« パリのカフェ、その舞台裏とは | トップページ | 南イタリア、アマルフィ海岸 »

2010年8月30日 (月曜日)

トルハルバン

6a0120a6cb30cf970b012875ccdd9d970c5

皆さんこんにちは!

今日は8月30日ですね。明日は8月31日。なんか夏が終わろうとしているような気がします。それで今回は「トルハルバン」です。

夏の終わりと何の関係があるの?って聞かれても何にも答えられませんが、とにかくトルハルバン!!wink

皆さんはチェジュドへいったことはありますか?sign02

韓国へ旅行に行く人はそのほとんどがソウルかプサンですよね?それに最近はチェジュドのイメージがギャンブルの島になっている気がします。でもチェジュドにはいろんな楽しいものがあります。その一つが石のおじさんであるトルハルバン!!

チェジュドには合計45のトルハルバンがあります。

僕は生まれてトルハルバンより格好良い?おじさんは見たことがありません。

特に目が丸くて大きい。口と鼻も大きい。平均高約180cm。韓国伝統の帽子もかぶってて、肌はあんまりキレイではありませんが、それもまた一つの特徴ですね。good

チェジュドの守り神という説や、宗教的な意味があったという説、あるいは豊穣のシンボルだったのではないかとする説、単に位置を示す目印だったという説などさまざまではありますが、今日でもトルハルバンの鼻を握って願いを唱えるとその願いは叶えられると一部では信じられているようです。

皆さんも鼻を握って願いを唱えてみてはいかがでしょうか?

トリップ・ウィズ・ミーのサイト上では、韓国をはじめヨーロッパ、アジア、アメリカ、オセアニアのガイドブックを取り揃えていますbook

人気ブログランキングへ

今日の担当はミンキュでした。

|
|

« パリのカフェ、その舞台裏とは | トップページ | 南イタリア、アマルフィ海岸 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/36444526

この記事へのトラックバック一覧です: トルハルバン:

« パリのカフェ、その舞台裏とは | トップページ | 南イタリア、アマルフィ海岸 »