« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火曜日)

シンガポールまで往復8800円で

海外旅行でちょっと得する話IIから戻ってきた、

旅好きおやじです。

今後ともよろしくお願いしますね。

実践編は、海外旅行でちょっと得する話IIをご覧ください。

さて今日は、ジェットスターアジアの関空・シンガポール就航記念。

往復8800円で本当にシンガポールに行けるのか

・・・、

実験に行ってきましたcoldsweats01

難点は・・・、関空発なので仕事で大阪に行き、そこから関空に向かいます。

仕事先は新大阪のそばだったので、新大阪から空港列車「はるか」に乗って向かいました。

O01_2 

なぜか、車内はがらがら。

車両の中には管理人以外誰もいません。

それでも無事、一時間強で関西空港に到着。

O02_2

国際線フロアに向かいます。

O03

ここがジェットスター・アジアのチェックインカウンター。

カウンター内のお姉さんは、日本語、英語そして中国語を使っています(すごい)!

カウンターの女性に、ジェットスター・アジアはカンタス航空の子会社なのでカンタス航空のラウンジは使えるか聞いたところ・・・。

基本的にカンタス航空のラウンジと云うものが関西空港にはないということで、

一回下のクレジットカードのラウンジ「比叡」に行き一休みすることにしました。

O04

中には客が二、三名しかいません。

O05

小さめのラウンジですが、飲みものは、

O06

お茶ぐらいしかありません。

これにちょこっとおかきを頂きましたが、なんとなく居心地があまりよくなく、ものの十分もしないうちに、出てしまいました。

O07

なにしろラウンジの位置が分かりにく過ぎますね。商店街の一番端っこの壁のつきあたりにあるドアを開けて、人がいない廊下を左に行き、そして右に曲がるのです。

だから客もいないのでしょうね・

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月29日 (月曜日)

若いころの旅好きおやじの話はこれでおしまいです

先日のお約束通り明日から、

この海外旅行でちょっと得する話 http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/

を、旅好きおやじの旅行記やつぶやき(次回はシンガポール、マレーシア編です)に、

もうひとつのブログ、

海外旅行でちょっと得する話II http://trip-with-me.air-nifty.com/blog/

はお得情報の実践編にと、集約していきます。

両方ともごひいきのほどよろしくお願いいたします。

**************

さて読者の皆様、管理人、旅好きおやじの若かりしころの話も今日でいったん区切りをつけますね。

実家で、この初めての海外旅行の頃の資料が見つかったら、いつか画像付きで続きを書いてみたいです。

・・・・

管理人の、旅好きおやじはESSでスピーチコンテストや、ディベート、ディスカッション大会などのイベントに臨みながら、大学二回生(二年生)になりました、

自分では英語の実力が付いたのかどうか、まったくわかりません。

それでも、大学一回生の発音矯正をする立場になっていました。

そして、7月になり予定通りESSに休部届を出して、

大学のゼミの教授から脅かされながらも強引に、

五木寛之先生の小説、「青年は荒野をめざす」とまったく同じコースで

ヨーロッパに向かうことにしたのです。

17歳の頃に小説を読んでから4年目に、やっと夢が実現しそうです。

小説では、横浜港から青年は船で日本を旅立つのですが・・・、

管理人は関西です。

そのためにがW大に行った予備校の時の友人に電話をかけて、大阪から新幹線で東京まで行き彼の下宿に泊めてもらうことになりました。

到着した日は東京を案内してもらい、

その翌日、彼に横浜港に連れてもらって

目的のロシア船に乗り込んだのでした。

・・・。

やがて、哀愁のある出発の汽笛がなって、

船が徐々に岸壁を離れ、

旅好きおやじも生まれて初めての海外旅行に旅立つのでした。

(おしまい)

人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い間管理人の若いころの感傷におつきあいくださりありがとうございました。

もし、マイルやポイント、海外発券のコツ、外貨両替のコツなど、海外旅行でお得なネタに

ご興味のある方は、海外旅行でちょっと得する話IIをご愛読くださいませ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月28日 (日曜日)

管理人英語クラブでしごかれる

画像なし、記事がずいぶんと続きました、

・・・。

ま、別館の方の欧州旅行記がもうすぐ終わるので、もうしばらくご容赦をcoldsweats01

さて本編ですが、大学に入学した若いころの管理人(現、旅好きおやじ)は軽い気持ちで入ったESSで大いにしごかれます。

まず最初にやらせられるのが発音矯正を兼ねた、スピーチコンテスト。

確か「リンカーン大統領の就任演説」の原稿の、すべての文章の発音記号を手書きで英文の下に書かされ、それで先輩に発音を矯正してもらいます。

管理人にとって一番難しいのがLとRの使いわけ。

なにしろ日本語には「らりるれろ」しかないのですから、これを使いわけろと云っても至難の業。

そのほかに、「あいうえお」でも微妙な使いわけがのあるのです。

母音のあ、ぁ、バタフライサウンド(蝶のような発音記号)の「あ」と「え」、の中間のような音など。

それまで関西弁しか知らなかった管理人はとまどうばかりでした。学校の授業の合間には部室に行ってスピーチをチェックしてっ貰ったり、夕方からは毎日練習が続きます。

そしてスピーチ大会が近づくと、お寺を借りて合宿やらもあります。まあみんなと泊まるので楽しかったのですが。

ただ、管理人はヨーロッパへの単身脱出という目的があるので、他のメンバーと違い旅費の工面のためアルバイトもしなければなりません。

その上、ヨーロッパでは英語が通じない国も多々あるため、英語以外の他の言語も最低限は分かるようにしておかないと、自分の身に何かが起こった時にどうすることもできないという恐れがありました。

そこで一年生から、授業や部活がない時はアルバイトを欠かさず入れ、

夜は11時からはNHK教育テレビで「たのしいフランス語」、「やさしいドイツ語」を欠かさずに見て勉強。そして終わるや否や、ラジオのスペイン語講座、ロシア語講座をチェック。

当時は今の時代のようなDVDはなく、ビデオテープも一般には普及していなかったので、もっぱら聞き耳を立てて勉強する時代でした。

ある時などは、朝の4時半からビルの清掃のアルバイトに行き、8時半から工場でステレオコンポの組み立てのアルバイト。4時半にそれが終わると小学生の塾に行き、監督、採点などのアルバイトを終えて10時ごろに帰宅。夕食を大急ぎで食べてから語学講座の勉強と、今では逆立ちしてもできないような生活を送っていました。

そして旅費も少しずつ貯まってきて・・・、

(続 く)

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ、大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月27日 (土曜日)

なにも成し遂げなかった一年間

さて、正直言って予備校時代に勉強以外に何をしていたか、

パチンコ屋通いと、音楽喫茶に入り浸っていたりしていたこと以外には

あまり記憶がありません

・・・・。

つまり、無意味な浪人生活を送ってしまったわけですね。

まあ、海外に行きたいという、あこがれだけが、

かろうじて安易な生活に流され過ぎず、

ぎりぎりで踏みとどまっていた状況でしょうか。

成し遂げたものが何もないということは怖いことです。

年をとっても記憶に残るものが何もない訳ですから

・・・。

年が明けて、再度受験。

無意味な一年を送ってしまった管理人なので、

当然、目標の国立大学に合格するわけがありません。

さすがに二浪をする学生の数は少なく、

かろうじて受かった地元にある京都の私立大学に進学することにしました。

学部は商学部。

その中にある貿易実務論という学科に進むことに・・・。

理由は単純。「商業英語が学べる!」と説明にあったので、

ヨーロッパに行くときに少しでも役に立つのでは?と思ったからです。

こんなことで人生が決まって行っていいのかな?

とも思ったのですが、あまり深く考えずに選択してしまいました。

そして、大学の部活は何をしようか?

