« ホテルのビュフェ朝食 | トップページ | 今度はシェラトンホテルに宿泊 »

2013年4月 3日 (水曜日)

ホテルアメニティの効用

いろいろ紆余曲折ありましたが、

今月23日でこのブログも丸7年を満了します。

最初の頃と現在を比べると、

いろいろ海外旅行環境が変わっているのが、よくわかります。

最初の頃には液体の機内持ち込み禁止が実施されてパニックになったり、

ジェット燃料サーチャージ、燃油付加金が強硬に実施されて、

猛烈に反発されたりと、いろいろありました。

もしお時間のお有りの方は、過去の記事を見返すと面白いですよ。

さて、30年ぐらい前は航空会社や旅行会社の「JALPAK」や「PANNAM」のブランドが入った

バッグがステイタスで、

海外旅行客はそのバッグを欲しがったものでした。

そして、ホテルもヒルトン、シェラトンそしてハイアットなど、

「高級」のイメージがつくと、ブランド化されますよね。

宿泊すると、ホテルのロゴの入ったアメニティ、シャンプーや石鹸、そしてバスローブ(これは持ち帰っちゃいけません!)などを持ち帰ろうとした宿泊客も多かったと思います。

Dscf3648


こんなボールペンとメモ帳は、机の端においていると少しおしゃれに見えませんか?

Dscf3649

ホテルにはよく自分で作るコーヒーセットが備え付けてありますが、

このような紙コップも見つけました。

Dscf3650_2


コーヒーを作った途端に電話がかかってきて

外出しなければならなくなった時など、

このような蓋付の紙コップに入れて持ち出すこともでき、デザインもおしゃれですよね。

なかなか良いアイデアだと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると

大変嬉しいです!


人気ブログランキングへ

|
|

« ホテルのビュフェ朝食 | トップページ | 今度はシェラトンホテルに宿泊 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/51086684

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルアメニティの効用:

« ホテルのビュフェ朝食 | トップページ | 今度はシェラトンホテルに宿泊 »