« オーストラリアといえばオージービーフ | トップページ | 時代とともに街も少しずつ変わっていくのですね »

2013年3月 9日 (土曜日)

シドニーのマック

先週はマレーシアへの出張で記事がかけませんでしたが

今日から復活いたします(*゚▽゚)ノ

それにしても、日本に帰国して昨日から

鼻と、目元が異常を起こしている(苦笑)

え~~と、オーストラリア編の続きでしたね。

シドニーはもともと英国人が住み着いた街で、街並みや建物にも

英国の面影が随所にあります。

Dscf3343_4

木の家の日本の文化と違い、煉瓦や石造りの建物なので、

昔の建物が結構残っています。また住んでいる人たちもそれを大事にしているので、

Dscf3339

こんな銀行のような、マックが出来上がるのですねw(゚o゚)w

Dscf3336_4

二階の席で食べたのですが、

吹き抜けになっており、

Dscf3337


マックらしからぬ天井のデザインと証明でした。

Dscf3335

ただ料理は世界で統一されているのでさほど変わらず、

Dscf3338

ハンバーグが、アンガスビーフという和牛に近い牛肉を使っていましたね。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

そして、いつものように下のバナーをクリックして頂ければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

|
|

« オーストラリアといえばオージービーフ | トップページ | 時代とともに街も少しずつ変わっていくのですね »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/50669299

この記事へのトラックバック一覧です: シドニーのマック:

« オーストラリアといえばオージービーフ | トップページ | 時代とともに街も少しずつ変わっていくのですね »