« シンガポールで無料で市内観光をする方法 | トップページ | 香港日帰りはいかが? »

2013年5月13日 (月曜日)

クイズに答えてLAに行こう!

57日にロサンゼルスで開催された

ナショナル・トラベル&ツーリズム・ウィーク。

その式典に出席したアントニオ・ビヤライゴーサ・ロサンゼルス市長、

およびアーネスト・ウドゥン・ロサンゼルス観光局総裁兼CEOは、

2020年までにロサンゼルスへの年間旅行者数を

5,000万人にする計画を発表しました。

この目標を達成するため海外からの旅行者数で1位となり、

急速に旅行者数が伸びている中国に、

特に力を入れることが重要とのことで、

新たに上海にロサンゼルス観光局をオープンしたとのことです。

ロサンゼルス市は2006年に全米初で北京に観光局をオープンしていますが、

現在でも中国政府から公認された唯一の都市観光局となっています。

昨年はロサンゼルスは総旅行者数、国内からの旅行者数、海外からの旅行者数、年間ホテル稼働率など、あらゆる数値の記録を塗り替えたそうです。

さらに今年は記録的な旅行者数が予想され、

4,200万人が訪れるものと予測されているそうです。

 

最近は、アイアンマン3でも中国がシナリオの重要な部分を占めていて、

中国向けに別バージョンを撮り直していて、

中国の存在はアメリカにとって大きくなっているのでしょうね。

 

日本と中国が尖閣問題で足踏みしているあいだに、

ロサンゼルスの観光客は中国からの旅行者だらけ

になることもあるのでしょうか?

さて、ロサンゼルス政府観光局は、

下のキャンペーンをやっております。

Photo


お申し込みはこちらからどうぞ!

http://jp.discoverlosangeles.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックして頂ければ大変嬉しいです。


海外旅行 ブログランキングへ

 

|
|

« シンガポールで無料で市内観光をする方法 | トップページ | 香港日帰りはいかが? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/51614187

この記事へのトラックバック一覧です: クイズに答えてLAに行こう!:

« シンガポールで無料で市内観光をする方法 | トップページ | 香港日帰りはいかが? »