« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日曜日)

ウイーンぶらぶら散歩道(2)

ウイーン市内のマック【マクドナルド】

Dscf9426

クリックすると拡大されて奥にマックのカウンターがあるのがわかります。

モダンなのか、古めかしいのかよくわからないデザイン。

Dscf9424

中に入るとこんなデコレーション。

Dscf9422

小腹が空いたので注文してみました。

Dscf9423

日本よりもバーガーとパンが少し大きいような気もします。

日本より値段も少し高いような気がします。

Dscf9425

マックの壁に飾ってあった古い写真。ひょっとしたらこのマックのあった場所は、昔このようなレストランだったのでしょうか?

Dscf9427

この建物、なんとなくおかしいと思いませんか?

実は、工事中で、外壁の覆いにもとの建物の写真を貼りつけているのです。

ぱっと見はすぐには気がつかない。でも近寄ると分かりますが道の景観を損なわないと思います。

Dscf9429

よくできています。

京都のお寺などもこのような被いにして工事をすればいいですね、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変うれしいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月28日 (木曜日)

ウイーンぶらぶら散歩道

会議の合間の市内散歩。

Dscf9414

一番の目抜き通り。ここだけはいつも人ごみに溢れています。

Dscf9415

Dscf9416

有名なオペラ座ね。

Dscf9417

その隣にあるホテル・ザッハ。

ここのケーキ、ザッハ・トルテは世界的に有名です。

Dscf9419

ウイーンの市内をぐるりと一周する市電。

Dscf9418

市内でVIPの会議か何かあるのでしょうか、街中パトカーだらけでした。

Dscf9420
POLICEの事を「POLIZEI」といいます。

Dscf9420_2

電話で話している警官もなにげに映画のワンシーンのようです。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月27日 (水曜日)

【閑話休題】エアーアジア・ジャパンの驚き

先週、全日空が台風の目であるエアーアジアと驚きの記者会見を行いました。

全日空と、エアーアジアが合弁会社「エアーアジア・ジャパン」を設立!

名前に全日空の文字も。ANAの文字も一切入っていないのに全日空が67%も出資!

つまり三分の二ですよね?

名前はエアーアジア・ジャパンでも本体は全日空

今年発表した香港の会社との合弁格安航空会社ピーチはどうなったのでしょうか?

ピーチは今が旬だと思いますが・・・・。なぜか霞んで見えます。

Peach

エアーアジア・ジャパンデザインもエアーアジアを踏襲するというのですが・・・

全日空のイメージは青を基調にしたクールな雰囲気。

エアーアジアは赤を多用してCAさんはけばけばしい化粧に香水(何回か搭乗した時の経験で・・・)。

P30108771

Dscf73351

http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

昔から、日本航空と、全日空はライバル関係が続いております。片方がキャンペーンをするともう片方も同じようなキャンペーンをするのが定番でした。

そこで今回の発表の流れをこの発想で整理すると、

まず全日空が前述のピーチの設立で格安航空会社、LCCへの参入を発表しました。

次に、日本航空が同じワンワールドグループのカンタス航空子会社ジェットスターと格安航空会社、LCCの設立を検討していることが漏れ聞こえてきました。

そして同じ頃に、マレーシア航空がワンワールド加盟を表明しました。

これでクアラルンプールを拠点としたマレーシア航空と日本航空やカンタス航空との便の接続が断トツによくなるのは間違いないでしょう。

しかもマレーシアではエアーアジアに大幅にシェアをとられたマレーシア航空が利便性の良さを武器に(例えばマレーシアでも、シンガポールでもLCCのターミナルは一般と違います。しかも空港内のトランジットカウンターが使えない場合が多いため、トランジットの場合いったんその国に入国してから出国するという大変面倒な手続きが必要なのです。ところが一般の航空会社はそれがありません)、そして大幅に価格を安くして巻き返しを図っています。

http://www.mas-japan.co.jp/

何しろ日本=シンガポールと、日本=クアラルンプールの二つの距離があまり変わらないのに、マレーシア航空のエコノミークラスが往復運賃で3万3千円、ビジネスクラスが14万円です。

この流れに、焦った全日空とエアーアジアの両首脳陣の思惑が一致して、合弁会社の設立を決定した。

こう考えるとなんとんなく納得できるような気がしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月25日 (月曜日)

