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月15日 (日曜日)

モルディブまでの道のりのまだ半分

B787の機材は、トイレも真新しい、幻想的な空間に仕上がっているのです。

Dscf4827

曲線と間接照明が柔らかな空間を醸し出しています。

Dscf4828


しかも、

Dscf4829


ウォシュレットやビデまでついているのです!

Dscf4830

午後のコーヒーとアイスクリームで一服した後は、シンガポール空港に到着。

Dscf4831


シンガポール空港は、ターミナル1、2、3とあり、乗り継ぎの移動が大変です。

今度は日本航空からシンガポール航空への乗継なので、

ターミナルを移動しなければなりません。Dscf4833


そして乗継まで30分ほどあったので、シンガポール航空の空港ラウンジで、

メールチェック。

Dscf4834

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月13日 (金曜日)

恒例の機内食紹介です

飛行機の中では水平飛行に移ると

大体機内食が提供されますね。

長距離路線では、お皿を変えたりしてくれますが、

中距離路線ではワントレイで出てくることが多いです。

Dscf4821

今回は日本航空が展開する、「BEDD」シリーズの食事を注文してみました。

下村浩司氏監修による食事だそうです。

https://www.jal.co.jp/newsky/bedd/

下村 浩司Koji Shimomura

ファーストクラス・ビジネスクラス担当。

1967年茨城県生まれ。

22歳で渡仏し、「ラ・コート・ドール」「トロワグロ」などの三ツ星レストランを中心に8年間研鑽を重ね帰国。

2007年に東京六本木「エディション・コウジシモムラ」をオープン。

ミシュラン二ツ星を獲得するとともに、確固たる技術と知恵をベースに大胆な発想と遊び心を加えたスタイルが食通たちの舌を唸らせ続けている。

とのことです。

Dscf4822


前菜は、パテ。盛り付け方が日本人らしい繊細さが感じられますね。

Dscf4823


牛肉は特別な料理方法なのか、すごく柔らかくて、脂肪の味わいが濃厚でした。

Dscf4824

きのこのコンソメスープだったかな?

これも結構濃厚な味わいでした。

Dscf4825

このパンは北海道の手作りバターで食べることになります。

Dscf4826

そしてデザートは、和風にマロンとクリームをいただきました。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです。


人気ブログランキングへ






| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月10日 (火曜日)

モルディブ旅行記始まるよ~。

今日からはモルディブ旅行(出張ではなく旅行!)記の始まりです。

家族と一緒の初のモルディブ旅行。仕事が絡まないとなぜか楽しい!

Dscf4811


いつも通りの成田空港。一時期羽田国際空港を使ってみたけれど、

なんだか空港内のスペースが小さく感じて、いつのまにか使い慣れている

成田空港に戻ってしまいました。

Dscf4813

貯まったマイルを使用して、とりあえずシンガポールまで無料航空券をゲット!

そこから有料で家族の分も含めた航空券を購入です。

ちなみにシンガポールは比較的無料航空券のシートをとりりやすいんですね。

逆に無料航空券枠がとりにくいのが、ハワイです。

やはり日本人のハワイ人気は不動のものですね。

Dscf4812


ラウンジでシャンパンをいただいてから、搭乗口へ向かいました。

Dscf4814

この飛行機です。

機材は噂のボーイング787。

Dscf4815

新しい機材だけあって、いろいろなところが使いやすくなっています。

Dscf4817


窓も、まぶしければボタン一つで暗くすることができるのです。

こんな感じですね。

Dscf4818

青い色になります。

Dscf4816


ウエルカムシャンパンをいただきながら、食事を待つこととします。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリクしていただければ大変うれしいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 9日 (月曜日)

ジャカルタ旅行記おしまい

管理人は基本エコノミークラスでの移動でもさほど苦には感じません。

ただ歳をとると尻の筋肉が落ちるからか、

ずっと同じ姿勢で座っていると尻が痛くなってくることはあります(苦笑)

ただ夜行便だけは別。

眠るときに椅子に座ったままでは眠れないのです。

眠りが浅なって現地に到着したときや、帰国した翌日の仕事に見事に影響を与えちゃいます。

だから夜行便の場合だと多少値段が高くなっても、

できるだけフルフラットになれる便を選んでしまいます。

これが仲のいい友人と一緒だと、エコノミークラスで眠れなくても平気なのは面白いです。

さて、横道にそれましたが、クアラルンプールから成田まで6時間ほど。

眠りについてから数時間で朝食が出てくるんですね。

Dscf4794


マレーシア航空のビジネスクラスの朝食はかなり豪華です。

Dscf4795


寝起きのフルーツ。一つ一つがまた大きい!

Dscf4796


オートミール、日本ではほとんど注文することはありませんが、最初からついてきます。

Dscf4797

パンがついていたのでこれで終わりかと思うと、そうではないんですよね。

このラムチョップがメインのお皿で出てくるのです!

Dscf4798


大きなジャガイモとともに朝から少しヘビーですね。

これで、インドネシア編は終わりです。

次回からはモルディブ編に移ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変うれしいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 6日 (金曜日)

ジャカルタからクアラルンプール経由成田へ

インドネシア・ジャカルタのスカルノハッタ空港から

マレーシア航空機は離陸。

クアラルンプールまでの数時間なので、機材も大型ではなく中型でした。

すぐに、機内食が提供されましたが、さほど食欲もなかったので、

パスタを注文しました。

Dscf4784


あと、サラダとフルーツがついています。

そしてクアラルンプールに到着後は成田行きの機材に乗り継いで深夜発の便に搭乗。

Dscf4787


眠る前に、定番の「サティ」がふるまわれます。

夜行便なので、これだけで就寝時間です。

Dscf4791


白ワインと、

Dscf4792


サティと、

Dscf4793

フルーツで、おしまい。

おやすみなさい。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

そしていつものように下のバナーをクリックしていただければ、

大変うれしいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 4日 (水曜日)

ホテルを出発。いざ空港へ

昼前になって、いよいよホテルからの出発の時間が近づいてきました。

Dscf4773

部屋に戻ってパッキングをするため、庭を通って部屋に戻りました。

Dscf4774

結構、古い建造物がそのま残っているのですね。

Dscf4777

玄関からタクシーに乗り込み、

Dscf4776

スカルノハッタ空港へ向かいます。

空港での出国検査場はカメラ禁止なので、

↓は空港内のラウンジからの写真に写ります。

Dscf4782

Dscf4783

Dscf4781

 ここで、軽く昼食を済ませてから搭乗することになります。

Dscf4778

 宗教上の理由なのか、このラウンジではアルコールはおいていません。

Dscf4779

 料理は、まずくはないです。が、旨くもないです(苦笑)

Dscf4780

 カップ麺だけは、はっきり言っておいしくありませんでした。

やはり、日本のカップ麺が一番おいしいと思います。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

そしていつものように、下のバナーをくりっくしていただければ大変うれしいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »