« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火曜日)

なぜ1万円でバンコクに行けるのか?

本日の朝刊広告で驚いた読者も多いと思います。

格安ツアー会社のエイチ・アイ・エスが本日10時より成田=バンコク間往復1万円の航空券を発売!しかも明日から大幅値上げされるジェット燃料サーチャージの前日を狙っての広告です。

タイミングをしっかりと読み切った戦略です。

本当にすべて込みこみで1万円でバンコクまで行けるのでしょうか?

検証してみましょう。

今回の売り出しはバンコクの旅行会社、トラベルデザインエアーと共同で、日本の独占販売権を取得したエイチ・アイ・エスが「ビジネスエアー」をチャーターしたことで始まりましたが、実はエイチ・アイ・エスのこようなビジネスエアーの格安航空券の販売は今回が初めてではないのです。

2011 年東日本大震災直後の3 月14 日(月)にこのビジネスエアーはエイチ・アイ・エスと共同でチャーター便として日本初就航したのですが、タイミングがあまりにも悪く、

これも思ったほどの噂にはなりませんでした。

実はその時、片道4800円(100席限定)での販売でしたので今回もその時とさほど差はないのです。

その後は海外旅行自粛ムードに押されてこのビジネスエアーの知名度も今ひとつだったのですが、明日からジェット燃料サーチャージ(燃油特別運賃)が大幅に値上げされる事から、満を持して今回その前日を狙って売り出したのでしょう。

今夏の就航期間は、2011年7月14日(木)より9月26日(月)までの毎日運航を予定しており、国土交通省より今回認可がおりた7月14日(木)~7月31日(日)のうち、7月14日(木)~7月28日(木)の間、成田出発座席数限定で成田発バンコク行きの航空券、エコノミークラスを往復10,000円で発売するという内容です。

ではこのチャーター便のビジネスエアーとはどんな会社なのでしょうか?

Businessairkizai

実は2008年にできた会社で、2009年に航空ライセンスを取得した非常に若いLCC(格安航空会社)です。それだけに若干運航実績に不安は残るものの、機材はきれいらしいです。

ただLCCのお決まり事で、機内テレビはありません。

が、機内食はあるそうです。

Businessair

http://www.businessaircenter.com/

また、タイの格安航空会社ではノック・エアーが有名ですが、残念ながらこちらの方は日本に就航しておりません。

http://www.nokair.com/NokConnext/aspx/Welcome.aspx

またエイチ・アイ・エスのバンコク店では日本行き航空券を20日間FIXで往復1万900バーツ(3万円弱)で販売しており、向こうの相場からしてもこのキャンペーンがいかに安いか、がわかるかと思います。やはりすべて込みで1万円では利益はでないでしょうが、キャンペーンとしての広告効果は大きいと思います。

http://www.his-bkk.com/air/8B/8B_intro_jp.php

Businessairparty

いずれにせよ、格安航空会社での知名度は今までエアーアジアが圧倒的でしたが、

今回グループにスカイマークエアーを保有するエイチ・アイ・エスのLCC分野への積極的な参入には拍手を送りたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月30日 (月曜日)

中国のネット環境は…

一週間のご無沙汰でした。玉置宏、旅好きおやじでございます。

昨日中国の北京から成田へ戻ってきました。

まあなんというか・・・、管理人にとっては約二十年ぶりの北京訪問だったのですが、やはり中国は中国。いろいろと、日本と中国との違いを感じさせられました。

今回宿泊したのはスターウッド系列のWホテル・ALOFTとインターコンチネンタルホテル。

Dscf9149

各部屋で無線LANが使用できるのですが(一応ALOFTの方は無料、インターコンチネンタルは有料)、両方とも接続状況が異常によくない。

とにかく遅い。

光ファイバーなのか、ADSLなのかそれともCABLETVなのか、

ブログを書こうとして、ブログサイトに入っても書いたものをアップしようとするとすぐに接続が切れ、また白紙状態。何度も何度も書き直しているうちにいやになって挫折してしまいました。

そして、Google検索でさえ、言葉を検索するとページが飛ばずに接続できませんという表示が出てきました。百度中国で検索すると結構早いのですが、中国語のサイトにはあまり検索の意味がなく途方に暮れていると、

その時にひょっと思い出したのが、中国ではインターネットの検閲問題を巡り"Google"と"中国共産党政府間で揉めていて、Googleは、2009年12月に中国政府関係者のIPアドレスからサイバー攻撃を受け中国在住の人権活動家やユーザーが被害を受け攻撃元に向けて反撃した、とアメリカでは報道されていたことです。

Googleは中国からの撤退も視野に入れ中国政府に抗議したが、中国政府はこのようなサイバー攻撃は法律で禁じられており当局は関与していないと回答して最終的にはGoogleと中国の間で本件は棚上げになったようです。

このことからこれだけ異常に遅いのはひょっとして中国のサイバー部隊が検閲をしているからかと思うと怖くなり、ちょうどソニーへのハッカー攻撃のニュースも照らし合わせてネットバンキングへのアクセスも見合わせてしまいました。

昨日は昨日で、我々の搭乗した日系航空会社は定時に北京空港のゲートを出発しましたが、それ以降なかなか離陸許可が出ない・・・?