クラブ勧誘会であちこち覗いてみました。

高校生の時に町道場で空手をかじっていたので、空手部を覗いてみましたが

さすがに大学の空手部は猛者が集まっており、

学生の途中で休んでヨーロッパに行く、

と言えるような雰囲気ではなく、どうも四年間打ち込まなくてはならなそうで、

却下。

中学の時に入っていたバスケットボール部も、

結局何も成し遂げていなかったので大学レベルでの実力についていけない。

うーむ、

最終的にヨーロッパに行くのに町の英語学校に通っていたのでは高くて、

旅行費用も貯まらないだろうと思ったことから、

当時、部員数が400名を超えていた「ESS」という英語会話クラブに入ることにしました。

英語会話クラブだからお気楽、と思って入ったESSでしたが、大きな誤算でしたcoldsweats02

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように、下のバナーをくりっくしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月26日 (金曜日)

現在の若くない管理人のつぶやき

今日も海外旅行ネタと離れてしまってすみませんcoldsweats01

話は変わりますが、管理人の会社が今度移転することになりました。

二年前よりもかなり家賃相場が下がっています。

今、オフィスの空き室率が高止まりしており、

貸す側、借りる側で結構皆さんハードネゴをされているようですね。

そして今回管理人にとっては二年ぶりの賃貸契約ですが、

(前回もそうですが、)この賃貸業分野で不思議に思ったことがあります。

それは、まず借り手が先に金を振り込むことについてです。

敷金、礼金や保証金、そして来月分の家賃など・・・。結構な額になります。

そして貸し手は着金確認後に、

契約書に捺印をするという流れだそうですが。

普通は借り手と、貸し手とですべての金額を取り決めて、

双方のサインまたは押印を契約書にしてから

契約書通りに期日までに金を振り込むのが筋ではないでしょうか?

仮にです。

ある老人が人気の住みたい家があったとして、

その老人が問い合わせに行った不動産屋の提示する家賃は高すぎて

夢がかなわないとします。

そしてそこを出たところで、知らない男性が近寄ってきて、

「うちだったら、半値で貸しますよ。」とささやき、彼の事務所に連れて行きます。

そしてさっきの不動産屋で見せられたと同じようなコピー紙に、

半額の値段を書いた住みたい家の間取りが書いてあって

「人気があるのですぐ振り込みをしないと埋まっちゃいますよ。」と、

プレッシャーをかけられます。

老人はさっそく家に帰って礼金、敷金そして翌月の家賃を振り込みます。

するとさきほどの男から電話がかかってきて、

「着金確認しました。明日契約書に捺印してもらうので、午後一時に事務所にお越しください。」といわれ、

彼は翌朝事務所に行きました。

すると、

事務所はがらーんとしてもぬけの殻・・・・、

そこに同じように何人もの老人達がやってきて、

みんなその男にだまされた!と気づきました。

こう云う場合、契約書は一切取り交わされていませんね。

書面による契約がない以上、どうやって詐欺を立証するのでしょうか?

管理人の賃貸をあっせんしている不動産屋に聞いてみましたが、

彼も答えることができませんでした。

もしお詳しい読者の方がいらっしゃったらぜひ教えてくださいませ。

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も、最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ、大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月25日 (木曜日)

危うし若き管理人

三月が終わり、浪人生活に入りましたが、、行先が高校から予備校に変わっただけ。

相変わらず変わり映えのない生活です。

予備校と云っても、席順も決まっており、

あいうえお順に並んで座り、授業を受けます。

予備校自体がYMCAというだけあって、英作文や、英文法といった英語系の授業が充実していたように思います。

この予備校の場所は大阪の土佐堀というところにあり大阪大学の医学部がすぐそばにありました。

そしてこの土佐堀というところは大阪のキタと呼ばれる繁華街に結構近いところにありました。

そもそも繁華街の数は人口に比例し、東京だと、銀座、新宿、渋谷、上野、六本木などあちらこちらにあります。

これが大阪になると、キタとミナミに集約されます。

名古屋になると、錦が有名で、規模は小さくなりますが住吉というところもあります。

そしてもっと地方の町に行くと、今度は規模が小さくなり、札幌のススキノや博多の天神といったあたりになるのでしょうか。

さて予備校の教室では名前順なので管理人の近くにはいつも同じメンバーが座るので、徐々にみんなと顔なじみになっていきました。

それまでは自宅と高校まで自転車で通う距離で繁華街とは縁遠い生活を送っていた管理人だったのですが・・・、

周りのメンバーの影響を大いに受け(?)、予備校に入ってから毎日のようにパチンコ屋通いを、そして当時、音楽喫茶というすこし妖しげな匂いを振りまいているのにただ音楽を聴くだけという喫茶店に入り浸ったりと、

予備校へ行ったのに逆に勉強をまったくしなくなってしまったのです。

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月24日 (水曜日)

管理人受験に失敗、浪人生になる

管理人の受験生時代はさほど面白いこともなく、この時代の話は別の機会にゆずるとして早々に年が明けて1970年。

新年から受験モードです。

結論から言うと、管理人の目標の国立大学は受験結果はアウト!

なにしろ受験科目数が多いにもかかわらず、好き嫌いが激しくなりそれぞれの答案の出来具合にむらがありすぎましたshock

結局、すべり止めに受かった私立大学には行かず、

目標の大学をめざして、お気軽に一年浪人することに決めてしまいした。

何しろ高校の同級生の約半分は浪人だった時代ですから。

そして浪人すると決めた以上、予備校はどこに行くかということになり、

管理人が住んでいたのが関西なので予備校の種類も限られてしまいますが、

英語に関係する予備校がいいということで、「YMCA」という予備校に行くことを決定しました。

この予備校に入るのにも試験があり、予備校への入試で落とされる学生も結構いたんですよね。

大学に受からず、予備校に受かってなぜかほっとした、変な浪人生が誕生した1970年。

この時代はと云いうと、世界77カ国が参加した大阪万博が開催された年であります。

この時代は漫画や映画の「20世紀少年」で紹介されているので既にご存知の方も多いかもしれません。

そして、この頃から空の話題も多くなりました。

まず初の国産人工衛星が軌道に乗って世界で4番目。

次に日航機「よど号」ハイジャック事件。この頃は結構日本刀とか持ち込めた時代だったのですね。

そしてジャンボ機ボーイング747がソウル線に就航。それまでのDC10から大量輸送の時代に突入です。

秋口にはパレスチナ解放人民戦線がヨーロッパで旅客機をハイジャック、翌日にはカイロ空港でパンアメリカン機が爆破されました。

ヨーロッパ行きを夢見ていた浪人生にとってはこの事件は冷水を浴びせられたようなものでした。

(続 く)

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月23日 (火曜日)

管理人も高校三年生に

年が明けて、1969年を迎えました。

17歳の管理人も受験戦争へ突入モードですが、当時は目的の大学に受かるためには一年浪人しても当たり前、という今では考えられない時代だったので、

心のどこかに二年もあるから何とかなるだろうと精神的には余裕がありました。

そしてこの時代は今と違って、日本はGNP(国民総生産)が50兆円を超え、世界第二位に躍り出他時代ですsign03

日本経済の伸びは毎年20%を超えていたとか。

GNPとはなんぞや???ともし思われた読者の方がいらっしゃったら、国民の生産量を測定するのに1980年代頃まではGNPがよく用いられていました。

しかしながらGNPは外国に住む国民の生産も含んでおり、本来の国の生産を正確に計ることができないと云われだし、

近年では外国での生産活動分を除いた国内のみの生産を計るGDP(国内総生産)を使用することが多くなりました。

しかしGNPとGDPは日本の場合はほとんど同額だそうで、若干GNPの方が多かなという程度だそうです。

いずれにせよ、日本が中国に抜かれたとの話やら、プラスがほとんどない、という今年の話題とは隔世の感があります。

この当時、アメリカの雑誌「フォーチュン」誌の特集”世界の大企業二百社”のうちなんと45社が日本企業だったとのことです。今では何者でしょうね。

日本全体が高度成長に向けてまい進し、そしてがんばればがんばっただけ結果がついてきたという時代だと思います。

このころの時代の風潮についての余談はNHKのヒット番組「プロジェクトX」でよく放送されていました(管理人もあの番組を観ると昔を思いだしてしまいますが)。

番組の中で大人気となり映画にもなったストーリーが、ビデオテープVHSの開発物語。

ちょうどソニーがベータ・マックス、松下電器(現パナソニック)がVHSを発売したのがこの年ですよsign03

録画されるテレビ番組のCMも時代を反映したものが多く、

ちょっぴりセクシー系のコスモ石油提供の「Oh モウレツ」などはこれを代表するものでした。

白いパンツが(当然撮影用ですが)ちらと見えるぐらいのCMでしたが管理人はこのCMが始まっただけで恥ずかしくなった(笑)うぶな時代でした。

そうそう日産のフェアレディZが初めて発売されたのもこの年でしたね。

そして池袋にPARCOがオープン!

映画「フーテンの寅さん」がスタートしたのもこの年でした。

この時代には活気があったように感じます。

今は介護高齢化、未曾有の就職難、政策不在、円高による企業の脱日本化など、

当時は全く想像もできなかった時代になってしまいました。

経済面ではなにしろ1ドル360円!

今の80円ちょっとの時代と比較すると、なんと価値が四分の一近いわけですshock

shock

一方、管理人はこの時代に何ができるわけでもなく、ひたすら受験勉強に打ち込む毎日でした。

そして、それまで苦手だった英語は実力がつき始めてきたものの、それまで好きだった数学や物理、化学などへの興味が薄れ、実力が低迷し始めてきました。

人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくであさりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月21日 (日曜日)

1968年の世相は?

管理人が一大決心をした1968年、17歳の頃はどんな時代だったのか気になって調べてみました。

あの、あしたのジョーが週刊少年マガジンで連載がスタートになった年なんですね。

そしてこの頃は今と違って、ベトナムが南北で戦争の真っ最中shock

次に政治家の倉石農相が「憲法は他力本願でいかん。軍艦や大砲を所持すべきだ」と失言して辞任。

フランスではパリ大学分校閉鎖が端を発し、全国的なデモ、ストライキに広がり、フランス政府を揺るがすほどになったそうです。

面白いことにこの年、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」がNHKの大河ドラマになり、テレビ人気から小説もたちまち大ベストセラーになったそうです。

なんだか今の年と似ていますね。

川端康成氏がノーベル賞受賞したのもこの年。

今年はノーベル化学賞を鈴木、根岸両先生が受賞。

萩本欽一、坂上二郎氏らによるコント55号が結成されたのもこの年。

今年はコント55号の終了の年。

そしてこの年の一番大きな事件は、三億円事件!

いまだに解決していないミステリー事件です。

この当時の三億円と今の三億円は価値がちがいますね。あの三億円はいったいどこにいったのでしょう?

そしてメキシコオリンピックで釜本のゴールでサッカー史上初の銅メダル。

40年以上たっても、なんだか、時代は繰り返すという言葉を思い出してしまいました。

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月20日 (土曜日)

人生を変えたもう一冊の本

もうひとり、高校生の頃の管理人に大きな影響を与えた作家がいました。

それは小田実(まこと)先生です。

1961年に出版された単行本「何でも見てやろう」を読んで、

さらに海外に行ってみたい欲望が強まったのです。

当時は今と違ってなかなか海外に行けない時代で、旅行費用もかなり高く高根の花でした。

従い、人の旅行記を読んで疑似体験をしていたのですね。

管理人は以前に述べた五木寛之先生の「青年は荒野をめざす」で触発され、

この「何でも見てやろう」で人生が決まってしまったといっても過言ではありません。

小田先生は管理人よりも二十年ぐらい年上なのですが、生まれが関西。

小学校の頃に姫路に移り、その後大阪に戻ってから終戦。東京大学に入学し、大学院を卒業後、ハーバード大学に留学という華々しい経歴をお持ちですが、

管理人も関西で生まれ、小学校の頃に姫路に移り、中学生の時に大阪に戻ってきて、高校に入学するこの時点まで小田実先生と同じでした。

この似たような境遇が、よけいに当時高校生の管理人の共感を与えたのでしょうね。

小田実先生はご自身のHPにこう書かれています。

アメリカに留学したのも、べつだん「西洋古典学」をきわめるためではなく、留学後にアメリカ内部、メキシコ、ヨーロッパ、中近東、アジア各地を歩いて帰ったあと書いたのが「何でも見てやろう」だったと。

そしてこの「何でも見てやろう」の冒頭の数行が彼の動機をすべて言いあらわしているそうです。

”「ひとつ、アメリカヘ行ってやろう、と私は思った。

3年前の秋のことである。理由はしごく簡単であった。

私はアメリカを見たくなったのである。

要するに、ただそれだけのことであった。

アメリカ合州国だけではなかった

私は世界を見たかった。

留学を足がかりにさらに大きな旅に出た。

これが「何でも見てやろう」の旅だ。

この冒頭の数行が管理人の当時の気持ちと非常に似通っており、大いに共感を得たものです。

管理人もヨーロッパに行って何を成し遂げよう、とか大それた目的ではなく、

とにかく行ってみたい。

それまでの生活とヨーロッパに行くことによって何かが変わるんじゃないか?

というあいまいな動機でした。

(続 く)

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外旅行で直接得する話になhなっていませんが、もうしばらくがまんしてくださいね。

我慢してやろうと思われる方は、下のバナークリックをお願いしますcoldsweats01

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月19日 (金曜日)

17歳高校生に海外が見えてきた?!

毎週しつこく食い下がる高校生に・・・、

両親は根負けしたのか、提案が出てきました。

1.海外旅行に行ってもよい。

2.その代わり高校生で行くことはままならぬ、大学に入った後に限る。

3.両親は渡航費用を一円も出さない。行く気があるなら自分で貯めろ。

の三点です。

一挙に世界がばら色になった気がしました。

でも、よくよく考えると二、三年のうちに気が変わるだろう。そして渡航費用を自分で貯めることもできないだろう、との読みが両親にはあったのでしょうね。

当時、受験を控えていた高校生でしたが、

ヨーロッパに行ったら・・・、みんなどんなファッションをしているのだろう?

宿泊するところはどんなところなんだろう?

言葉は通じるのだろうか?

今まで日本から一度も出たことがない高校生の夢はふくらむばかりです。

恥ずかしい話ですが、その当時は英語が大の苦手で

話すことはおろか、文法もあやふやな状態でした。

早速、英語の勉強を基礎からやり直すことにしました。

英単語は当時「赤尾の豆単」と呼ばれる手のひらに載るような赤い単語集が受験生の間で流行っていたのですが、それを最初から暗記していったのです。

いつも最初のページから繰り返し見直していたので、

そのおかげでアルファベットのAで始まる単語だけは完ぺきになりました(苦笑)

文法は「西尾の英文法」と呼ばれる早稲田大学の西尾孝教授の「実践英語水準表」をもとに猛勉強。

自分がいざ海外で危ない目にあったとき、言葉がしゃべれないと困ったことになる!と思うと必死になって勉強するものですね(苦笑)

この頃から海外旅行と名のつくものはなんでも片っ端から読みあさりました。

ちなみにこの頃の為替レートは1ドル360円!

(続 く)

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月18日 (木曜日)

海外旅行にめざめた高校生

それはある夏の暑い日だったと記憶しています。

当時は今のようなテレビゲーム、psp、携帯ゲームなどの娯楽がなく、

もっぱら映画、テレビ、ラジオそして本を読むことが娯楽でした。

そして当時は雑誌の週刊プレイボーイ、平凡パンチが高校生に人気ナンバーワンの雑誌でした。

今ではどうということもないヌード写真に、当時はみんな目がくらくらするほど惹かれたものす。

その平凡パンチに1966年から連載されていたのが、五木寛之先生の小説,

{青年は荒野をめざす}

でした。

その当時雑誌にこの小説が連載されていたのは知っていたのですが、

何しろお金がない高校生。

もっぱら本屋での立ち読みで済まし、小説までは目が回らなかったのです。

それが文庫本化(単行本化だったのか記憶はさだかではありません)されて、

一冊の小説として読んだのが1968年でした。

以前から連載されていた小説で気にはかかっていたのですが、

本のページをめくり始めてから一気に読み終えました。

その直後から身体に電気が貫いたように、小説の主人公と同様にヨーロッパに行きたくて、行きたくて、たまらなくなってしまう感情が湧きあがりました。

この感情は数日しても収まることなく、余計に強くなってきます。

早速、両親に「俺、ヨーロッパに行くことにする。」と云うと、

両親は冷ややかな目で、一言「あほ」coldsweats01

確かに、自分一人では一円も稼げない状況下で、

ヨーロッパに行くsign03と、親にいっても何の説得力もありません。

しかし、ヨーロッパに行きたい、という思いは募るばかりです。

なぜか、あきらめきれずに、しつこく

何度も、

何度も、

両親に食い下がりました。

そして・・・・、

(続 く)

別館の旅行記の方もよろしく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように、下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月17日 (水曜日)

大事なお知らせです!

この春から暫定的に弊社スタッフにこのブログを使って来て貰いましたが・・・、

なかなか、ネタが思いつかないようで、徐々に更新の間が空いてきましたcoldsweats01

そこで、別館(海外旅行でちょっと得する話II)で小生が書いてきている旅行記と、

日常管理人が思うことを徐々にこちらに集約していこうと思います。

現在のヨーロッパ旅行記が終わった時点から正式に再編していきますね。

そして、ちょっと得するお得ネタの実践編を別館(海外旅行でちょっと得する話II)に集約していきますので、読者の皆様、今後とも本館、別館ともよろしくご愛顧お願いいたします。

スタッフがまたブログをやりたくなった場合には別途開設しようと考えております。

ということで、

そもそも、管理人が海外旅行というものに本格的にめざめたのは・・・、1968年でした。

それまではテレビで兼高かおる世界の旅を毎週見て、海外にあこがれる子供時代を送っていたのですが、なんとこの番組は1958年から30年以上も続いた長寿番組だったのですね。提供は世界の翼パンアメリカン航空(略してパンナム)

最近知ったのですが、TBSは2007年から毎週日曜日の朝に再放送をしているそうです。

ぜひ懐かしい番組をみてみなきゃwink

そして管理人が高校生の頃です。

当時は受験戦争という言葉がはやっていて、浪人してでも自分の希望する大学に行くのがあたりまえの時代でした。

この頃流行っていた音楽がフォークソングで、わが高校の先輩が学校の日常をフォークソング用に作詞し、高石ともやが歌ったら大ヒットsign03

その歌は「受験生ブルース」という歌です。

おいで皆さん聞いとくれ
ボクは悲しい受験生
砂をかむよな味気ない
ボクの話を聞いとくれ

朝は眠いのに起こされて
朝めし食べずに学校へ
一時間目が終わったら
無心に弁当たべるのよ

昼は悲しや公園へ
行けばアベックばっかりで
恋しちゃならない受験生
ヤケのヤンパチ石投げた

夜は悲しや受験生
テレビもたまには見たいもの
深夜映画をがまんして
ラジオ講座を聞いてるよ

テストが終われば友達に
ぜんぜんあかんと答えとき
相手に優越感与えておいて
後でショックを与えるさ

母ちゃんも俺を激励する
一流の大学入らねば
私ゃ近所の皆様に
あわせる顔がないのよ

ひと夜ひと夜にひとみごろ
富士山麓にオウム鳴く
サインコサイン何になる
俺らにゃ俺らの夢がある

「アドリブを一発」

マージャン狂いの大学生
泥棒やってる大学生
八年も行ってる大学生
どこがいいのか大学生

「結論でございます」

大事な青春無駄にして
紙切れ一枚に身をたくす
まるで河原の枯れすすき
こんな受験生に誰がした

「フロクもついてるよ」

勉強ちっともしないで
こんな歌ばっかり歌ってるから
来年はきっと歌ってるだろう
予備校のブルースを

もろ、管理人の高校の内容でございます。

個人ブログなので、先輩に云わず勝手に歌詞を載せちゃいました(ごめんなさいcoldsweats01

一時間目が終わったら弁当食べ終えて、昼休みには学食でまた食べに行ったり、ストレスをやけぐいで発散していた高校時代です。

そしたあのことに出会ったのは・・・1968年の事でした。

(続 く)

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きを読んでみようかなと思われたかたは下のバナーからぜひ応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月15日 (月曜日)

来た!!ハンドプレッソ

みなさんはコーヒー好きですか?

僕は毎日コーヒーを飲んでます。いつからかは正確には覚えてないんですが、高校の時からだと思います。高校の時、カナダに2年間留学したことがあるんですが、そこで飲んでたチームホルトンのコーヒーが忘れられないです。それに最近とても寒くなってもうアイスコーヒーは飲む気になりません。それで何度も家でコーヒーメーカーを買って自分で作って飲みたいと思いましたが、コーヒーメーカーの大きさやいろんな手間がかかるので結局諦めました。

そこでみなさんに今日ご紹介するのは、家でももちろん、出張先、旅行先でも気軽にエスプレッソが楽しめるハンディタイプのエスプレッソマシンです。

長さ22cm、最大幅10cm程度なのでエスプレッソマシンを置く場所がない家や、もっと気軽にエスプレッソを愉しみたい方も場所を取らずに簡単に使用できます。

Img10533589588クリックcafe

ただ、カフェポッドはついてないです。。近くのコーヒー専門店で購入することはできるんですが、ちょっとめんどくさい。。

でも美味しいコーヒーのためなら!と思う方には取って置きのものです。

トリップ・ウィズ・ミーではハンドプレッソ以外にもたくさんの良いアイテムが揃ってますので、是非一度見てみてくさだいね。

これからも良いアイテムを皆さんに紹介していきますのでよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 9日 (火曜日)

TSAロック対応のスーツケース

こんにちは。

みなさんは、今年の冬、どこか旅行に行く予定はありますかhappy01??

今日は、アメリカ方面に行かれる方が知っているとちょっと得する、TSAロック対応のトランクshineのご案内をしたいと思います。

mobaqTSAロックとは?

TSAロックはアメリカ運輸保安局 TSA(Transportation Security Administration)によって認可・容認されたロックで、セキュリティチェックが最も厳しいアメリカであっても、カギをかけたまま航空会社に預 けることができるロックですkey

アメリカでは、同時多発テロ後にセキュリティチェックが厳しくなり、空港で預けた荷物に鍵がかかっていると、チェックの際に鍵を壊されてしまうことがあります。

でも、TSAロック対応のスーツケースなら、TSA職員が特殊なツールを使って鍵を開け、検査のあとはまた鍵をかけた状態で戻してくれるので、便利なんですchicknote

トリップ・ウィズ・ミーのショッピングサイトでは、TSAロック対応のスーツケースを販売しています。

アメリカ方面にご旅行の方も、スーツケースをお探しの方も、ぜひお立ち寄りくださいupup

今日の担当はmizuhoでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 8日 (月曜日)

サイクルモードインターナショナル2010

あ。。寒い。。

今年の秋は本当に寒いですね。。

寒い時はなんか家から出たくなくなって、やる気がなくなりますよね?

でもこういう時こそ運動しないといけないと思います。

一日3食を食べてずーと家にいると太るのは時間の問題。

冬が終わって春がやってきた時に今度は家から出られなくなる。

その理由、みなさんはわかりますよね?

それで今回は寒い秋、冬でも体を動かす理由を与えてくれるアイテムをみなさんにご紹介させていただきたいと思います。

「HELLO KITTY 20インチ折りたたみ自転車」←クリック

Img10533648622

可愛いですよね?

とにかくこれを今すぐゲットしておきましょう。

そうするとこれに乗らない理由はないですよね?

買ったからには乗らないと意味がない。だから乗る。そして自然と体が動く。

素晴らしいと思いませんか?happy02

まぁ、この自転車は男が乗るにはちょっと。。って感じですが、大好きな彼女にプレゼントするのもいいのでは?heart

あ、ちなみに自転車の総合展示・試乗会「サイクルモードインターナショナル2010」が、千葉県の幕張メッセで7日まで開催されました。

昨日で終わったのですが、まだ大阪会場で 11月13日(土) 10:00~17:00 / 11月14日(日) 10:00~17:00に開催されるそうです。

詳しい情報はhttp://www.cyclemode.net/こちらのサイトで。

試乗もできるので自転車好きには二度とないチャンスかもしれないですね。

トリップ・ウィズ・ミーでは自転車以外にもたくさんの良いアイテムが揃ってますので、是非一度見てみてくさだいね。

これからも良いアイテムを皆さんに紹介していきますのでよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »