« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月曜日)

インド洋上での昼食

飛行機も水平飛行に移りベルト着用のサインが消えましたので・・・。

Dscf1416

早速トイレに入ってみると、エコノミークラスと違い、このクラスには「ロクシタン」のトイレタリーが置いてありました。

Dscf1417


なんとなく、リッチになった気がします。

Dscf1423


食事の用意ができて、最初に出てきたのはフルーツの盛り合わせでした。

Dscf1425

ヨーグルトとナッツの混ざったような、スープかオートミールのような前菜扱いなのかよくわかりませんでした。ベリーのトッピング添えです。

Dscf1426

メインはシンガポール風焼きそばです。

この後、紅茶を頂いてごちそうさま。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月26日 (日曜日)

シンガポール航空機内にて

飛行機が水平飛行に移ると、シートベルトの着用サインが消え、

うろちょろしだしますcoldsweats01

Dscf1421


まず座席の周りをチェック。

Dscf1418


座席のコントローラー。同じボーイング777でもいつもの見慣れたJAL機と違いますねえ。

Dscf1419

背もたれの顔の横あたりにライトとイヤホンジャックがありました。

いつぞやJAL機でも似たような位置にありましたが、イヤホンやックは膝横でなく、こちらの方が出入りの際に便利です。

Dscf1420_2

点灯したらこうなります。指で灯りの位置を180度変えられます。

Dscf1422_3


座席横の電源。110Vの60Hrz、アメリカ全州の標準規格ですね。日本製品はほぼ使えるでしょう。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月25日 (土曜日)

インドに向けてシンガポールを出発

翌日の早朝、目が覚めてラウンジで軽く朝食・・・・、前日の夕食とお皿の内容があまり変わらないかな。

Dscf1407


搭乗する飛行機はシンガーポール航空で、隣にも同じようにシンガポール航空機が駐機していました。

Dscf1413
座席は、1A。この位置が一番脚の前のスペースが広いのですよね。

Dscf1411
テレビの画面がすごく大きいような気がします。

Dscf1409
そして隣の座席はだれも座っていないのでゆったりと機内を過ごせます。

Dscf1410

シンガポール航空の機内誌「クリスワールド」・・・、「クリス松村の世界」、などと勝手に思ってひとり笑っています。

Dscf1415

ページをめくると、あのドクター中松の大きな顔写真が!

Dscf1414
北欧のテレビ局がドクター中松を取材した1時間番組らしいです。

ドクター中松とは何度か食事をしたことがあるので、こんどお会いした時にはこの機内放送の事を伝えなきゃhappy01

会社が旨く行っていない時にご心配をかけ、慰めてもらっておりドクター中松には感謝の至りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月23日 (木曜日)

インドへ行くのにシンガポール空港で乗り換え

到着前に軽食がオファされるので、カレーライスをオーダー。

Dscf1397


カレーライスひとつとっても、JALのじっくりことこと煮たダークブラウンのビーフカレーと違い、ANAは野菜たっぷりの健康カレー、という印象でした。

Dscf1398
インドのカレーは、また違うんだろうなぁ。


そして、乗り継ぎのためにシンガポール空港に到着。

シンガポールからインド・ムンバイまではANAではなくシンガポール航空でございます。

空港に到着したらターミナル内のトランジット・ホテルへまずチェックイン。

Dscf1405


トランジット・ホテルは空港の真中の二階にあるので、壁に囲まれて少々殺風景ですが、寝るだけだと考えるとリーズナブル。やはり眠るときには枕と布団が欲しいです。

いったんベッドに横になったけど、この日は朝からメールチェックしていないことを思い出し、

メールチェックのため、シンガポール航空のラウンジへ向かいます。

Dscf1403

スタアラメンバー用のラウンジと、ビジネスクラス用ラウンジとは違うようです。

メンバー用ラウンジよりもこちらの方がずっと大きく、豪華でした。

Dscf1404_2


食堂も、広くて品揃えも断トツに多いです。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月22日 (水曜日)

ANAの機内食はおしゃれ

食前酒に引き続いて、機内食でございます。

Dscf1388


洋食、または和食、軽めの食事が選べます。

Dscf1390


今回はまだ日本を出発したばかりなので、洋食をお願いすることにしました。

Dscf1393

北海道産帆立貝のスモークのグリルと九州産焼きさつま芋のサラダ添え。

お皿がおしゃれですね。

Dscf1394_2

メインのセレクションは牛フィレ肉の粒マスタードと信州小間が原ワインソースとともに

Dscf1395_2

粒マスタードの舌触りがこりこりしていて旨かったです。

Dscf1396

デザートにアイスクリームの取り合わせとコーヒーを頂いてごちそうさま。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月20日 (月曜日)

久々のANAビジネスクラス

早速、全日空機に搭乗です。

右でも左でも通路にすぐに出れるように、前方空間の真中後部座席を予約しました。

あえて後ろに誰も来れないようにして「ゴルゴ13」の気分です。

Dscf1385


ちなみに横の席はこんな空間です。

Dscf1386


ブルーのクッションをほどくと、ひざ掛けになります。アイデアグッズですね。

まずはウエルカムドリンク。

実はプラスティックのカップでシャンパンとは、しょぼいと思ったのですが、

Dscf1387

その後しっかりと食前酒がガラスのグラスで出てきました。

Dscf1391

アミューズも四種類あり、なかなか旨かったです。

Dscf1392

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございましたい。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月19日 (日曜日)

ユナイテッドのラウンジは異次元か??

インドに入国するのにはビザがいるのですね。

ビザを貰うのにインド領事館の出先のビザ発給センターが東京にあるのですが・・・・、

そこに提出する書類には書くことが多い・・・、しかも各項目のスペースが小さいので、老眼気味の管理人にとっては、書き直し、書き直しで、書くのに時間がかかることcoldsweats02

発給センター側もわずかなスタッフで受付をしており、それも待っている人の事はお構いなしにゆっくりと処理をするので、本当に時間がかかる、かかる!

そしてやっと申請してもすぐにはビザを発給してくれず、翌週に来いと。

翌週といっても月曜日も火曜日も領事館は休みなので、水曜日に来いと。

まあ、これがインドなんだと、行く前に雰囲気がわかってしまいました。

さて話を戻しまして、成田出発時で結構おもしろかったのはユナイテッド航空のラウンジ。

アメリカ人が日本に抱くイメージをこのラウンジで垣間見たような気がしました。

Dscf1374


通路にあるでかい屏風に驚かされ、ここは京都か!とちゃちゃをいれてみたり、

Dscf1377

黒い招き猫の意味は・・・何??

Dscf1378_3

お神輿が飾ってあって、

Dscf1379_3

布袋さんがいたり、

Dscf1381_2

明治か、大正時代の看板らしきものが飾ってあったり、

Dscf1382_2

こちらにも金ぴかのお神輿。

Dscf1383_2


神社のミニチュア・・・、タイムスリップしたような気分になります。

Dscf1384

軽食も和の風味に合わせているのでしょうか。

なかなか面白いラウンジでした。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月18日 (土曜日)

初インド出張

本日よりはインド出張の旅行記になります。

インド・・・・

実は、管理人の旅好きおやじにはインドのトラウマガあります。それも今回出張のムンバイ(昔のボンベイ)で。

実は当時Rという旅行代理店に会社の出張手配を委託していたのですが、

当時、「みつろう」というものの買い付けでアフリカに参りました。そしていったんロンドンに移動した後、当時のボンベイにBA機で入ったのですが・・・、小生だけ入国拒否をくらってしまいました。

その理由というのが、インドに入る前の1週間以内にアフリカ諸国に行った場合、種痘の注射をしていなければならないというものでした。

しかし日本からアフリカに行く場合は種痘の注射は不要。日本からインドに行く場合も種痘の注射は不要ということから旅行代理店の担当はいらないと思い込んだらしいのですね。

