« 快適な宿泊には水回りが大事です。 | トップページ | ホテルアメニティの効用 »

2013年4月 2日 (火曜日)

ホテルのビュフェ朝食

海外の高級ホテルの朝食は豪華ですね。

特に東南アジアは洋食、アジア料理そして和食とそろっていて豪食べきれないほどの種類があります。

普段はコーヒーとパン、それに果物を2~3切れぐらいで済ませているのに、こういところでは思わず食べ過ぎてしまいます。

また最近はほとんんどの朝食を供するレストランもビュッフェ形式に変わっていて、単品で頼んでも値段がビュフェのセットとあまり変わりなくなっています。

だとしたら、ビュフェの方がお得感が断然あるのですが、

これだけ種類が多いと、お値段も結構するのです。

宿泊費が約1万円なの対して、朝食だけで三千円を超えます。

だったら、胃袋が目覚めた頃のブランチにした方が

無駄がないですし、いろいろな種類を味わえる。

Dscf3643


真ん中の大きな柱の弧を描くように料理が並んでいます。

Dscf3644

昔、教えられたようにビュフェの場合には冷たいものと熱々の料理は一緒にするなという言葉を守って来ています。

最初は、コールドディッシュ。

Dscf3641

トマトジュースと一緒に。

二十年前は東南アジアで生のサラダなんてとんでもなかったですが、

今は随分と進歩しました。

Dscf3642


次にホットディッシュ。

洋食コーナーでは、カリカリに焼いたベーコンやソーセージなどがありましたが、

出来るだけ地場の料理を、と思ってとるとこうなりました。焼きうどんに目玉焼きは東南アジアというよりも関西風ですかね。

あとチヂミや牛肉の甘辛いそぼろのような料理などを頂いて。

Dscf3645


最後にトロピカルフルーツ。真ん中のジャックフルーツが珍しいですかね。

Dscf3646_2


珍しく皮付きのトロピカルフルーツが供されていたので、いくつか持ってきました。

左はロンガン、右の黒い蛇の皮のようなフルーツは・・・、名前忘れました(苦笑)

比較的身は固くて甘酸っぱいりんごのような食感です。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。


人気ブログランキングへ

|
|

« 快適な宿泊には水回りが大事です。 | トップページ | ホテルアメニティの効用 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/51069392

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルのビュフェ朝食:

« 快適な宿泊には水回りが大事です。 | トップページ | ホテルアメニティの効用 »