« ニッポン500マイルキャンペーン延長! | トップページ | JALホテルとホテルオークラの完全合体はいつ? »

2011年4月26日 (火曜日)

燃油特別付加運賃は恐ろしい伏兵か

jAL,ANA共に燃油特別付加運賃(ジェット燃料サーチャージ)の6月1日からの料金が出そろいました。

この4月1日にこの料金は大幅値上げされたのですがshock

日本/北米、欧州、中東、オセアニア線:2万5000円←1万7500円←1万0500円
日本/インドネシア、インド、ハワイ線:1万6000円←1万1000円←6000円
日本/タイ、シンガポール、マレーシア線:1万3000円←8500円←4500円
日本/グアム、フィリピン、ベトナム線:8000円←5000円←3000円
日本/台湾、香港線:7000円←4500円←2500~3500円
日本/中国線:7000円←4500円←2500円
日本/韓国線:2500円←1500円←500円

上の表の見方は、1番左が6月1日以降、真中が4月1日以降、一番右が3月31日までとなっており、すべて片道ベースです。

外国系航空会社もそれぞれドル建ての発表もあったりしますが大同小異。

恐ろしい値段体系!

というよりも原油の値上がり、シンガポールケロシン価格の値上がりの連鎖なのですが・・・。

ところで、今年のゴールデンウイークの成田空港での搭乗率が昨年の約半分と新聞報道されておりました。 この落ち込みに対して旅行業界は夏休みシーズンでなんとか挽回しようと考えているはず。

そして、今年は節電で2週間ぐらいの長期の夏休みをとらせる会社が増え、

余暇が増えたので日本を脱出して海外にでも行こうか、と考える読者の数は増えそうなんですが・・・、

それにもかかわらず、仮に読者が旅行費用を計算していて、ハワイ行きの安い航空券を家族4人で手配できるとしても、 航空運賃以外に12万8000円の燃油特別付加金が・・・

ついてきますdown(嬉しくない!)、

ロサンゼルスのデズニーランド行きの航空券をカップルで購入しても、

10万円の燃油特別付加金がもれなく付いてきますdownshock

ということで、成田空港が旅行客で満杯になる見込みは、

今年の夏はなさそうです。

Jal

Ana

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナークリックお願いします。

人気ブログランキングへ

|
|

« ニッポン500マイルキャンペーン延長! | トップページ | JALホテルとホテルオークラの完全合体はいつ? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/39763400

この記事へのトラックバック一覧です: 燃油特別付加運賃は恐ろしい伏兵か:

« ニッポン500マイルキャンペーン延長! | トップページ | JALホテルとホテルオークラの完全合体はいつ? »