« JALの機材が新しくなった。 | トップページ | シンガポールで宿泊 »

2011年8月21日 (日曜日)

JAL機内食の蕎麦には思い入れがあります。

この週末は一気に涼しくなってきました。これを書いている現在は20度。数日前の34度とは違いすぎです。

さて、シンガポール行きの機内出書くことと云えば定番の機内食です。国際線のエコノミーだとJALよりもANAの方がうまいというコメントはよく聞きますが、JALもなかなかのもんです。大学生の頃、何カ月もバッグパッカーをしていて、ある事件からJALで帰国することになり、その機内で何カ月ぶりかでお蕎麦を食べました。当然日本食自体を食べるのが何カ月ぶり。ひとくち口に入れて、こんなにおいしいものがこの世にあったんだ!と思ってしまいました。その時の印象はずっと何十年たっても覚えています。

Dscf9575

これが機内食です。まあ容器はちゃっちいですが、そして味噌汁が紙コップという点は料理の味とはあまり関連は少ないと思います。

Dscf9576

牛肉すき焼きとご飯。若い人には量が少ないかもしれませんが、管理人には十分。

Dscf9577

卵焼き、蒲鉾、沢庵、鰊、和え物、明太子。すべて一口ずつ。

Dscf9578

一口お蕎麦。

Dscf9579

アイスクリームは「ハーゲンダッツ」。

Dscf9581

ドリンクメニュー。ワイン、ビールだけでなく、しっかり、ジン、ウォッカ、ブランデーなどもあります。おつまみは最初の写真の左にあった「おかき」頼めばお変りもくれます。といっても機内は気圧の関係で酔いやすいのでアルコールの飲みすぎには注意です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださり大変ありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

|
|

« JALの機材が新しくなった。 | トップページ | シンガポールで宿泊 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/41306112

この記事へのトラックバック一覧です: JAL機内食の蕎麦には思い入れがあります。:

« JALの機材が新しくなった。 | トップページ | シンガポールで宿泊 »