« どうなるカンタス航空。 | トップページ | JAL機内食の蕎麦には思い入れがあります。 »

2011年8月18日 (木曜日)

JALの機材が新しくなった。

今年一番の猛暑。事務所から一歩も出ずに過ごした軟弱な管理人ですcoldsweats01

読者の皆さま、体調など崩されないようにご自愛くださいませ。

さて、今日からは先月のシンガポール、インドネシア旅行記です。気が向いたら旅行記の最後までお付き合いくださいませ。

何人かの団体で成田から出発。久しぶりに出発ロビーで待ち合わせいたしました。

やはり旅行は一人よりも大勢の方が楽しいですね。

まずは成田=シンガポール。10:55発のJL719便。機材はボーイング767です。

Dscf9571

機材が新しくなっていた。

エコノミークラスでも座席の前の画面も以前より大きくなっています。Dscf9572

座席の背もたれにも首のあたりに工夫がみられます。

Dscf9574

液晶のコントローラも、ひじ掛けの横ではなく、画面の下についています。横には「VIDEO IMPUT」のジャックがあり手持ちの機器に落とし込んだ映像もスクリーンで見ることができるのでしょうね。

Dscf9573

こんな機内で、以前よりも快適になっております。ちなみにシャッターを押した際に偶然CAさんがこちらを観ております。やっほー。

ちなみにドアが閉まったら水平飛行に移るまでデジカメも含めた電子機器の使用は禁止です。

一方、携帯電話は米国のように座席に座ってもドアが閉まるまでは電源を切らなくてもよくなりました。知っていました?

http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/#anchorlink002

(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックいただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

|
|

« どうなるカンタス航空。 | トップページ | JAL機内食の蕎麦には思い入れがあります。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/41267216

この記事へのトラックバック一覧です: JALの機材が新しくなった。:

« どうなるカンタス航空。 | トップページ | JAL機内食の蕎麦には思い入れがあります。 »