幻想的な空間

朝のテレビ番組をを観ていたら、中米・コロンビアでのテレビのインタビューで、以前はソニーのテレビを観ていたが、今はSAMSUNGに切り替えた。品質もいいし全く問題ない。値段も日本製より安いと云っていました。

コロンビアの家電店でも以前は日本製が大半だったのが今は韓国製と日本製が半分半分のシェアになっているとの事でした。

昔、アメリカ製のテレビも日本製にテレビにシェアを奪われたのと同じような現象ですかね。

Dscf9386

このお洒落なホテルのテレビも、SANSUNG製でした。

Dscf9384

書斎デスクも凝っていて埋め込み式照明が多用されています。

壁の上下の二枚のガラス絵もバックライトで光ります。

節電とは無縁の世界。

Dscf9385

机もくりぬいてあって唐辛子の置物を照らしています。無用の証明といえば無用です。

が、不思議な幻想的な雰囲気を作り出しています。

Dscf9396

洗面台も足元からのグリーンライトで映画「TRON]のような雰囲気。

Dscf9392

バスタブはこの形でないとヨーロッパと云えません。

Dscf9394

その隣のシャワールームは椅子が置いてあり、ノズルやノブが一杯あります。

Dscf9393

タオルもいろいろ選べそう。

Dscf9397

風呂上がりに一杯水を飲もうと思っても、コップを観ると一瞬平衡感覚が狂ってしまったのか?と心配になります(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月24日 (日曜日)

ルメリディアン・ウィーン・ホテル

NHホテルから会議場に向かい、その日のスケジュールが終わってホテルにチェックイン。

この日の宿は、「ルメリディアン・ウイーン」、非常にお洒落なホテルでした。

お値段は結構するのですが、一泊は貯まったホテルポイントで清算。

結局二泊の宿泊料が半額になります。

Dscf9398

場所もオペラ座から徒歩数分のところにあります。

Dscf9381

いつもドアを開けるときに、はどきどきします。

Dscf9382

天井がかなり高いように感じました。

Dscf9383

ヨーロッパの香りが漂う部屋です。

Dscf9388

なんとなくレトロっぽい雰囲気もあり、

Dscf9389

Dscf9387

部屋に青リンゴが置いてあり手のひらの形をしたお皿の上に乗っています。

Dscf9390

電気のスイッチを入れると、ベッドの枕元の壁にはコーヒーカップのデザインが浮かび上がります。

いやぁ、お洒落ですね。おじさんが一人で寝るのがもったいないcoldsweats01

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月23日 (土曜日)

ヨーロッパは果物の種類が少ないのかな?

NHホテルの朝食。

Dscf9380

最近はほとんどのホテルの朝食はビュフェ形式ですね。

本当はトーストと目玉焼き、コーヒーぐらいで十分なのですが、ビュフェだと目移りしてついつい食べ過ぎてしまいます。

Dscf9376

東南アジアのホテルと比べて、ヨーロッパのホテルの朝食は野菜やフルーツの種類が少ないように思います。夕食はいろいろと手の込んだ料理があるでしょうが、朝食はあまり手の込んだものは出来ないので、どうしても似たような料理になるのでしょうね。

Dscf9373

一皿目のコールドディッシュはチーズとハム。サーモンと云えば北欧の養殖鮭が有名ですのでスモークドサーモンと鰊の酢漬け。

Dscf9374

二皿目のホットディッシュです。上から目玉焼きがなかったのでスクランンブルエッグ、ソーセージ、ハンバーグのトマト煮込みかな?ポテトを揚げたものにまたポテト、クレープ、そしてパン。

この時点で既に食べすぎています(苦笑)

Dscf9375

最後のフルーツ。輸入物と思われる西瓜に葡萄、オレンジ、そして輸入物のパイナップル。

シーズンにもよると思いますが果物は全般的に東南アジアの方が充実しているように思えます。

いよいよ会議場の向かいますが、空港からは特急列車CATに乗ると20分ぐらいで市内に到着しちゃいます。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月22日 (金曜日)

ヨーロッパのチェーンホテル

ヨーロッパのNHホテルに宿泊したのは久しぶりです。

余談ですが読者の方は全日空の略号が航空用語でNHというのはご存知でしょうか?

日本航空はJL。これはよく理解できます。

ルフトハンザ航空がLHこれもよく理解できます。

ユナイテッド航空がUA、これもよく理解できます。

BA,AF、QAなども想像できます。

これがシンガポール航空になると、SQ・・・、マレーシア航空がMH。なんとなく理解はできます。

でも、全日空、All Nippon AirwaysとつながらないNHの略号は、管理人はマレーシア航空とよく勘違いします。

ということで、NHホテルであてがわれた部屋はこれ。

このホテルはどうも部屋タイプが二種類あり、国内のビジネス客用と海外からの旅行者用とがあるみたいでした。エレベーターの位置によってそこから通じる各部屋のドアの形や廊下の絨毯があるなしなど、いろいろ違いました。多分両方の部屋も大きく違っており、宿泊料も違うのでしょう。

Dscf9367

こちらは日本から予約したので、高い方の部屋だと思います。

なにしろ廊下に絨毯が引いてありました(笑)。

Dscf9370

アメリカ系のホテルと部屋の大きさは引けを取りませんが、枕が比べるとアメリカ系のホテルよりも薄いです。

Dscf9371

書斎デスクも小さめ。

Dscf9372

チェアになぜか机が付いていました。

Dscf9369

冷蔵庫は開けずとも中が見えるタイプ。冷気を逃がさないようにエネルギーを大事にする発想からでしょうか。

Dscf9368

うーん、クロークにドアがない・・・。

これもヨーロッパ風のつくりなのでしょうかね。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2011年7月20日 (水曜日)

オーストラリアからオーストリアへ(5)

日本航空のフランクフルト線。

やはり12時間座りっぱなしは長いです。

その前にシドニから約10時間座りっぱなし。

乗り継ぎの宿泊がなかったら・・・、多分尻が痛くなり体力の限界を超えていたでしょう。

え、もしエコノミークラスで通算22時間はどうかと??

中年のおやじには無理です。まず逃げるでしょうね。

といいながらも、しっかりと食べるものは食べています。

Dscf9365

たこ八のたこ焼きとビールを間食に頂きました。

そういゃあ、赤坂で築地銀だこがハイボールとたこ焼きの店をオープンしていましたが値段が手ごろなのと炭酸系アルコールとたこやきは結構相性がいいようです。

Dscf9366

そしてしばらくしてから、佐野ラーメンとフルーツ。

さすがに二回目の食事はパス。

こんなメニューがありましたけど。

【空ごはん】

小 鉢

もろこしテリーヌ、椎茸煮、蓮根の芽 甘酢漬け、香の物

台の物

塩鮭、鱈子昆布巻き、野菜の焚き合わせ

御飯    味噌汁

【ごちそうプレート】

レリッシュ

野菜とシーフードのマリネ

メインディッシュ

じゃが芋とベーコンのキッシュ トマトソース添え

メゾンカイザーのプチバケット

そして、フランクフルト空港に到着が遅れ、乗り継ぎ便の出発まで1時間ぐらいしかなくなってしまいました。降機すると日本航空の地上係員が待機していて、一緒に走って乗り継ぎのオーストリア航空に向かいます。

ところが、ヨーロッパEC内の便も乱れており、結局出発が1時間遅れ、

ウイーンへの到着もそのまま1時間遅れ。

出張先のウェルカム・レセプションには到着が間に合わないとは思っていましたが・・・、

やはりその通り間に合わなかったのでcoldsweats01

そのまま空港前のHotel NH Vienna Airportにチェックインしました。

Nh1

ヨーロッパでよく見かけるチェーンホテルです。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月19日 (火曜日)

オーストラリアからオーストリアへ(4)

