« ヨーロッパで認められた日本酒(2) | トップページ | 羽田JALラウンジ »

2012年11月21日 (水曜日)

シンガポール旅行記のはじまりはじまり。

今日からは、今月初めのシンガポール旅行記を

ちょっとしたお得ネタを絡めて進めてまいります。

さて、羽田空港が国際化されて早二年が過ぎました。

当初は人気が高く、羽田空港観光もあったのが

いまではすっかり落ち着いています。

今回の出発は羽田空港から。

Dscf2687


羽田空港発の国際線の風景です。

奥に見えているエスカレーターを上がると、昔の江戸の町並みになっていて

観光客が多かったのですが、時間帯と二年の経過もあってか

今はひっそりとしています。

この左側がワンワールド、そして右側がスターアライアンスの航空会社でまとめてあります。

管理人は左側のJALでチェックインして、出発ゲートに。

Dscf2690


出発ゲートの中のエスカレートをあがると、

JALのラウンジがあります。

色彩は成田と同じに統一していますが、成田よりは一回り小さいです。

Dscf2689

一番奥の書斎を陣取って、

パソコンとiPadで昼間の仕事の続きを開始です。

Dscf2691_2

小腹がすいたら、こちらから適当に小皿にとっていただくシステムです。

Dscf2692

結構メニューは充実していて、機内食よりもうまいです。

Dscf2693

ワインの種類も充実していますが、

あまり飲みすぎると、仕事ができなくなるので、

シャンパンをグラス1杯だけでとめておきます。

特に、夜間飛行の場合は、機内食を出す時間がないので、

ラウンジでの食事に力を入れているのでしょう。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ、うれしいです。


人気ブログランキングへ

|
|

« ヨーロッパで認められた日本酒(2) | トップページ | 羽田JALラウンジ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/47923465

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール旅行記のはじまりはじまり。:

« ヨーロッパで認められた日本酒(2) | トップページ | 羽田JALラウンジ »