« 年末のご挨拶 | トップページ | JL407便が出発 »

2013年1月 2日 (水曜日)

今回からドイツ編です

今日からは先月のドイツ旅行記をアップしていきますね。

12月の中旬という、閑散期を狙ってドイツに行ってきました。

Dscf3081

成田空港の空港第二ビルからの出発です。

いつも通りに、出国審査後JALのラウンジで一休み。

最近はここのシャンパンが楽しみの一つになってきました。

Dscf3082

シャンパーニュ・バロン・ド・ロートシルト

以下、JALの説明文より。

1744年にドイツで開業したロスチャイルド家の流れをくむ、現代ボルドーワイン醸造ご三家が結集したシャンパーニュ・ハウス。ワインと同じく品質本位の哲学を標榜するシャンパーニュ・ブリュット。シャルドネ60%、ピノ・ノワールとピノ・ムニエが40%の比率で、アッサンブラージュ。そのうち、リザーヴワインが40%使用されて、メゾン独自のスタイルが堅持されます。純粋な果実と清らかな酸味の調和、永遠の品格が表現されます。

Dscf3083


今回はシャンパンに加えてカレーライスとサラダをいただきました。

Dscf3084

そして、今回は書斎でメールチェックをさっと済ませて、搭乗ゲートへ。

Dscf3085

これが今回搭乗する機材です。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年初めてのブログ記事を最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。


人気ブログランキングへ


|
|

« 年末のご挨拶 | トップページ | JL407便が出発 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/48574165

この記事へのトラックバック一覧です: 今回からドイツ編です:

« 年末のご挨拶 | トップページ | JL407便が出発 »