一夜明けて出発当日。

成田のホテルから空港に入るのにパスポートチェックが入ります。

Dscf9355

確かに鉄道でもパうポートチェックは入りますが、車で成田に来る時も同じように検査が行われるのでしょうね。

実際自分の車で成田に来たことがないので分かりませんでした。

Dscf9356

機材はB777。

スリッパに履き替えても靴を置く場所がないので、写真では前方に置かせていただいております。

お見苦しければ無視してください。

Dscf9357

うむ、オーストラリア線と違って、おしぼりがトレイに乗っかって出してくれるのです。

今月のシャンパンとともに。シャンパーニュ・ドゥラモット・ブリュットです・

Dscf9358

そして食前酒とともに、アミューズが提供されます。白ワインはブルゴーニュ] シャンソンヴィレクレッセ 2008。

日本航空の説明によると、

「ブルゴーニュの数あるネゴシアンの中でも、シャンソンは1750年創業で260年の歴史を誇っております。ヴィレ・クレッセは、マコン地区にある二つの村の名前です。葡萄品種のシャルドネ栽培には最適な石灰土壌で、日照時間も長く品質の安定したワインができると評価されてます。ふくよかな果実味とバランスにすぐれた酸味の調和。ミネラルの効いた個性で、目覚めを促すアペリティフ、食事を楽しむ豊かな味わい。」だそうです。

Dscf9359

なにかの和え物。

Dscf9360

わりとヘルシーなおつまみであまり記憶には残っておりません。

Dscf9361

いつも思うのですが、我々の世代には量が多すぎる。その分中身をグレードアップしてもらえればと思うのですが、若い人も搭乗するので、そうは簡単にはいかにのでしょうね。

八つの肴『旬味彩菜』

茄子田楽、海老艶煮、鴨ロース

海老芋と焼湯葉の焚き合わせ、穴子八幡巻き

火取り鱚ともろこし 土佐酢ゼリー掛け

揚げ貝柱しんじょ

鱒の笹寿司

鮎昆布巻き、菊菜胡麻和え 柚子釜盛り

若鶏そぼろと野菜のゼリー寄せ じゃが芋餡掛け

源平漬物寿司、チーズ唐墨松葉串

ん?よくみると、6月と7月とでは同じメニューでした。

Dscf9362

.台の物は

A:桃豚しゃぶしゃぶ風と夏野菜の千切り 胡麻だれ添え

B:鰻のしんじょと鱸の冬瓜蒸し 銀餡掛け

を選べて、Aを選びました。

Dscf9363

これですね。

Dscf9364

そして、最後のデザートは

「マンゴー葛ゼリー ココナッツムースと共に」

また以前のようにトレーからの好みのデザート取り分けを復活してほしいです。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月16日 (土曜日)

オーストラリアからオーストリアへ(3)

正式には「ホテル日航成田」だそうです。

Hnn

http://www.nikko-narita.com/

建物の内部は若干古くなっている感はいなめませんが、スタッフは南国風の制服を着て出迎えてくれ、気持ちよく迅速に宿泊手続きの処理をしてくれました。

Dscf9348

部屋も「空いているから」といってトランジット用の部屋からアップグレードして広い部屋にしてくれました。

Dscf9350

ダブルのツインベッドに一人で宿泊です。被災者のことを思うと申し訳ないと思いますが、

突然にあてがわれてもこれだけはどうしようもないです。

Dscf9351

書斎回りは日本のビジネスホテルによくあるような家具ですが、テレビはブラウン管ではなく液晶でした。

Dscf9352

バスルームは浴槽と便器が隣接している日本のビジネスホテルタイプ。

このタイプれはこれで便利で好きなんですがhappy01

窓の外は一面緑で、癒されます。

Dscf9354

(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月14日 (木曜日)

オーストラリアからオーストリアへ(2)

前回は中途半端なところで切れてしまいすみません。

Dscf9343_5

和食の前菜は色鮮やかできれいです。

Dscf9344

メインの白身魚。

Dscf9345

そしてデザートとコーヒーです。

まあ、機内では食っちゃ寝か、仕事ぐらいしかないのでどうしても画像の種類が限られちゃいますね。

シドニーから成田までの飛行時間は約9時間でした。そして朝の8時台にシドニーを出発したのですが、成田到着が5時前後になるため、ヨーロッパ行きの便に乗り継ぐことができません。

その場合、成田トランジット(乗り継ぎ)であっても日本航空は空港のホテルを提供してくれます。

しかも、「日航ホテル成田」。

太っ腹です。

成田空港に到着して、税関を通過すると、出迎えのコーナーに出ますが、ここを通り越していったん外に出ます。

そして道路を渡ったところにホテルのシャトルバスのバスストップがありますので、そこから無料シャトルに乗ります。

約10分~15分でホテルに到着です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月12日 (火曜日)

