« ウイーン街歩きに便利なもの | トップページ | とんぼ返りで帰国の途へ »

2012年1月19日 (木曜日)

ザッハトルテ

ザッハトルテは、オーストリアの代表的なお菓子です。
お菓子の事をトルテと呼ぶそうですが古典的なチョコレートケーキの一種です。

Dscf1195


ちょうど、オペラ座の裏手にあるホテル。ザッハの1階にある改装中の「カフェ」でこのザッハ・トルテを久しぶりに頂きました。

小麦粉、バター、砂糖、卵、チョコレートなどで作った生地を焼いてチョコレート味のバターケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダン(砂糖を固めたもの)でコーティングするそうです。
これに砂糖を入れずに泡立てた生クリームを添えて食べるのですが、カロリーはかなり高そうですね。
こってりとした濃厚な味わいでウィーンのホテル・ザッハーの名物菓子です。

Dscf1199

そして一緒にウインナ・コーヒーを貰おうかと思ったのですが、

コーヒーにホイップクリームをたっぷり入れたこのコーヒーとザッハトルテと野組み合わせはさすがにヘビー。普通のコーヒーにしました。

Dscf1200


このザッハトルテは1832年に、クレメンス・メッテルニヒに仕える料理人の一人だったフランツ・ザッハーが考案したそうで、飽食した貴族たちのために新しいデザートを作れというメッテルニヒの要望に応えたものだったそうです。

Dscf1198


ザッハトルテは大変に好評で、翌日にはウィーン中の話題になったという事で当時はザッハーはまだ16歳で下級の料理人にすぎなかったそうですが、ザッハトルテの成功から頭角を現した。ザッハトルテはフランツのスペシャリテ(特製料理)として好評を博しつづけた。
後に次男のエドゥアルトがホテル・ザッハーを開業すると、ザッハトルテはそのレストランとカフェで提供され今に至っているそうです。

昔からのカフェのデザインは趣がありますが、それでもいつも思っているのはヨーロッパのレストランはアメリカと比べて机が小さい事です。

そして荷物を置くスペースがない。

こう云う時のためには管理人はいつもこれをひとつ鞄に忍ばせています。

Baghunger1Baghunger2_2

http://trip-with.my-store.jp/shopdetail/001002000033/order/

消費税込みで662円で売っています。

これ、特にヨーロッパでは凄く便利です。パリのカフェでも隣のテーブルと目一杯くっついているので手荷物を置く場所もなく、言葉の通じない国では手荷物を預けるのが不安ですね。こういうときに手荷物を目の届くところにぶら下げられるので、大変便利です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

|
|

« ウイーン街歩きに便利なもの | トップページ | とんぼ返りで帰国の途へ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/43798115

この記事へのトラックバック一覧です: ザッハトルテ:

« ウイーン街歩きに便利なもの | トップページ | とんぼ返りで帰国の途へ »