« 海淀区は新開発地? | トップページ | 洗練されてきた中国 »

2011年6月15日 (水曜日)

シェラトン・ランチ

往々にして、安い宿を予約すると目に見えない不便なことがあるものです。

写真を観れば、宿はそんなに悪くないのになんでこんなにやすいのだろう?

そういう時は、宿の回りが不便だとか、歓楽街の一角にあって物騒だとか、いろいろな理由があります。こういう状況はホテル検索サイトでは出てこないのですよね。

そして、aLOFT海淀もフォーポインツ・シェラトンホテルも決して中国の物価水準からみれば安いとは言えませんが、同じクラスの他の外資系ホテルよりは安い。

そしてその理由は、回りに何もないようなところに建っており、あるのはアパートのようなビルばかりです。ちょっとコンビニに行くのも、簡単に食事するのも時間がかかります。

結局、徒歩圏内でランチをとる場所がなかったので、ホテルで食べなければなりませんでした。

しかも英語圏ならば街角でどこか地元の人が集まる美味しい店はない?と聞けるのですが、中国北京では言葉ができなければ、本当にコミュニケーションができません。

中国に行かれる読者の方は多少の中国語を覚えて云った方がいいです。

結局、宿泊したaLOFT海淀ホテルのレストランでは朝、食事をしたので、昼は隣のシェラトンでランチを食べることにしました。

ビュフェ形式で一人3千円以上と中国の物価からすればかなり高価なランチになってしまいましたが料理はなかなかのものです。

Dscf9155

Dscf9156

場所は窓際の明るい席に案内してくれてよかったです。

一皿目はコールドディッシュ。サラダやハム、チーズ、茹で海老といった類。

Dscf9157

二皿目。中華料理のコーナーを中心に温かい料理をピックアップ。

Dscf9158

三皿目は目の前で茹で上げてくれる麺。

具は自分で指定して料理する人に渡して入れてもらいます。

Dscf9159

フルーツにデザート。デザートもなかなかしゃれたものが多くなりました。

(続 く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

|
|

« 海淀区は新開発地? | トップページ | 洗練されてきた中国 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/40403734

この記事へのトラックバック一覧です: シェラトン・ランチ:

« 海淀区は新開発地? | トップページ | 洗練されてきた中国 »