オーストラリアからオーストリアへ(1)

さて、いよいよオーストラリアからオーストリアへの長時間旅行の開始です。

地球半分の距離、南半球から地球の反対側の北半球へ。

といっても・・・、仕事での出張ですが(笑)

シドニー空港の出発は朝の八時十五分なので、ホテルでゆっくりと朝食をとっている時間はありません。

まだ朝暗いうちからホテルを出発し、7時ぐらいには空港でチェックインを済まします。そしていつものカンタス・ラウンジで朝食を。

Dscf9335

ただあまり食欲がなく、このように簡単に朝食を済ませてしまいました。

Dscf9337

簡単にといってもこのマフィンの大きさ・・・、横のコーヒーカップの大きさと比べてくださいませ。

Dscf9338

そして飛行機に搭乗すると、10時ぐらいにはさっそく昼食が出てきます。

Dscf9339

食前酒のシャンパンと一緒におかきとドライフルーツ。以前はおかきと乾燥納豆だったですが、JALさんはいつも少し変ったおつまみを提供してくれます。Dscf9341

洋食、和食、コンテンポラリー・フレンチの三種類から選べるのですが、今回は和食を注文しました。

Dscf9342

お酒もどんどん注ぎ足してくれるので、なかなか減りません。

あまりお酒に強くない管理人としては気圧の低い高いところで一気に酔いが回ってしまうこともあるので、要注意です。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月11日 (月曜日)

今日本は猛暑ですが、シドニーの秋です

ジェットスターキャンペーンの第二弾案内メールが7月10日から実施なのに、先ほど届きました。何だか手作り感が漂っていますね。昨日の当ブログを読まれた読者はメール配信のメンバーよりも一日早くアクションを起こせたと思いますhappy01

さて、オーストラリアからオーストリア編、シドニーの町をぶらっと散策。

Dscf9326

町は秋の風景。枯葉が舞います。

Dscf9327

ヨーロッパの風情はこの通路の吹き抜け感にあると思います。スペインやフランス、イタリアなどでもこれほどモダンではないにしても、この光景に似た裏通りが多くありますね。

Dscf9328

この「WAGAMAMA」という日本語のレストラン。ロンドンのヒースロー空港にもありましたが、ここはイギリス人が作り出した和食チェーン。ラーメンや日本酒がありますが・・・、味は日本人ではなく欧米人の味覚に合わせたもの。日本の懐かしい味を求めて入ると、少し肩すかしをくらうかもしれません。

http://www.wagamama.com/

Dscf9329

「SUSHI HOTARU」回転寿司ですが出来れば「寿司・蛍」と書いてほしいものです。生憎日本から到着したばかりで、まだ日本食は食べたくはありません。

Dscf9330

といいながら、ハンバーガーやファーストフードの店を避けていると、結局ミート?スパゲティにコーラという情けない展開になってしまいました。

写真では分かりづらいかもしれませんがスパゲティの高さが10センチぐらいはあるボリューム、しかも大味・・・。

Dscf9332

シドニーにも意外と坂道があったのですね。まるでサンフランシスコの街並みのようです。

Dscf9333

これ、地下鉄の入口。公園のすぐそばに立つ「博物館駅」古いレンガ造りの建物をそのまま利用しているのですね。

Dscf9334

これはまだ新しい建物ですが、街並みに調和するようにヨーロッパ調の装飾が施してあります。やはり英国のルーツが残っているのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月10日 (日曜日)

ジェットスター就航四周年!

昨日、ジェットスター航空がゲリラキャンぺーンを行いました。

Jetstar

先着、千名に片道400円でオーストラリアまでの航空券プレゼント!