後から来た中国系航空会社の飛行機はどんどん飛び立っているのに、

我々は滑走路前で1時間45分も待機させられました。

これも日本が中国の軍事力には気をつけなければならない、という趣旨の事を記載した「中国安全保障レポート」防衛省の防衛研究所が発行したことに対する嫌がらせなのか?と勘ぐってしまいます。

http://www.nids.go.jp/publication/chinareport/pdf/china_report_JP_web_A01.pdf

昨年、尖閣諸島での船長逮捕問題の時も、このような日系航空会社に対してなかなか離陸許可をださなかったということがあったそうです。

とはいえ、向こうの会議場で知り合った中国人の某経理はとてもいい人ですごく仲良くなりました。一緒に仕事をしようと誓いあったり、会議場や街を歩いている人たちもごく普通の人たちでマスコミでエキセントリックに書かれているような日本人を蔑視したような雰囲気はみじんも感じられませんでした。

場所によって物価が天と地ほど差があったり、マクドナルドやケンタッキーで人が溢れていたりとても面白い経験をしました。

Dscf9252

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

久々に下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月23日 (月曜日)

意外なところで昔の後輩にばったりと会いました

昨日、成田空港のJAL出発ラウンジで後ろから誰かに声をかけられ、

振り向くと以前小生が総合商社にいたとき大阪支社でインストラクターをしていたY君。

京都の名門大学を出て小生の会社に入社したわけですけど、

なんというか、のんびりとした雰囲気で、生き馬の目を抜くというタイプではなく、ほのぼの系なんですね。

そのY君と久しぶりに会って、誰は今どうしているか、彼女はどうしている、誰々は早期退職してどこに行っている、など昔話に大いに花が咲き(というよりも、こちらは10年前に早期退職していたので「10年一昔」の言葉の通り、前の会社もずいぶんと変わって品川に移ったり一階に美術館を作ったり、小生の知らない事だらけで、むしろ現在の共通の話題がないんですねcoldsweats01

完全におやじの昔話を肴にした酒呑み話ですわ。

で、ふと気づくと彼は昔から酒が飲めなかったのかどうかあまり記憶が定かではないのですがせっかくラウンジで高級なお酒がわんさかあるのに(一応海外出張の数だけは多いのでJGP(JALグローバルクラブの中のプレミアというクラスなのでビジネスクラスでもエコノミークラスでも、ファーストクラスラウンジを使わせてくれるわけですよね)、飲んでいるのはコーラ、それとキットカットのチョコレート。

↓こんなに普段絶対飲むことのないようなお酒が満載です。

http://www.jal.co.jp/narita-t2/menu/food/#Drink

なんたって、こちらは前の会社を辞めてから自分で新しく会社をたちあげたもので、自分の貯金を使い尽くしエコノミークラスのチケットを購入してそのアップグレードでビジネスクラスに乗っているのに、彼は大会社の余裕か、すべて正規料金に近いビジネスクラスで乗ってるのです。

だから黙っていても出張ではビジネスクラス。しかもJGPのメンバーになっているからマイルもどんどん貯まる。

こちらがビジネスクラスに乗ってもエコノミーのアップグレードなので70%しかマイルがたまらないのに、彼の場合は会社の出張で125%もマイルが貯まる。

ということは、彼の場合小生よりも5割以上早いペースで貯まっていき、

その使い道がないからファーストクラスにも乗っているのですよ。

「シカゴ線のファーストクラスもまあまあですね。」なんてことを、ファーストクラスに乗って酒が飲めないでコーラを飲んでいるなんて、宝の持ち腐れですわ。

まあ、愚痴っぽくなるのでここらでやめますが、自分で決めて退職したので仕方がないこと。早く会社を軌道に乗せる意外に道はなさそうです。

余談ですが先日例として挙げたルフトハンザの記念格安航空券。

あいまいな書き方で問い合わせが殺到した様で、ホームページにはっきりと金額を掲示しました。

http://www.lufthansa.com/jp/ja/15years-special

これで見ると、57000円は今月いっぱいの出発となり、

6月25日から7月31日までは、なんと117000円からに設定したようです。

ということは8月はもっと値上げするようですね。

ルフトハンザ航空での旅行もあまりうまみがなくなってきましたが、

燃油チャージが6月から5万円徴収ざれることだけは事実です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在海外のホテルから携帯パソコンで書いておりますので、画像がうまく貼り付けられません。あしからず。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月20日 (金曜日)

再告知「今月中に航空券を!」

4月26日付けの記事で書いておりますが、6月1日より燃油付加特別運賃(ジェット燃料サーチャージが恐ろしい金額に値上げされます。

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e4b7.html

7月以降の夏休みの海外旅行を考えておられる読者は今月中のこの10日が勝負となります。

なにしろ、震災の影響で海外からの旅行者、海外への旅行者が現在大幅に減っています。

例えば日本航空は4~3月の決算では会社更生法適用後、初の好決算を出しましたが、この3月の旅客数は前年比4割減。連休中でさえ日本航空も、全日空も前年度より1.5割減となっています。

