« さらば北京! | トップページ | JALラウンジで乾杯 »

2011年7月 3日 (日曜日)

日本航空とカンタス航空のLCC戦略

日本航空が、豪カンタス航空傘下の格安航空会社(LCC)ジェットスター航空などと共同で、LCCの新会社を設立する方向で調整しています。
2012年にも国内線から運航を開始したい考えとの事で新会社には、日航とジェットスターがそれぞれ3割程度を出資することを軸に調整しているそうです。
豪州カンタス航空と日本航空は同じワンワールド・アライアンスに属しており、両社トップの仲は比較的よく、日本航空はゴールドコースト、ケアンズ線は既にジェットスター航空への共同運航便に切り替えております。

豪州カンタス航空の日本市場国内線参入の夢は強く、今回カンタス航空社長とオーストラリア首相が来日したのもこのジェットスターのノウハウ投入の意欲の表れかと。

現在日本航空は複数の大手商社に出資を打診しており、近く最終決定が行われる模様。路線は国内線だけでなく、将来的には国際線に拡大することも視野に入れているとのことですが、拠点空港として成田空港や関西国際空港、中部国際空港が候補に挙がっているそうです。
これに対し、全日空は国内初の本格的なLCC「ピーチアビエーション」を2月に設立しました。当初は「A&Nアビエーション」とか云う名前でしたが、女性受けを狙って可愛らしい名前にと「ピーチ」に変更したそうですが、この桃太郎はうまく海外LCCと戦ってくれるのでしょうか。来年3月に国内線、5月には国際線の運航を始め、海外LCCを迎え撃つ構えだそうです。

Peach_2

日本航空のJCCはまだ名前が決まっていませんが、歴史的に全日空も日本航空も、もう一社とはキャンペーンや座席システムなどお互いに大きくかけ離れたことはせず、似たような名前になるのでは???と予測します。

Apple_2

ひょっとして桃に対抗してリンゴ???

新LCCのCMには歌手の「椎名林檎」がソングを担当とか、

それとももっと大掛かりに・・・、

Apple2

アップルと提携!機内ではiPodタッチやシャッフルの電源コードを付けたり、ituneとコラボでミュージックをプレゼント!なんてなったら面白いですね。

今後の発表に要機体期待です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

|
|

« さらば北京! | トップページ | JALラウンジで乾杯 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/40643697

この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空とカンタス航空のLCC戦略:

« さらば北京! | トップページ | JALラウンジで乾杯 »