Jetstar_campaign

4年前の日本便就航記念キャンペーンにつぐ規模のキャンペーンです。
キャンペーンの仕掛け人(マーケティングのコンサルタント?)も当日の事前メールにより午後1時半まで待つように指示したり、キャンペーン期間を当日の半日のみに絞った煽り、
しかも実際は11月14日から12月14日の1ヶ月間のみの搭乗期間ですが、キャンペーンで自分でアクセスしてここまでたどり着いたからにはこの期間にオーストラリアに行こうかな?と思わせる方法。

同時にベッキーを使った甲子園でのゲリライベントとの併記など、様々な手法を使ったキャンペーンですが、タイミングの会う旅行者には絶好の激安キャンペーンですね。

ただ四年前の就航記念キャンペーン当時といくつか違った点が見られます。

5年前の当ブログのジェットスター関連の発表記事です。

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_7b93.html

当時と比較すると、現在ではジェット燃料サーチャージ(燃油特別付加運賃)が高いです。

片道の航空券代が400円と云っても総額では三万七千円前後になります。

当時は関空=オーストラリア(シドニーも含んでいたようです)で、ジェット燃料サーチャージ、税金込みで往復四万三千円は衝撃的な価格でした。それが今では三万円台。

その当時と比べると航空券代はどんどん安くなっているのですね。

そして現在は第二弾として、7月10日、本日から14日までで、メンバー限定で下記キャンペーンをやっています。

Jetstar_2nd

http://www.jetstar.com/jp/ja/Special-Offers

こちらでは関空=シドニーも入っていて片道11500円。これに片道ジェット燃料サーチャージ、税金等を加えると30150円、往復六万円を超えてしまいますが、日本で購入する大手航空会社よりは、べらぼうに安いです。

そして、第二弾ではビジネスクラスも格安で販売しており関空=シドニー、メルボルンが10万円台で行けます。これはカンタス航空や日本航空のビジネスクラスよりも相当お値打ちになっております。

ブログの読者でオーストラリアに行ってみたいと思われる御仁はぜひ上記サイトをチェックされてみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 9日 (土曜日)

日本の物価は先進国以下?

最近、海外へ行くと物価が高いように感じます。。
自分が行ったことのある地域に限定されるのですが、
今や、オーストラリアも日本より物価が高いですshock
シンガポールも日本よりはるかに物価が高いです。
ヨーロッパも概して日本より物価が高いです。
アメリカもハワイやニューヨーク、ロサンゼルスだけでなく、内陸部のフェニックスやシンシナティあたりも高いです。
日本より物価が安く感じられるのは、ちょっと前まで発展途上国と言われていた国々です。
ということは、日本のデフレ状況は世界の先進国よりも大きくかい離していることなのでしょうかcoldsweats01
オーストラリアではコカコーラの500ccボトルが駅の自販機で3.9ドル、日本円に直して約350円(日本では350ccの缶が120円)。
フードコート(自分で料理を好きなテーブルまで運んで食べるシステムで人件費が節約できる)で、海老焼きそばを食べてもそれだけで約900円。お水がつかないので、ミネラルウォーターも注文すると約そばが1200円になってしまいますpunch
一方、日本では牛丼が一杯250円前後。
日高屋で定食類はほとんど500円台。
富士そばや梅本で蕎麦にカレーライスで500円。
もちろん日本にはもっと上のクラスのレストランはいくらでもありますが、それは海外もおなじ。
ひょっとして、日本の生活水準はもはや先進国からはずれているのでは・・・?などと考えながら、
シドニーで宿泊した豪華なホテルの部屋の続きです。

Dscf9311

廊下の左側に広い部屋が見えてきます。

Dscf9313

右側に書斎デスク、はるか向こうに応接ソファがありますね。

Dscf9315

左側には豪華なベッドが。

Dscf9314

セィフティ・ボックス。

Dscf9317

右側の窓がレトロぽくていいです。

Dscf9319

一人用のカウチソファ。

Dscf9320

液晶テレビと洋酒棚。

この部屋も正規に宿泊予約すればべらぼうに高い部屋でしょうね。
ただし管理人は以前から何度も述べていますが、裏技を使ってポイントとともに約5千円で宿泊できるのです。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように、下のバナーをクリックしていただければ大変うれしいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 8日 (金曜日)

ホテルの無料会員でお得に!

ホテルの無料会員になるとお得に宿泊できます。

最近の米系列のホテルチェーンは突然期間限定のキャンペーンを行います。会員向けのキャンペーンなのですが、よくよく調べてみると結構使いでのあるキャンペーンがあります。そしてまず会員になっていないと始まりません。

例えば、だいたいどこのホテルチェーンでも一年間に約10回宿泊すると(厳密には違うところもあるかもしれませんが)、アップグレードしてくれてゴールドメンバーに入れてくれます。

この場合、部屋が空いていると一番安い部屋で予約してあっても、かなり大きな部屋に宿泊できます。

また早朝でもチェックインさせてくれるところも多いですし、

チェックアウト時間も夕方4時ぐらいまで無料で延長させてくれるところが多いです。

日本航空のシドニー線の場合、早朝到着なのでホテルの部屋を夕刻3時ごろまで待つのとすぐにチェックインさせてくれるのとでは天と地ほどの違いがあります。

また夕刻出発の便で移動する場合、午前t中のチェックアウトと4時のチェックアウトも大きく違いますね。

Dscf9324

早朝でも、きちっとチェックインさせてくれました。

Dscf9325

Dscf9321

正面ロビーです。豪華ですね。

もちろん一番安い部屋を予約したのですが、

Dscf9304

部屋のドアを開けただけで、ここまで長い廊下が室内にあると期待してしまいますhappy01

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 7日 (木曜日)

インドネシアとオーストラリアはお隣さん

オーストラリアのとなりの島々、インドネシア

今月、ジャカルタとメダンを訪問予定ですが、その東にあるバリ島にもしばらく行っておりません。

バリ島は独特の雰囲気を持っています。段々畑やら、高原やら、地形が昔の日本を思い出させるような場所が結構ありハワイとはまた違った安らぎを感じさせてくれる場所がありますね。

先ほど何気なく見ていたらブログランキングをバリ島に関するブログが結構多くて上位を占めています。

なんとフォーカードではなくて、4連順位をバリ島のブログが占めていました。

Photo

ブロガーの方の著作権もありますので詳細は消してありますが、ご興味のおありの方はこちらから覗いてみてください。

人気ブログランキングへ

但し時間とともにランキングも変わりますのでご了承のほどよろしく。

さて夜間飛行も順調に進み、まだ眠っている方も多いですが、それでも到着前に朝食が供せられます。

Dscf9301

寝起きだとさすがにお腹も本格稼働していないので、軽めの食事を出してくれます。

Dscf9299

Dscf9300

パンの上にマッシュドポテトのようなものにが乗っかっている。

右も似たようなものだった気がします。

基本的に管理人は朝は見慣れないものよりも、トーストに目玉焼き、サラダとオレンジジュース、コーヒーがあれば最高の朝食です。

Dscf9302

あとは水分補給をしながら到着を待ちます。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 6日 (水曜日)

新作映画が目白押し

以前、「カリブの海賊・生命の泉」の海賊版を中国で見かけました。

カリブの海賊の海賊版・・・

海賊の海賊・・・。

深い意味はありません(笑)

さて、長距離路線で機内ですること。

1.ひたすら食べて、飲んで、寝ること。

2.持ち込んだ小説を読破(ただし途中で目が疲れて眠くなります)。

3.パソコンでの仕事。但しネット接続ができないので情報検索をググることができず限界あり。

4.ひたすら何本もの映画を見つけづけること。

最近はオンデマンドの映画配信を座席で見ることができて、面白い映画があれば時間つぶしには最適です。

確か6月は、新旧含めて10本ぐらいは観た気がします。「アンノウン(UNKNOWN)」と「アイアムナンバー4(IAMNUMBER4)」が面白かったですね。

今月は「アジャストメント」『阪急電車」が機内上映されるので、それらは映画館では見ずに来ました。

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/executive/c_enter/

さてオーストラリア線の機内はがらがらで数ヶ月前から押さえてあった「1K」の座席の隣も誰もいませんでした。とにかく1の列は脚の前のスペースが広いので隣の人が眠っていても難なく通路に移動できるのです。

Dscf9290

水平飛行に移るとまず夕食が供されます。

Dscf9291

シャッターを押す時に機体が揺れたので偶然シャンパンがこんな写真が撮れました。

シャンパンは「ドゥラモット・ブリュット」辛口です。

おつまみんのおかき類は少し飽きてきた。

Dscf9292

今回はコンテンポラリー・フレンチというものを注文してみました。

前菜。合鴨に海老に何だったか忘れた。

Dscf9293

メインのステーキ。

Dscf9296

やわらかく焼けていてジューシーです。米系の航空会社のステーキよりうまいと思います。

Dscf9294

そしてサラダはしゃきしゃきしていてしなびておりません。これも急速冷凍の技術なのでしょうか。

Dscf9297

デザート類。右のザッハトルテに似たケーキがうまかった。

Dscf9298

ふんわりしているのに甘すぎずよかったです。

左はアイスクリームかフローズンヨーグルトだったように思います。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 5日 (火曜日)

JALラウンジで乾杯

今日からは先般実体験したオーストラリアairplaneオーストリア旅行記です。

なんで、オーストラリアからオーストリアかって?