ということは、逆に海外行きの航空券そのものは旅行客の落ち込みから各航空会社とも安値で運賃を出しており、しかも予約が取りやすいという過去にあまりなかったなかったタイミングでもあります。

例えば、ドイツのルフトハンザ航空など、

Lufthansa

ここの航空運賃は往復でたった5万7千円からなんですが、上記のジェット燃料サーチャージの類いの追加料金が徴収されます。そしてそれは今月までは往復約3万5千円(3月31日までは2万1千円でした)、そして6月1日から、な、なんと5万円!になりそれが欧米オセアニア中東路線には追加徴収されるのですぞ。

あ、もうひとつ忘れてならないのは誰もが一度は乗ってみたいエアバス、A380は現在ルフトハンザ航空が成田=フランクフルト間に就航させています。

Lufthansa2

あれ?いつのまにかルフトハンザ航空の広告ブログのようになってしまっていますが・・・。他の航空会社もかつてないような安値を出しており、いずれにせよ今月中に夏の海外旅行の準備を終えることをお勧めします。

Phm13_0321

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

そしていつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月19日 (木曜日)

デルタ航空日本のパートナー決定か?

アメリカ・デルタ航空と日本のスカイマークは、デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」のマイル利用について提携する事になったそうです。

Photo_2

今後、日本在住でスカイマイル提携クレジットカードを保有する会員とスカイマイルのメダリオン会員は、貯めたマイルを使用してスカイマークの国内線19路線を利用できるようになるそうです。

B737

必要なマイル数は1万5000マイルと2万マイルの2種類で、6月1日からデルタ航空のウェブサイト上で予約受け付けを開始すそうです。

Photo

エアー・アライアンス(航空同盟)の大手にはアメリカン航空、日本航空の所属するワンワールド、アメリカ・ユナイテッド航空、全日空の所属するスターアライアンスそしてデルタ航空が中心となるスカイチームがあります。他の二つの路線は成田、羽田、関空そして中部セントレア空港から日本の地方への乗り継ぎが日米航空協定によりスムーズに調整できますが、デルタ航空は他のアメリカ・ライバル航空会社と比べてこの点が見劣りし、日本の顧客獲得がなかなかうまくいきません。

そして、以前日本航空が会社更生法申請をする間際にデルタ航空とアメリカン航空が日本航空の取り込み合戦を行ったことは記憶に新しいものです。

一方のスカイマークは安売り旅行代理店のH.I.Sの澤田社長の出資によって設立された航空会社で、スカイマークはマイレージサービスを実施していません。ただし、UFJカードと提携したクレジットカード「スカイマークカード」を発行しており、ポイントを貯めて航空券と交換できるようになってます。

とりあえずはデルタ航空のマイルでスカイマークに搭乗できるようになるのですが、もしスカイマークがマーレージサービスを実施して徐々にこれが相互で交換できるようになれば双方のメリットはもっと大きなものになるでしょうね。そしてその次はスカイマークのマイレージがデルタ航空だけでなくスカイチーム加盟航空会社すべてに相互交換できるようになるのではと予測しています。

現在のスカイチーム加盟航空会社:

アエロフロート航空
アエロメヒコ航空
エア・ヨーロッパ
エールフランス航空
アリタリア航空
中国南方航空
チェコ航空
デルタ航空
ケニア航空
KLM オランダ航空
大韓航空
タロム航空
ベトナム航空

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックいただければ、大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月18日 (水曜日)

一か月以内で10回搭乗!

来週から海外出張が続きますsad

Dscf6495

東京⇒シドニー

シドニー⇒東京

東京⇒北京

北京⇒東京

再び

東京⇒シドニー

シドニー⇒東京

東京⇒フランクフルト

フランクフルト⇒ウイーン

ウイーン⇒フランクフルト

フランクフルト⇒東京

これ、一か月以内です。

航空券はすべて3月までに購入したので現在購入するよりもずっと安い燃油特別付加運賃が適用されました。しかも海外発券だからマイルによるアップグレード可能。

この2月頃までは大体マイルやポイントを使ったアップグレードは航空会社に電話しても、お預かりと云うことですぐには座席を確保できなかったのですが、今やアップグレード申請の電話をすると、即OKです。なかなか東日本大震災や原発事故によりキャンセルになった乗客は戻ってこないようです。

そこで、ただでさえ日本路線では集客力が劣る外国系航空会社が新幹線並みの航空運賃で乗客を勧誘しています。

ジェットスター航空、マレーシア航空やエアーアジアは先日紹介しましたが、今度は、航空会社ナンバーワンに輝いたシンガポール航空がキャンペーンを始めました。

http://www.singaporeair.com/saa/ja_JP/content/local/JP/BFG.jsp

非常にシンプル。

ベストプライスギャランティ

「singaporeair.comでは、シンガポール航空の航空券をお客様がインターネットでご購入の際のベストプライスを保証いたします。singaporeair.comで航空券をご購入された後、ご購入運賃より低い運賃が見つかった場合、その差額に相当する商品券を差し上げます。さらに、5,000クリスフライヤーマイルも差し上げます。」

まあ、いろいろと条件はありますが、要はシンガポール航空のサイトで同社の航空券を購入するのが旅行代理店で購入するよりも一番安いと。

そして値段の表示はこちらのページです。

http://www.singaporeair.com/saa/ja_JP/content/local/JP/promo_fares/index.jsp

Dscf7315

今まで紹介した航空会社には及びませんが、かなりの値引き率です。

これも検討の余地はあるのでは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月16日 (月曜日)

本日から22日までエアーアジア・キャンペーン

羽田=クアラルンプール間は5月10日から22日まで、

その他は本日から22日までの発売でエアーアジアが以下のようなキャンペーンを行っています。

Hndkul

羽田=クアラルンプール片道1万円ポッキリ。

そしてビジネスクラスが5万円。

とありましたが、

厳密にはそれよりも安いようです。

Airasia

そこから乗り継ぎで、

Kulpth

オーストラリア・パースまで片道10,196円

Kulothers

インドネシアのスラバヤや広州などへ片道1,047円

以上オールインワン料金とありますのでジェット燃料サーチャージは込みなのでしょうが、

空港設備使用料は別途必要なようです。

http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月13日 (金曜日)

スペースシャトルをロサンゼルスで見る!

米航空宇宙局(NASA)によると、5月16日に最終飛行を終える「エンデバー」は、展示用に改装された後にカリフォルニア・サイエンス・センターに運ばれ、来年度には展示される予定とのことです。NASAは、膨大な運営コストのほか、高度約350キロにある国際宇宙ステーション(ISS)を越えて飛行できる新たな宇宙船開発を行うという理由で、30年間継続してきたスペースシャトルプログラムを打ち切る事となりました。

Endeavour

ロサンゼルス観光局によるとこの発表は、4月12日に行われたケネディ宇宙センターでのスペースシャトル打ち上げ30周年記念式典の最中にあったとのことです。

ケネディ・宇宙センター:

http://www.kennedyspacecenter.com/index.asp

カリフォルニア・サイエンス・センターには、航空および宇宙関係のものを展示するギャラリーがあり、このギャラリーにスペースシャトルが展示されることになりますが、カリフォルニア・サイエンス・センターは、25年にわたるマスター・プラン第3期が進行中で、この決定により、航空・宇宙専用ギャラリー新設などへの大きな弾みとなると期待されています。

Californiasciencecenternorthview

ちなみに2011年内に退役するスペースシャトルは「アトランティス」、「ディスカバリー」、「エンデバー」の3機で、展示先として、20ヶ所以上の博物館などの施設が手を挙げるという激戦だったそうですが、「エンデバー」がロサンゼルスに展示されることとなったそうです。

カリフォルニア・サイエンス・センタ-:

http://california-science-center-los-angeles.visit-los-angeles.com/

カリフォルニア・サイエンス・センターは、ダウンタウンのエクスポジション・パーク内にあり、年間140万人が訪れる人気の博物館。

宇宙旅行は人類の夢ですね。

子供の頃は「2001年宇宙の旅」の映画のようにもっと早くから宇宙旅行は実現するもんのと思っていましたが、ソ連(ロシア)のガガーリン宇宙飛行士が1961年に宇宙に行ってから、50年。なかなか夢は遠そうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月11日 (水曜日)

キャンペーン締め切りは14日!

恒例のジェットスター期間限定キャンペーンです。

Jet_star2

ジェットスター航空は普段購入するとカンタス航空と値段があまり変わらない上に、機内サービスを含めて考えると割高なことが多いですが、恒例の期間限定キャンペーンはお得です。

今回は5月14日土曜日までの座席数限定販売です!

初夏の特得セール!

オーストラリアまで往復1万8千円、台北まで往復1万円!

新幹線の東京名古屋往復よりも安い航空券。

ビジネスクラスでも往復5万六千円。

出発は成田からかまたは関西空港(台北行きは関西空港のみ)からです。

オーストラリアの到着地はケアンズかゴールドコースト。シドニーまたはメルボルン行きには別途国内線運賃が必要です。

さらに2万3千円足すと、ニュージーランドのオークランドまでビジネスクラスともに可能です。

Jet_star

渡航期間は5月26日から7月27日(ニュージーランド行きは6月23日まで)。少し早目の夏休みにも使えますね。

ただし、読者の皆さまはよくご存じと思いますが、燃油特別付加運賃(ジェット燃料サーチャージ)が別途かかりますので、ご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日もがんばりましょう。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月10日 (火曜日)

6500円で高級コンドミニアムに宿泊!

昔の会社の同僚がマレーシアでのロングスティを考えているということなので、

以下、参考情報です。確かにマレーシアの宿泊料は安くてシンガポールの何分の一かと云われています。しかもホテルのグレードも結構高めで、お値打ち感満載です。

下記:トリップ・ウイズ・ミーの左側の公式リンク先、「マレーシア政府観光局のニュース」からなので安全だと思います。

http://trip-with.me/index.html

クアラルンプールのサービス・アパートメント・オープン!

Somerset

ゆったりスペースのサービスアパート滞在。

市内で最も新しいサービスアパートのひとつが「サマーセット・アンパン」。

ツインタワーから車で5分ほどの大使館エリアに位置し、無線WIFIインターネットなど最新設備も魅力です。今ならなんとオープニング料金一泊RM238~(約6500円)、とお得です(*2011年3月現在)。

Somerset2 

http://www.somerset.com/specials/cluster.html?did=17444

しかも、毎朝の朝食付きで、スパやプールも無料です。

Somerset3

アンパン地区以外にもクアラルンプールに何箇所かありますがいずれもお得です!

ホテルとは全く違いますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 9日 (月曜日)

19,500円でマレーシアまで!

マレーシア航空は本日より31日までの期間限定で、PEX運賃を販売するそうです。東日本大震災の影響で低迷する旅行需要を喚起するのが狙いだそうですが、その中身は・・・、

Photo

羽田、成田、関空からマレーシア行きのエコノミークラス片道運賃を1万9500円に設定。ピーク期を除く6月1日から2012年3月31日までの旅行期間が対象となります。

 また、日本支社開設39周年を記念してマレーシア往復運賃を3万9000円でも設定しています(呼び名は違えどまあ、単純に上の金額を二倍にしたのが往復運賃ですが・・・)。

もともとマレーシアは長期滞在の日本人旅行客の呼び込みにに注力しており、今年は日本で夏休みの長期取得や取得時期の分散も予想されるため、こうした休暇を利用してマレーシアへの誘致を見込んでいるそうです。

http://www.mas-japan.co.jp/index.html

ところが、裏技は・・・・これだけではありません。

マレーシア航空の行くところは、マレーシアだけではないのです。

Dscf7321

実は、上の航空券代に片道500円足すだけで、

バンコク / プーケット / プノンペン / シェムリアップ / ヤンゴン / ホーチミン / ハノイ 、そして、 ジャカルタ / メダン / デンパサール(バリ) / スラバヤ / バンドン / マニラに行けるのですsign03

嬉しいことには、何とジャカルタやバリ島までこの運賃で行けることと、

さらに、ビジネスクラスが片道六万円で行けることですね。

http://www.mas-japan.co.jp/jimat/web_gddg.html

参考までに、ジャカルタまでのエコノミーがANAで57400円~129,400円、ビジネスクラスが236,000~336,400円でした。

もちろんこれに燃油特別運賃がかかりますので、値上げ前のこのキャンペーンで^お求めすることをお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうごじました。

いつものように下のバナーをクリックしていたければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 8日 (日曜日)

PriorityPass到着

セゾン・プラチナ。アメックスカードのおまけ、PriorityPassが昨日到着。

Prioritypass1

以前にこのカードを貰った時にはなかった、ラウンジの一覧表が同封されており、総ページ数168.

これは便利です。

Prioritypass2

すべて英文表記ですが、ラウンジの場所の地図が付いていればもっとありがたかったです。

さて、関東では成田空港第一ターミナルのIASS Executive Lounge,

http://www.iass.co.jp/lounge/index2.html

第二サテライトのKAL Business Class Lounge

http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/aa/wa/jpn_aa_wa.jsp

そして空港第二ビルのIASS Executive Loungeがこのパスで使用できるみたいです。

http://www.iass.co.jp/lounge/index3.html

また羽田国際空港は利用可能ラウンジの表記がありませんでした。

名古屋・セントレア空港ではKAL Lounge

http://www.centrair.jp/service/sv-lounge/index.html#1178227

大阪ではKAL Business Class Lounge

http://www.kansai-airport.or.jp/service/relax/airline_lo/index.html

そして福岡ではKAL Lounge

と、IASSかKALに絞られているみたいです。

さらに細かく云うと、IASSのラウンジはゴールド以上のクレジットカードを保有していれば入室できますので、あえてPriorityPassを保有する必要はないですが、KALのラウンジ入室には有効です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 7日 (土曜日)

機内、ラウンジでの忘れ物は?

読者の皆様は飛行機の中やラウンジで忘れ物をしてあわてたことがありませんか?

Dscf7163

えば寒い日に空港に到着。空港ラウンジ内は暖かいのでコートをハンガーにかけて休憩。そして搭乗時間が来てあわてて出発ゲートに向かい、飛行機の中でコートを忘れたことに気付きます(これは管理人の数ヶ月前の実話です)。

帰国後さっそく、電話をかけると(その時はANAでしたが)コートが遺失物センターに届いているということでコートを取りに行きました。

遺失物センターはANAの到着ロビーの隣の奥まった、分かりづらいところにあり(空港の案内の人に聞いても遺失物センターの場所を知りませんでしたが)、右往左往しながらもなんとか無事たどりつき、コートを入手しました。

Newsheadline_1260956012_image1_2 

昨年は、JALの機内で携帯電話を置き忘れたことが二回ありました。

ポケットから出して鞄にすぐ入れればいいのでしょうが、それが面倒で、座席のポケットやくぼみに置くのがよくないのでしょうね。

エコノミークラスの場合、ジャケットを上の棚に収納した際、飛行中に胸ポケットから携帯電話が徐々にすべりでて置き忘れたこともあります。

その内、上の棚のドアの内側に鏡が付くようになり、奥にすべりでてしまっていないかチェックできるのでありがたかったものです。

さて、先ほどJALのホームページで面白いシステムを見つけました。

Photo

国内線遺失物検索

http://www.jal.co.jp/information/lost/search/

忘れものに気付いた際、こちらのサイトから忘れ物の検索ができたり、紛失届が出せるらしいです。

なかなか、手際良く処理できそうですね。早く国際線でも検索できるようにしてほしいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

いつものように下のバナークリックしていただければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 6日 (金曜日)

ユナイテッド航空のオール込みフェア

エアーアジアも・・・、とうとうジェット燃料サーチャージを徴収することになりました。

高騰する石油が、いずこの航空会社の経営も圧迫しているようです。

そこで、期間限定でユナイテッド航空がキャンペーン、

「アジア行きオール込みフェアー 」
Jp_all_inclusive_asia_300x142
を始めました。
旅行代理店を通さないWEBだけのユナイテッドのオール込みフェアー。
運賃に加え燃油サーチャージや税金、空港使用料など、
すべて込みで下記のお値段。
ウェブだけの特別料金です。
予約はunitedairlines.co.jpから、
出発日: 2011年9月30日まで
東京発 お値段
ソウル ¥ 26,800
台北 ¥ 35,800
シンガポール ¥ 43,800
バンコク ¥ 48,800
ブラックアウト : ゴールデンウイーク中、2011年8月6日~21日(夏休みハイシ-ズン中)、2011年9月17日~19日および2011年9月23日~25日の連休中は使えません。
コードシェア便は使えませんが、ユナイテッドのマイレージプラスマイルは貯まるそうです。
頻繁に東南アジアに出かける人にとってはは、結構お得な気がしますが・・・。
Phm13_0370
ちなみに、JAL,ANAではジェット燃料サーチャージ(燃油特別付加運賃)を加えると、シンガポールまでの往復がほぼ二倍でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 5日 (木曜日)

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールはグランドオープン!

リゾート・ワールド・セントーサで昨年8月にオープンされたユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)が5月28日にグランド・オープンすることになったそうです。

当日はハリウッドやアジアのセレブリティ、政府の要人、ゲストなどが参加し、オープニング・セレモニーが開催されるそうです。ハリウッド映画をテーマとし、特設ステージではアクション要素を盛り込んだスタントショーを実施。マリリン・モンローやチャーリー・チャップリン、ウッディ・ウッドペッカー、シュレック、フィオナ姫など、パークのスターたちも参加。

 また、グランド・オープンに合わせ、ライドやショー、ゲスト・エクスペリエンスなどの準備も進めており、今後、マダガスカルをテーマにした世界初のライド「マダガスカル・クレート・アドベンチャー」のオープンを予定している。また、今年後半には、映画「トランスフォーマー」をテーマにしたアトラクションのオープンが予定されています。

 なお、USSによると、2010年のソフトオープン後、9ヶ月で200万人のゲストを迎え、今年は4月末現在まで数十万人が来園したということです。

USSのホームページ日本語版はこちらから↓

http://www.rwsentosa.com/language/ja-JP/Attractions/UniversalStudiosSingapore

昨年8月のオープン時に行った時の記事は海外旅行でちょっと得する話IIにあります(2010年9月29日)が、こちらのサイトはまもなく閉鎖しますので、当時の記事をこちらに移しておきます。

===

アジアで二番目のユニバーサル・スタジオ!

この春、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに引き続きアジアで

二番目のユニバーサル・スタジオ・シンガポールがオープンしました!

日本の旅行ガイドブックをいろいろと調べましたが、ユニバーサル・スタジオの紹介があった旅行ガイドブックは一冊のみでしたsign01

しかも、開園前の情報をもとにしているので、説明に臨場感がありませんdespair

やはり書く人間が実際に行ってないとダメですね。

K31 

さて、これがシンガポール・セントーサ島に出来たユニバーサル・スタジオ・シンガポール。

K33

日本のユニバーサル・スタジオと同じだと思ったら、大間違い!

なんと日本にないアトラクションが15もあるんですね。

K38

その代表格の一つが「MUMMY」。そう日本語では「ハムナプトラ」で有名ですね。

これはスリルがある!

K39

3Dならぬ4Dのシェレック。四番目は何でしょうね?

K37

ジェラシックパークも日本とは一味違います!

パソコンやiPad、携帯スマートフォンなどへのダウンロード形式の電子旅行ガイドブック「e-tripガイドのシンガポール編」ではユニバーサル・スタジオの詳細な解説つきです。シンガポール旅行の際にはぜひダウンロードして旅のお供に。

ダウンロードはこちらから:

http://trip-with.me

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2011年5月 4日 (水曜日)

五重でマイル、ポイント総取り!

昨日の続きです。

このカードで獲得できるポイントは永久不滅ポイントといい、長島選手引退時の巨人軍のような名前のポイントですが(古い)、この一部に検索ポイントというものがあって、100ポイントで1永久不滅ポイントに交換出来るそうです。

つまり、1永久ポイントが2JALマイルと交換できるというから、検索ポイントは0.02JALマイル相当と云う、蟻ん子のようなポイントですが・・・、何でもいいから1日4回検索で20ポイント付与されるそうです。つまり5日間で1永久不滅ポイント。1年365日検索して73永久不滅ポイント。つまり146JALマイルと云う、こつこつと日銭を稼ぐようなポイントですな。小生がこれを続けてやるかどうか・・・、微妙なところですが、多分すぐに挫折するでしょうcoldsweats01

この永久不滅ポイントの説明はこちら↓

http://www.eikyufumetsu.jp/

↓よく違いが分からないけど、永久不滅ポイントドットコムというサイトもありました。

https://www.a-q-f.com/openpc/USA0000S01.do

要は、検索だけでなくショッピングや、オークション、アンケート、口コミなどいろいろな分野でこのポイントシステムが普段の生活に入り込み、いろいろな場面でポイントを稼がせてくれるシステムのようです。

そのショッピングメンバーサイトの中に、楽天市場や楽天ブック、楽天トラベルなどがありました。上の永久不滅ポイントのサイトから、またはダウンロードした永久不滅検索サイト経由で、これらのサイトにアクセスし、そのサイトで購入するだけで永久不滅ポイントがもらえるようです。

Rakuten

Photo

ということは・・・、以前当ブログに書いたのですが

直接ANAやJALのサイトで航空券やツアーを購入せずに楽天トラベルのサイト経由で購入すると、搭乗時のJALのマイルだけでなく 楽天ポイントも貰えるのですが、さらに永久不滅ポイントサイト経由楽天トラベル経由で航空券を買うと、これだけポイント、マイルが付与されるのでしょうか?

Airline

1.サイト経由時の永久不滅ポイント(JALマイルと交換できます)

2.楽天トラベル経由でJAL航空券購入時の楽天スーパーポイント(ANAマイルと交換できます)。

3.購入した航空券で搭乗(JALマイルがもらえます)

4.航空券代金をセゾン・クレジットカードでの引き落とし(JALマイルがもらえます)

5.これをデルタ航空のニッポン500マイルキャンペーンに搭乗券の半券をFAXまたは郵送でデルタのマイルが500マイル貰えます。

と、航空券を1回購入するだけで、これだけのマイルやポイントがもらえると理解していいのでしょうか?あまりにもうますぎる話のようで、ちょっと不安なのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

<人気ブログランキングへp>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 3日 (火曜日)

プラチナクレジットカードを作りました

連休も中盤に差し掛かりました。読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今日、管理人は先日申し込んだ会社の法人用クレジットカードの説明書を読んでおりました。なぜ法人用クレジットカードを作ったかと云うと、会社を経営しているとどうしても個人の経費の建て替えが多くなります。

それが、三月末〆の決算の際にいろいろなクレジットカードで経費の建て替えがばらばらだと、どれが個人使用か、会社の経費か・・・、混乱して分からなくなってきます。特に一年前だとなおさら忘れてしまって分からなくなってしまいます。

そこで、法人用のクレジットカードを作り、会社の経費はそれにまとめれば少しは解消できると勧められ、法人カードを作った次第です。

そして作ったクレジットカードがこれ。

Cci20110503_00000_2

基本的にはこのカードはセゾンカードなんですが・・・、プラチナメンバー待遇なんです。

そして、嬉しいことに全世界300以上の都市、600か所以上の空港のビジネスラウンジが無料で使える「プライオリティパス」を 会員には無料で発行してくれるのです。

管理人はもはやデルタのゴールドメンバーステイタスも失効しており、スカイチーム系やスターアライアンス系やの航空会社を利用するとき、このプライオリティパスでラウンジに入ることができてネットチェックができるのでありがたいです。

そしてこのカードは永久不滅ポイントという、有効期限がない代わりに1000円で1ポイント、そして1ポイントが2JALマイルに交換と云う、今どきにしては珍しく率の悪いポイントしか付与されないのだと思っていたら、実はこの法人カードのメンバーはセゾンマイルクラブという通常年会費5250円のメンバーに無料で加入させてくれて、このクラブのメンバーは1000円で10JALマイル貰える事がわかりました。しかもこの永久不滅ポイントとセゾンクラブのマイル両方とも同時に付与されるとのことです。

つまり、経費をすべてこのカードに集約させて、会社として月々17万円の経費の引き落としがあるとしたならば、年間で204万円。セゾンマイルクラブの方で20,400JALマイル永久不滅ポイントをJALマイルに交換して4,080JALマイル。併せて24,480JALマイル。

JALカードよりもマイル付与率がよさそうですね。

これ以外にも無数のおまけ、いや特典が、あることに気付きましたので続きはまた明日書きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年5月 2日 (月曜日)

ホテルフジタがリッツカールトンに?

米系高級ホテル、ザ・リッツ・カールトンが京都進出を計画していることが昨日の新聞で発表されました。

昨日は日本の高級ホテルの現状に関して非常に厳しいことを書きましたが・・・、

今この時期に新規建設発表とは、既存ホテルは戦々恐々でしょうね。

今年1月に営業を終えた老舗ホテル「ホテルフジタ京都」(京都市中京区)を建て替え、平成26年春の開業を目指す。国内では東京、大阪に次ぐ3カ所目となるとありました。

Img_2836_2

 

在りし日のホテルフジタ京都

Img_2816

室内

Img_2818

京都情緒があじわえました

ホテルフジタ京都の土地・建物を所有する積水ハウスと、ホテル運営会社のザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー(米メリーランド州)が基本合意したとのことで、関係者によると、約200億円を投じ、来年にも着工する計画だそうです。

客室数や宿泊料金などは未定としていますが、一泊5万円程度とのうわさも聞こえてきます。ちなみにホテルフジタは朝食、夕食付きで一泊1万1300円でした(笑)

 開業予定地は東に鴨川をのぞみ、祇園などの観光名所にも近く、観光客に人気の高い場所です。東日本大震災で外国人観光客は減少しているが、リッツ・カールトン大阪では5~6月の宿泊予約は昨年並みに改善しているというので関西と云うことから東北の震災や原発事故の影響は限定的と判断し、関西での体制強化に踏み切ったと模様です。

強気値段のリッツとワシントンホテル系列のホテルフジタ京都とホテルのランクにはかなりの差がありますが、ロケーションの良さをどう生かせるか、見ものです。

Img_0974

リッツ・カールトン・クアラルンプール

Img_0968

室内

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のクリックよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 1日 (日曜日)

それぞれのホテル事情

日本のホテル、旅館の稼働率が落ち込んでいるようです。

特に、高級ホテルと云われているところや、外資系ホテルがごひどいようです。

某新聞にこんな記事が出ていました。

全日本シティホテル連盟(東京・千代田)が4月26日に発表した全国平均稼働率は
前年同月比3.4ポイント減の63.9%。東京が大幅減になる一方、拠点を一時的に移した企業などの利用が増えた大阪はプラス。

一方、日本経済新聞社の調べでは3月の都内の主要19ホテルの平均客室稼働率は、49.8%と過去20年間で最低。稼働率急落を受け、各ホテルは正規料金の6割引きなど大幅な値下げで需要喚起に取り組んでいるが、4月に入っても稼働率は低迷したままだそうです。プリンスホテルはグランドプリンスホテル高輪(東京・港)の宿泊業務をすでに休止しており、再開するのは企業の株主総会需要が高まる6月9日。客室数414室と同社の基幹ホテルの一つですが、震災で外国人客らが急減。レストランや宴会場の営業は続けるが、宿泊客はグランドプリンスホテル新高輪など隣接するグループホテルに集約するそうです。同社は品川プリンスホテル(同)でも、計4棟のうち1棟で宿泊業務のみ休止したと発表しました。
藤田観光は神奈川県箱根町のホテル「箱根小涌園ユネッサンイン」を当面休業し再開時期は未定で「箱根の観光客が回復するまでは難しい」と述べているそうです。ホテルオークラ東京(東京・港)も別館の宿泊業務を事実上休業しています。

総じて、この背景には津波。地震よりも東京電力の福島原子力発電所の放射能漏れが大きく影響しているようです。放射能が東京の水道の浄水場でも見つかったとの報道や原子力発電所の事故からの復旧が長期化しているとの理由によるものから、東北の富裕層は東京を通り越して大阪に避難移動していました。

大阪の取引先も福島ナンバーの車をよくみかけるようになったと云っておりましたし、また東京に本社を置いていた外資系の会社も名古屋に暫定的に本社を移したりしていました。

そして一番大きな理由は放射能被ばくを恐れた外国人が一挙に海外に脱出し、それまで彼らが使っていた外資系ホテルや高級ホテルががらがらになったことです。

例えば、赤坂にあるアメリカ系の航空会社が乗務員の宿泊に使っている「I」ホテル、関係者限定ですが、一室1万円(税、サービス料込)で宿泊可能です。これも一名ではなく一室なのでツインルームだと二名宿泊してもこの料金。

そして同じ系列の成田の「C」ホテルは一室税サービス料込で6千円で宿泊可能です。

これ以外にも、一般客にも値下げしているところもありますが、いずれにせよホテル業は稼働率をあげないと、空気を宿泊させても一円にもならないのです。

ところがいったん大幅値下げするとブランドイメージが崩れ、景気回復してもなかなか値上げしづらいところもあり、ホテル側から見ればこのさじ加減が難しいところでしょうか。

さて、現在ゴールデンウイークの真っ最中です。

実はさっき思ったのですが3月11日の東日本大震災から4月29日でいわゆる仏教でいう49日(しじゅうくにち)が終わったのですね。日本人のいわゆる喪に服すという意識は奥深くに刷り込まれ。この期間は自粛ムード一辺倒でしたが、ゴールデンウイークに入ってからは街を歩いていてもこの意識が少し変わってきたように感じます。

速報ではゴールデンウイーク前半のホテルの稼働率も一部では大きく上昇してきているようで、そろそろ日本経済も復活し出すのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »