« 中国のネット環境は… | トップページ | 1万円バンコク航空券の結果は? »

2011年5月31日 (火曜日)

なぜ1万円でバンコクに行けるのか?

本日の朝刊広告で驚いた読者も多いと思います。

格安ツアー会社のエイチ・アイ・エスが本日10時より成田=バンコク間往復1万円の航空券を発売!しかも明日から大幅値上げされるジェット燃料サーチャージの前日を狙っての広告です。

タイミングをしっかりと読み切った戦略です。

本当にすべて込みこみで1万円でバンコクまで行けるのでしょうか?

検証してみましょう。

今回の売り出しはバンコクの旅行会社、トラベルデザインエアーと共同で、日本の独占販売権を取得したエイチ・アイ・エスが「ビジネスエアー」をチャーターしたことで始まりましたが、実はエイチ・アイ・エスのこようなビジネスエアーの格安航空券の販売は今回が初めてではないのです。

2011 年東日本大震災直後の3 月14 日(月)にこのビジネスエアーはエイチ・アイ・エスと共同でチャーター便として日本初就航したのですが、タイミングがあまりにも悪く、

これも思ったほどの噂にはなりませんでした。

実はその時、片道4800円(100席限定)での販売でしたので今回もその時とさほど差はないのです。

その後は海外旅行自粛ムードに押されてこのビジネスエアーの知名度も今ひとつだったのですが、明日からジェット燃料サーチャージ(燃油特別運賃)が大幅に値上げされる事から、満を持して今回その前日を狙って売り出したのでしょう。

今夏の就航期間は、2011年7月14日(木)より9月26日(月)までの毎日運航を予定しており、国土交通省より今回認可がおりた7月14日(木)~7月31日(日)のうち、7月14日(木)~7月28日(木)の間、成田出発座席数限定で成田発バンコク行きの航空券、エコノミークラスを往復10,000円で発売するという内容です。

ではこのチャーター便のビジネスエアーとはどんな会社なのでしょうか?

Businessairkizai

実は2008年にできた会社で、2009年に航空ライセンスを取得した非常に若いLCC(格安航空会社)です。それだけに若干運航実績に不安は残るものの、機材はきれいらしいです。

ただLCCのお決まり事で、機内テレビはありません。

が、機内食はあるそうです。

Businessair

http://www.businessaircenter.com/

また、タイの格安航空会社ではノック・エアーが有名ですが、残念ながらこちらの方は日本に就航しておりません。

http://www.nokair.com/NokConnext/aspx/Welcome.aspx

またエイチ・アイ・エスのバンコク店では日本行き航空券を20日間FIXで往復1万900バーツ(3万円弱)で販売しており、向こうの相場からしてもこのキャンペーンがいかに安いか、がわかるかと思います。やはりすべて込みで1万円では利益はでないでしょうが、キャンペーンとしての広告効果は大きいと思います。

http://www.his-bkk.com/air/8B/8B_intro_jp.php

Businessairparty

いずれにせよ、格安航空会社での知名度は今までエアーアジアが圧倒的でしたが、

今回グループにスカイマークエアーを保有するエイチ・アイ・エスのLCC分野への積極的な参入には拍手を送りたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

|
|

« 中国のネット環境は… | トップページ | 1万円バンコク航空券の結果は? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/40209688

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ1万円でバンコクに行けるのか?:

« 中国のネット環境は… | トップページ | 1万円バンコク航空券の結果は? »