単なる語呂あわせ・・・

ではなく海外発券した航空券の日本滞在有効期限の問題です。

そりゃ、オーストラリア人がこのチケットを使って本当にヨーロッパまで行くのかどうか興味もあったのですが・・・、

正直言ってこの長時間フライトは

死にますshock

ただこの航空券は持てるマイルでアップグレードできたのでまだマシでしたが、完全にエコノミークラスでは相当きついです。

ということで、まずは成田空港で出発前のJALのラウンジで酒盛り。

Dscf9286

今月のシャンパンは、プルミエ・クリュ・キュミエール・エクスプレッシオン・ブリュット(画像を二回クリックすると馬鹿でかいシャンパンボトルになります‐笑)。

「シャンパーニュの中央を流れるマルヌ河畔で、17世紀からワイン醸造をしている家族企業のシャンパーニュです。当主のジャン・バプティスト・ジョフロワは、ワインは畑で生まれる、という信念で、風土の可能性を詳細に理解して、葡萄栽培をしております。日照時間に恵まれた畑の、ピノ・ノワール67%、シャルドネ33%のシャンパーニュは、生鮮な果実味を表現しながら、大地からすっくと屹立する心棒が、独自の個性を放って爽快です。」との表現通り爽やかな後味です。

Dscf9287

夜間飛行になり、離陸後すぐに機内食も出るので、おつまみ類は少なめに。

Dscf9288

鶏肉と玉葱の甘辛煮そして、

Dscf9289

野菜のにこごり。

シャンパンによく会いますね。このたそがれ時のラウンジで過ごすつかの間の時間が一番好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 3日 (日曜日)

日本航空とカンタス航空のLCC戦略

日本航空が、豪カンタス航空傘下の格安航空会社(LCC)ジェットスター航空などと共同で、LCCの新会社を設立する方向で調整しています。
2012年にも国内線から運航を開始したい考えとの事で新会社には、日航とジェットスターがそれぞれ3割程度を出資することを軸に調整しているそうです。
豪州カンタス航空と日本航空は同じワンワールド・アライアンスに属しており、両社トップの仲は比較的よく、日本航空はゴールドコースト、ケアンズ線は既にジェットスター航空への共同運航便に切り替えております。

豪州カンタス航空の日本市場国内線参入の夢は強く、今回カンタス航空社長とオーストラリア首相が来日したのもこのジェットスターのノウハウ投入の意欲の表れかと。

現在日本航空は複数の大手商社に出資を打診しており、近く最終決定が行われる模様。路線は国内線だけでなく、将来的には国際線に拡大することも視野に入れているとのことですが、拠点空港として成田空港や関西国際空港、中部国際空港が候補に挙がっているそうです。
これに対し、全日空は国内初の本格的なLCC「ピーチアビエーション」を2月に設立しました。当初は「A&Nアビエーション」とか云う名前でしたが、女性受けを狙って可愛らしい名前にと「ピーチ」に変更したそうですが、この桃太郎はうまく海外LCCと戦ってくれるのでしょうか。来年3月に国内線、5月には国際線の運航を始め、海外LCCを迎え撃つ構えだそうです。

Peach_2

日本航空のJCCはまだ名前が決まっていませんが、歴史的に全日空も日本航空も、もう一社とはキャンペーンや座席システムなどお互いに大きくかけ離れたことはせず、似たような名前になるのでは???と予測します。

Apple_2

ひょっとして桃に対抗してリンゴ???

新LCCのCMには歌手の「椎名林檎」がソングを担当とか、

それとももっと大掛かりに・・・、

Apple2

アップルと提携!機内ではiPodタッチやシャッフルの電源コードを付けたり、ituneとコラボでミュージックをプレゼント!なんてなったら面白いですね。

今後の発表に要機体期待です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただけると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »