« 搭乗すれば早速現地の雰囲気を味わえます | トップページ | ANAプラチナカード到着! »

2012年1月 7日 (土曜日)

北欧風機内食のお味は?

デンマーク・コペンハーゲンまでの11時間、機内では映画を観ながら食べることと寝ること、。それとちょっと仕事をするぐらいしかすることがありませんね。

で、楽しみの一つ、今回の機内食。

Dscf1159


最初のアミューズ。シャンパンと乾き物と一口の串刺し野菜。

Dscf1160


そして料理はこんな感じであっさりとした味付けでした。

Dscf1161


北欧と云えばノルウエー産サーモンが有名ですね。潮流の関係でサーモンの養殖に大成功し、最近では回転ずしでもよく見かけるようになりました。脂が乗っており、口の中で舌を優しく包んでくれるサーモンとその卵、イクラをライムをかけて頂きます。

Dscf1162


そしてチーズの盛り合わせが食後のオプションではなく前菜に出るのは珍しい。カマンベールは大丈夫ですが・・・、ブルーチーズはちょっと。

木の実の干したようなものが付いておりました。

Dscf1163_2


そして紫キャベツのサラダにビートを細く切ったものをちらしてあります。これもまたあっさりしたお味です。

Dscf1165


メインの温かいお皿。いちおうステーキと書いてあるものを注文したつもりでしたが、お皿の中のソース、スープ?に浸って野菜や練りものらしきものと一緒に頂く、味わったことのないお皿でした。

Dscf1166
デザートのフルーツの角切りとアイスクリーム。

日系航空会社のビジネスクラスのような生クリームを使った凝ったデザートではないですが、今まで北欧でさほど凝った食事に出会った記憶がないので、これが北欧の典型なデザートだろうと勝手に理解しました。

食事の後後は映画を観るか、寝るかです。

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。よかったら下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

|
|

« 搭乗すれば早速現地の雰囲気を味わえます | トップページ | ANAプラチナカード到着! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/43657834

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧風機内食のお味は?:

« 搭乗すれば早速現地の雰囲気を味わえます | トップページ | ANAプラチナカード到着! »