« スイスの夏の楽しみ方 | トップページ | スーパー大好きオーストラリア »

2010年8月 5日 (木曜日)

暑い国より暑い東京

ブログネタ: 一年中暑い国と一年中寒い国、住むならどっち?参加数拍手

と聞かれたら、どっちを選びますか?

私は迷わず暑い国を選ぶ派ですcoldsweats01

5年弱の間インドネシアのバリ島という、赤道のすぐ南に位置する島に暮らした経験を踏まえて言うと、暑い国に暮らす利点は、

oneあまりお金をかけずに暮らせるyen

two暑さで思考回路が溶けてくるtyphoon

というところでしょうか…

①に関しては、物価が安い、ということもありますが、それ以外にも、暑いから光熱費が少なくすむ(もちろん冷房かけっぱなしではそうはいきません!)とか、服や身の回りの物も寒い季節用の物がいらない、ということもあります。

それから、暑くて植物が繁茂するから何となれば食糧もその気にさえなれば、日本などより簡単に作ることができます。

実際、バリ島に住んでいたころ、食べ終わったパパイヤやマンゴーの種を庭に捨てておくと、あっという間に芽budが出て成長していくのでびっくりしたものですbanana残念ながらマンゴーは結実まで見届けられませんでしたが、パパイヤは半年ほどで立派な実がたわわに実り、沖縄風のパパイヤ漬けを楽しみました。

日本では一年草と呼ばれる野菜やハーブ類が冬が来ないので数年にわたって茂り続けるのを見るにつけ、南国暮らしはなんてHEMAT(へマット=インドネシア語で経済的)なんだろうと感心したものです。

②についても書こうと思いましたが、時間がなくなってきたので、続きは次回に…

yogini-Jhappy01でした。

Br_banner_suika1

|
|

« スイスの夏の楽しみ方 | トップページ | スーパー大好きオーストラリア »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スイスの夏の楽しみ方 | トップページ | スーパー大好きオーストラリア »