« ペーパーチキンってなに? | トップページ | 美しきはんぎゃくじ2013世界大会 »

2013年4月19日 (金曜日)

シンガポール料理その3

シンガポール・シーフード・リパブリックの五周年記念パーテイの開催に当たり、

同レストランの運営会社社長の開会の挨拶に始まり、

Dscf3936


(スタッフの女性に叩かれているのではありません。念のため)

そして、今回のためにシンガポールから来日したこの四人組。

Dscf3937

左から、Mr.Justin Tan 1983年に創業されたInternational Seafood Restrantの取締役。

ここのレストランはチャンギ空港から市内に入るときに左側に大きな伊勢海老のような看板が見えますが、そこのレストランです。

そのとなりが、Mr.Han Jin Juan。マーライオンの目の前にあるレストランで、英国ガイド紙のシンガポール最優秀レストラン賞を12年連続受賞した1956年創業と歴史のある「Palm Beach Seafood Restrant」の社長。

そして右から二人目が、Mr.Andrew Tjioe, 1984年創業の「TungLokGroup」の取締役会長。

ここはシンガポールだけでなくアジア各国で15以上のブランド、40以上のブランドを展開しているレストラングループです。

一番右端は、Mr. Ang Klam Meng, 1987年創業のJumboSeafoodRestrantのCEOです。ここはチリクラブのコンテストでチャンピオンになり、イーストコーストセンター店には毎日2千人以上が食べに来るそうで、これらのレストランがノウハウを提供したレストランが、このシンガポール・シーフード・レパブリックなのですね。

Dscf3933


乾杯のドリンクにはビール、ワイン以外にもシンガポールの定番、「シンガポール・スリング」や

Dscf3934

紹興酒、ジャスミンティもありました。

デザートの中では、地場の有名な料理、

Dscf3930


ボボチャチャがありました。

これらのトッピングを茶碗に入れて、

Dscf3931


このココナツミルクとタピオカをかけて、食します。

慣れれば東南アジア風味でうまいもんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリックして頂ければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ


|
|

« ペーパーチキンってなに? | トップページ | 美しきはんぎゃくじ2013世界大会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/51296278

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール料理その3:

« ペーパーチキンってなに? | トップページ | 美しきはんぎゃくじ2013世界大会 »