結局、空港のターミナルで12時間足止め、結局日本に強制的に送られたのですが、

まあこの話は長くなるのでまたの機会にして、さっそくインド旅行記を始めます。

今回は成田空港からANAにてシンガポールへ、そこでSQに乗り換えてムンバイです。

Dscf1368
今回はビジネスクラスでの出発なので、チェックインカウンターも空いています。

Dscf1370_2


出国の手荷物検査場がしばらく味わったことのないほどの混雑ぶりです。

日本航空の出国手荷物検査場はさほど混んでいませんでしたが、スタアラグループの方が搭乗者が多いのでしょうか。

Dscf1373

ANAのビジネスラウンジです。ファーストクラス用ではないからか、時間帯のせいか、

なんとなくがらーんとしている印象を持ちました。

Dscf1371

うどんは注文できるのですが、食事がもう一つ軽食の類いのみです。

Dscf1372_2

チェックインカウンターでユナイテッド航空のラウンジも使えると云っていたのを思い出し、そうそうとユナイテッド航空のラウンジに移動です。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。よろしければ下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです・


人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年2月16日 (木曜日)

ターミナル3から帰国

さて、数日間にわたって開催された国際会議の内容はとばして、

いよいよ帰国の途につきます。

チャンギ国際空港のターミナル3.シンガポール航空の多くはここから離発着し、ターミナル1、ターミナル2と比べてもきれいです。

Dscf1354

なぜかこのターミナルにはいつ行っても客の数が少ない。

Dscf1355


シンガポールの出発当日は雨でした。

雨の日というのはなぜか心が濡れ~る。

Dscf1356


でも離陸して雲の上に出ると、まったく関係ありませんがhappy01

さっそく水平飛行に移って飲み物サービス。

Dscf1357


カクテルのシンガポールスリングと、ピーナツという組み合わせはラッフルズホテルのロングバーでの定番セットですね。

Dscf1358


ご飯に、お蕎麦にパンという、定番の炭水化物系食事です。

Dscf1359

よく覚えていないけど、焼き肉ご飯だったかな?盛り付けは東南アジア機内食の定番、真中ご飯盛りです。

Dscf1360


小鉢の海老、おくら、小芋、わかめの煮物ですかね。

Dscf1361
そして茶そばです。日本風味で美味しく頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月15日 (水曜日)

ホテルの朝食

翌朝のホテルの朝食。

シンガポール・ストップオーバー・ホリディ・プログラムで宿泊すると朝食はセットでついておりませんので、別料金になります。

Dscf1352

ホテル自体は中国系のホテルですが、シンガポール航空のお値打ちプログラムのせいか、白人客が多いです。中国系の人々はホテルからさほど遠くない中華街まで、食べに行くのでしょうね。

Dscf1353_2
このコーナーの席をあてがわれ、

Dscf1348


各コーナーから持ってきた朝食がこれです。

管理人のカメラで撮ると色の再現がなかなかうまくいきません。特に薄暗いところでは現物とは違う色で再現されたりします。今回は全般的に黄色っぽい色になっていますが、お許しください。

ちなみに管理人はコンパクトカメラのFINEPIX F70EXRを使っています。

Dscf1349


目玉焼きにソーセージ、フライドポテトと、焼きそば。

Dscf1350


お粥のコーナーから置いてある具材をすべてトッピングしてみました。

Dscf1351

サラダに、チーズを載せて・・・・、

結局一体何料理になったのでしょうね??

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月14日 (火曜日)

風船で作ったキャプテンクック

ホテルのチェックインも済まし、外に夕食に出かけます。

Dscf1339


徒歩数分のところにあるこのビルに、

食堂フロアがあるそうなので、そこに行ってみました。

Dscf1347

食堂フロアと云ってもさほど広い訳でもなく、

結局『アジアン・キッチン』という東南アジア料理の店に入る事にしました。

Dscf1341


最初真中上の家鴨の焼き物を頼んだら、日本のようにお皿の上に付け合わせがなく、

Dscf1342


家鴨の肉だけ。あわてて追加で野菜とご飯と烏龍茶を注文。

Dscf1343

やはり何人かで行って、いくつものお皿を注文し突っつく方がいろいろな味を楽しめて美味しいのでしょうね。

Dscf1345

食事が終わってエスカレータで降りるとき、ふと横を観ると日本のラーメンチャンピオン大会をやっていました。

管理人の地元、中野の「大勝軒」のつけめんも出ているではないですか

Dscf1346_3

一階に到着すると、翌日のイベントの準備らしき事をやっていて、

このデコレーション、をすべて風船を膨らませて作っていました。

すごい力作でしょ????

