« 「韓国のあかすり」 - 子供編 - | トップページ | スイスの夏の楽しみ方 »

2010年8月 3日 (火曜日)

フィジー人とインド人の対立

以前、フィジーについていくつかの記事を載せていましたが、

4ヶ月フィジーに滞在していた私からも一つ投稿させていただきますhappy01

フィジーといえばやっぱり青くてキレイな海を想像しますよねーheart

フィジーはたくさんの島から成り立つ国で正式名称は「フィジー諸島共和国」

地球上ではちっーちゃく南太平洋に位置しています。

一番大きい島はビチレブ島といい、バヌアレブ島、タベウニ島と続きますが、

島の総数は330以上!

主に有名なリゾート地はビチレブ島から近く、マナ島もあるママヌザ諸島、

ママヌザからもう少し足を延ばせば海がよりキレイなヤサワ諸島があります。

基本的情報はこの辺にしておきまして笑

今日話したかったことはフィジーに住む人についてshine

「フィジーに住んでる人ってフィジー人でしょ?」

→はい、確かにそうです笑

しかしフィジー人だけでなくインド系フィジー人もいるってことをご存じですか?

フィジーは不思議なことに、原住民フィジー人50%、移民であるインド人50%が

半々の割合で生活しているんですsign03

日本では考えられないかと思います(例えば日本に日本人とアメリカ人が半々で住んでいる感じ!)

これは昔フィジーがイギリスの植民地だったことが理由に挙げられます。

現在はどちらも独立していますが、昔はフィジーもインドもイギリスの植民地でした。

フィジー人の気質はゆったり、おおらか、その日生きることができれば幸せ。周りの人が困っているのならばみんなで助けようじゃないかと考えている。

とっても良い性質なのですが、どちらかと言えば働き者ではありません笑

反対に、インド人の気質は日本人に似ていて、几帳面、まじめ、働き者、将来のために今できることを考える、自分の生活を第一に優先する。

イギリスの人はこのことに目を付けて、

インド人のある一部をフィジーに送り込み、彼らはフィジーで働き、生活するようになりました。

そして現在、インド人が作り上げた、サトウキビ製糖工場が主な輸出元となり

またリゾート地としても注目されるようになり少しずつ国の発展につながるようになりました。

しかし表向きにはフィジー人、インド人と仲良く一緒に生活しているように見えますが、

「見えそうで見えていない対立」

が現在も存在しています。

1つは宗教の違い。

フィジーは主にキリスト教、インド人はヒンドゥー教またはイスラム教。

これにより生活習慣(特に食生活)が違ってきます。

しかしフィジー人は基本的に何でも食べるので、インド系料理も普段から食べていますが、

インド人は私が見る限りフィジー料理は食べません。

2つ目は就職について。

インド系企業でない限り、ほとんどの企業はまじめなインド人ではなく、まずフィジー人を

優遇し、採用します。そのため採用する側もフィジー人がほとんどということになります。

この状況は前々から続いているため、インド人は少しでも高い学歴を目指し小学校の頃から勉強熱心で良い就職先を見つけようを必死だと聞きました。反対にフィジー人が勉強熱心というイメージはそんなになかったです。

そして最後に政治について。

現在の大統領はフィジー人ですが、今までにインド人が大統領になったのは過去1回のみ。

1度インド人が大統領になった際、大規模なクーデターがフィジー人により起きてしまい、失脚してしまったとのこと。

この政治体制は今後も続くと思いますが、

この「見えない対立」は直らないものなのでしょうか?

フィジーのゆーったりのーんびりしたイメージがこの記事を読んで

ガラリと変わったと思う方もいるかもしれません。。。。

フィジーにはフィジー人だけじゃなくインド人もたくさんいるってことを

知っていただけたら嬉しいです☆

最後まで読んでくださってありがとうございましたsun

今回はフィジーのお話でしたが、他の国情報満載、トリップ・ウィズ・ミーサイトもぜひチェックnote

フィジー大好き日本人maiでしたribbon

Br_banner_suika1

|
|

« 「韓国のあかすり」 - 子供編 - | トップページ | スイスの夏の楽しみ方 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「韓国のあかすり」 - 子供編 - | トップページ | スイスの夏の楽しみ方 »