« とんぼ返りで帰国の途へ | トップページ | 世界最古のテーマパーク »

2012年1月21日 (土曜日)

乗り継ぎ時間でコペンハーゲン市内へ

今日はEU短距離路線でコペンハーゲン空港に到着した所からですね。

Dscf1213


日本までの長距離路線への乗り継ぎに約6時間。

空港の中にいても特にすることがないので、コペンハーゲン市内に出てみることにしました。

何しろ、市内まで電車で10分強でついてしまいます。

Dscf1214


また今まで知りませんでしたがこちらの地下鉄で行くこともできるようです(いつもは地上電車を使っています)。

Dscf1216

そしてコペンハーゲンの中央駅。

この駅に生まれて初めて降りたのが今から40年前のことで1972年。

北周りで、横浜から船に乗ってナホトカに着き、

そこからシベリア鉄道、アエロフロート航空、そしてまた列車に乗り換え

約一週間かけて北欧にたどりついたのです

為替レートが1ドルが360円で今の77円と比べて1ドルは約5倍の価値でした。それ故か北欧の物価をすごく高く感じたものです。

で、中央駅に話を戻すと、

駅の構内はその当時とは店舗がずいぶんと変わり、雰囲気が明るくなっていました。

Dscf1221


しかし一歩外に出ると駅そのものはその当時と変わっておりませんね。

すごく懐かしい気分に浸りました。

あの頃コペンハーゲンに降りた時期は7月ごろ。

駅には若者がずらっと一列に並んで並んで座っており、日光浴?というか日なたぼっこをしていました。

なぜ座っているのか話を聞いてみると、北欧では日射量が少ないので天気がいい日には太陽の光を出来るだけ浴びている、といっておりました。確かに北欧の冬場は日本と比べても薄暗く。夏場でも南欧のようなからっとした日差しは少なかったと記憶しています。

では市内を歩いてみましょう・

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ

|
|

« とんぼ返りで帰国の途へ | トップページ | 世界最古のテーマパーク »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/43825708

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り継ぎ時間でコペンハーゲン市内へ:

« とんぼ返りで帰国の途へ | トップページ | 世界最古のテーマパーク »