イベントが終わった後は残念なことに、これはすべてなくなっちゃうんでしょうね。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月13日 (月曜日)

シンガポールのホテル




シンガポールに到着して宿泊したホテルがこちら。

『グランド・パシフィック・ホテル』こちらの別館の方で紹介しているシンガポール・ストップオーバー・ホリディプログラム経由での予約です。

ホテルカテゴリーはBで日本円で一泊約9千円。

なにしろ国際会議の会場から歩いて5分のところにあるホテルなので至極便利。

Dscf1329

部屋は申し分ない広さです。

Dscf1330


内装もシックなワインカラーとベージュでまとめてあります。

Dscf1331

椅子には少々中国趣味も交じってcoldsweats01

Dscf1332
それでも部屋は小奇麗にまとまっております。

Dscf1334

アジアのホテルで定番のインスタントコーヒーと紅茶セット、

ちゃんと用意されています。

Dscf1333

欧米系ホテルのようなおしゃれなセンスはありませんが、調度品もきれいにしてあり好感が持てました。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあおいくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月12日 (日曜日)

いよいよシンガポール空港に到着

食事の後は、アイスクリームが出されました。

Dscf1322


オーストラリアのアイスクリームなのでミルクたっぷり味でした。

そういえば食事のトレイにデザートが付いているはずなのに空っぽでした。

Dscf1321


昔はビジネスクラスの機内食の方が断然旨いと信じ込んでいましたが、最近は歳のせいか盛り沢山のビジネスクラスの機内食よりもこれぐらいの機内食の方が旨く感じます。

そして到着前にはまたしても、軽食が提供されます、

Dscf1323


ワインと焼麺。

Dscf1324


上にかかっている甘辛そぼろがよく麺にマッチしています。

Dscf1328

そしてシンガポールのチャンギ空港に到着です。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月11日 (土曜日)

お待たせ!シンガポール航空の機内食です

この別館ブログ「海外旅行でちょっと得する話2」もずっと塩づけしているのももったいないので、最近再開しました。現在シンガポールで20ドル貰える技を公開中ですcoldsweats01

さて、こちらのほうではシドニーを飛び立ったシンガポール航空のエアバスA380。

水平飛行に移り早速機内食が提供されています。

Dscf1317


まずは食前酒・・・と、おつまみにピーナッツ。

Dscf1321

機内食トレイ。

全般的にアジア系の航空会社の機内食の方が欧米系の航空会社のものよりも日本人の舌にあっているような気がします。

Dscf1318

前菜のサーモンがしっとりしていて美味しい。

ポテトサラダもぱさぱさしていなくてなかなかよいです。

Dscf1319

真中に白飯、両側に違う種類のおかず、というお皿の並べ方は東南アジアによくありますね。

右側はカレー風味のラム肉だったかな?

Dscf1320

左のクラッカーのメーカー、ARNOTTSはオーストラリアのチョコレート[TimTam]で有名な会社です。これとオーストラリアンチーズを添えて。

食事用にパンも付いておりましたが、白飯にこのクラッカーがあれば管理人には炭水化物系は十分です。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。
人気ブログランキングへ








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月10日 (金曜日)

エアバスA380に初めて乗る

初めて乗ったエアバスA380。超大型機でなかなか生産が追いつかない飛行機です。

現在、A380が稼働している航空会社は、カンタス航空、シンガポール航空、エミレーツ航空、エアフランス、ルフトハンザドイツ航空、大韓航空、中国南方航空だそうで、

とにかくばかでかい飛行機です。

さきほどカンタス航空機のエアバスA380の主翼に小さな亀裂がみつかったそうで、あれだけの重い、大きい飛行機が飛ぶのだからどこかで無理が生じるのでしょうね。

安全点検にはくれぐれも注意を払って欲しいものです。

Dscf1313

座席の前後の幅はボーイングのエコノミークラスよりも広いです。

Dscf1314
モニターの画面も、ボーイング777などのエコノミークラスと比較して大きい。

画面のコントローラーがモニターの下にあるのも違いますね。

Dscf1315

USB端子が横についているので、iPadなどの電源として使えるのかな?

Dscf1316

窓から外を観ると主翼がまるで地平線のように見えますね。現実、とにかく写真以上に大きく感じます。

Dscf1327_3

洗面所も、乗り慣れているボーイングとはどことなく違う。

Dscf1326_2
水回りもすっきりとしている。

Dscf1325_3


そして何より収納棚がすっきりとしていますね。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 9日 (木曜日)

ハブ空港にはカンタス機だらけ

今日はシドニー空港から出発するところからです。

だって、昼間は仕事で市内観光は何もしていませんから、書くことがなく・・・残念んん!

とギター侍風に(古っ!)

Dscf1305


オーストラリアだけあって、あちらこちらにさすがにカンタス航空機が多い。

Dscf1306

Dscf1307


どこを撮ってもカンタス航空機。

Dscf1308


必ずどこかに写っている。

Dscf1310
この並びだけ、エミレーツ、デルタ、シンガポール航空とカンタス航空機が入っておりません。

管理人は今回この一番奥のシンガポール航空A380でシンガポールに向かいます。

Dscf1311
いつもは、日本航空か、カンタス航空でオーストラリアを出発していたので

今回初めてシンガポール航空の搭乗ゲートに行ってみたら、長蛇の列でした。

A380という大型機なので乗客の数が多いという理由もあるのでしょうが、

やはりシンガポール航空の人気もあるのでしょうね。

(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 8日 (水曜日)

中国の勢いがオーストラリアにも!

このブログでは、シドニーに到着した頃の話ですが、

現実ではさっき(数時間前)シドニーから戻ってきました。

でも順番が分からなくなってしまうので、時系列的に進めていきます。

Dscf1300

シドニーの空港でのクリスマスツリー。

暑いのにクリスマスツリーがあるのは・・・、どうも不思議な気がします。

乗り継ぎに時間があるので軽くハンバーガーを小腹にいれて搭乗を待ちます。

Dscf1301_2


、オーストラリアでは、『バーガー・キング』は『ハングリー・ジャック』という名前を使っているのですねぇ。王様か腹ペコか、どちらがあっているのでしょう。

そうそう、シドニーの空港内野土産物屋で以前は日本語表示をあちこちの構みかけたのですが、国の勢いの違いなのか、最近は中国語表示が多くなりました。

Dscf1302


中国のクレジットカードが使えるよ、という案内。

Dscf1303

黄色い看板で大きく、中国語の表示が!

そして空港内には中華レストランも!

Dscf1304

なんだか、オーストラリアなのか、香港あたりなのかどこの空港にいるのかわからなくなってきました。

(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。


人気ブログランキングへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 5日 (日曜日)

機中でうまく眠れるかどうかが旅行の勝負

なんだかんだ言っても、ビジネスクラスの座席はほぼフラットになるので眠ることができます。

しかしエコノミークラスは、運不運が大きく作用します。

エコノミークラスの座席のひじ掛けは上にあげることができますね?だから幸運にも両隣りに誰もいない座席だと、ひじ掛けをあげて横になることができます。すこし座席のすきまにでこぼこがあるけれど、管理人jは寝心地はビジネスクラスとさほど変わらないように思えます。

しかし、不運とは三人掛けの真中の席で両側に乗客かいる場合です。

不運中の不運は、両隣が体格のいい欧米人の場合。あまり細かくは書きませんが、真中の座席が異常に狭く感じます。そしてその場所に両側から圧迫されたまま座った姿勢で眠らなければなりません。

ここの管理人、旅好きおやじも成田=ロサンゼルス=ブエノスアイレスの路線でその経験があります。当時ノースウエスト航空(現デルタ航空)を使用したからか、いやぁ、その時はどうなるかと思いましたshock

そしてもうひとつご報告が・・・・、管理人は、今晩(正確には明日)零時過ぎの便で羽田からエコノミークラスでシンガポールに行きます。

さて、管理人には今、

運があるのかないのか・・・・。香取 慎吾ちゃん、来てー。うん、うん。

結果は後日報告します。

さて話は戻って、カンタス航空の夜行便も朝食の雰囲気で目が覚めて起きる準備をします。

外はまだ暗いですが、朝食です。

Dscf1296
デジカメの解像度をあげたらこんな色になってしまいましたweep

オレンジジュースに黒パンのサンドイッチそしてコーヒーとフルーツ。

とりたててどうこうという料理もないので、どんどんと先に進みます。

朝食後、シドニーキングスフォード空港に到着。

入国審査後、到着ロビーにある両替商、

TRAVELEXの両替掲示板を係員が向こうを向いているすきにさっと撮影。

Dscf1299_2

上から五行目。

暴利だと思いませんか?????
日本円で1オーストラリアドルを購入しようとすると、90.27円

旅行後余ったオーストラリアドルを日本円に両替してもらおうとすると、

66.73円

差し引き23.54円も、抜かれているのに、

誰も何も言わないのですかね。何年間もこのレート幅のままです。

管理人は現在広い人脈の中でカンタス航空のCAと、オーストラリアドルと日本円の交換をしています。

もし個人的に両替してほしいという読者の方がいらっしゃればメールでご一報くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変うれしいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 4日 (土曜日)

カンタス夜食

成田夕刻発のカンタス航空。

座席は二階のビジネスクラスシートでした。

乗ってくるお客はすべて外国人(オーストラリア人)、日本人は二階席では管理人以外は一人もいませんでした。

Dscf1287


隣には誰もいないので二席をひとりじめ。

さっそくアメニティを配ってくれました。

Dscf1288

オーストラリアぽいデザインのバッグです。

日系航空会社も昔の用に乗客にアメニティバッグを配布してくれたらうれしいですね。

そして、メニューからウェルカムドリンクは選べて、オージービール(豪州産ビール)をチョイス。

Dscf1289

夜食のトレイ。

Dscf1291


注文した「海老蕎麦」のイメージが・・・・、みごとに覆されました。

頭の中では「海老天蕎麦」のような料理をそうぞうしていたのですが、

Dscf1292

うーん、やってくれました。

ひょっとしたら、オーストラリアでは人気メニューなのかな?

Dscf1294

パンプキンスープのような味でうまかった。

Dscf1293


ピンボケ画像ですが・・・・、サラダ!

Dscf1295

パンが結構旨い。

今回の食事は夜食という扱いなので、これでも多すぎるぐらいです。

そして深夜をまわって、就寝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

<
人気ブログランキングへp>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 2日 (木曜日)

サテライト側ラウンジ

長年関東の空の拠点であった成田空港ですが、羽田国際空港が出来てから徐々に航空会社も羽田に拠点を移しつつあるそうです。

長年ニューヨークのJFK空港と成田空港間を飛んできたアメリカン航空も成田線の廃止を発表しました。しかし羽田=JFK路線は残すそうです。

成田空港では日本航空は「空港第二ビル」にあるのですが、

日本航空の空港ラウンジは成田には二つあります。

昨日ご紹介した本館ラウンジと、そしてサテライト側にもうひとつのラウンジがあります。

このサテライト側のラウンジは当初サクララウンジのみだったのが2010年12月8日にはファーストクラスラウンジをオープンしました。

っこちらでは本館側のメニューとほぼ同じという内容だったのですが、

昨年の東日本大震災時の福島原発事故の影響で節電要望があり4月6日以降オープン時間は7:30~12:00の4時間半のみになってしまいました。

そこで今回はそのファーストクラスラウンジの下にあるサクララウンジを覗いてみると、

Dscf1282

がらがらでした。まあラウンジもひまな時間帯なのでしょう。

Dscf1284

こちらの奥にはマッサージチェアが置いてありました。マッサージが気持ちよくて眠りかけ飛行機に乗り遅れそうになったことが、何度か・・・。

Dscf1283_4
ほんと、誰もいないでしょ?はるか向こうに二人座っているだけでした。

このラウンジの経費ってどのくらいかかるんでしょうね。

Dscf1285_3

ここも誰もいません・・・。別に管理人が覗きをしているわけじゃないのですが、

カメラのシャッターのカバーが旨うまく開いていなかったようです。

そうそう、この記事とは関係ない話ですが、昔市原悦子が家政婦役で『家政婦は見た』とかいうタイトルの二時間ドラマで、「あら見てたのねぇ」という言葉がはやったことがありました。

昨年秋のドラマで『家政婦のミタ』が面白いという噂は聞いたのですが、タイトルの言葉から、てっきり市原悦子のドラマと思っていました。でも知人たちの話から全く違うドラマだと云う事を知り、最終回の視聴率が40%を超えたという・・・昨今のテレビドラマからすれば異様なほどの大人気で、

今年になって早速DVDを借りて一気にみちゃいました。

スーパー家政婦の設定に少し無理はある気はしましたが、息をもつかせないストーリーに引き込まれ、久々のヒットドラマというのは分かる気がしました。

テレビ不況といわれる昨今、このような面白い番組が増えてほしいものです。

そして、話は本来の記事に戻って、管理人はこのラウンジではすぐに退室、カンタス航空の夜行便に乗り込みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。そしていつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 1日 (水曜日)

今年で海外旅行歴40周年!

今まで何十という世界中の空港ラウンジを体験してきましたが、以前は航空会社ごとで持っていたラウンジも最近はアライアンスごとの共通ラウンジという形に移行してきているようです。

そしてこの空港ラウンジは昔のようなつかのまの休憩場所から徐々に変化を遂げで、おつまみが提供されるようになり、そしてこのブログの数年前の記事に書いた頃のようにおにぎりが提供されるようになり、そしてその後もさらに進化を遂げてきました。

特に、日本航空は空港ラウンジの充実に注力し、ビジネスクラス、お得意様の会員組織、JGCが使えるラウンジでは各種アルコールに和食、カレーライスやサラダなどを提供してくれるようになったのです。

2007年8月2日の記事:

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d230.html

さいわいここの管理人、旅好きおやじは

二年前にJGCの中でも日本航空に多く搭乗したお客JGP(Pはプレミアの略)の会員資格を取れたので、ダイヤモンド、プレミアラウンジに入れるようになりました。

でも基本的には、アルコールが少し高級になり、食事が少し豪華になったぐらいで、基本は桜ラウンジとさほど変わらないように思います。

今回はカンタス航空でシドニーに向かったのですが、同じワンワールド・アライアンスの日本航空のダイヤモンド・プレミアラウンジで出発までの時間をつぶすことにしました。

Dscf1280_4


基本的にサクララウンジはモダンなつくり、ダイヤモンド・プレミアラウンジはシックなつくりのように思えます。

Dscf1281

この奥に各種食事類が置いてあるのですが、

ここで食事を済ませれば機内食は必要ないかもしれません。

Dscf1274_2

画像がぼけていてすみません。まずシャンパンでのどを潤し、

サラダと若干のおつまみを頂きます。

Dscf1275
泡が旨そう!

Dscf1277

カレーライスは「カレーde sky」で有名になった日本航空の定番商品。これははずせません。

サクララウンジでもカレーライスを食べることができますよ。

Dscf1278_2

讃岐うどんに天麩羅と茄子の浅漬けです。



ふと気付いたのですが、今年7月でこのブログの管理人の海外旅行歴40周年を迎えます。

本来の仕事は貿易業なのですが、長期にわたっての海外旅行で航空会社、業界関係者ともかなり懇意になり、今までに得た知見をもとに述べ数千人に旅行のアドバイスをしてきました。もし読者の中で海外旅行でお困りのことがあれば、このブログメールから無料相談受け付けます。

お気軽にhappy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございましたf。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »