« CLUB MEDの食べ放題には大満足!! | トップページ | リゾートの定義ってなに? »

2009年8月29日 (土曜日)

親友の死に接して・・・

申し訳ありませんが今日は旅行の話ではありません。

実は大学時代からの親友が一昨日亡くなりました。

それで、本日は急きょ早朝から葬儀に参列するために大阪に飛んできています。

彼 (Y氏)はバイタリティに溢れた人物で、大学時代には同じ英語クラブで過ごした仲間で、当時いろいろと苦しい時に彼の活力を何度も分けて貰った気がします。

彼は五年ほど前から某社の現地法人の役員としてフィリピン・マニラに駐在しておりました。

ところが、4月ごろに体調に異変を感じ病院で検査を何度も受け、そして二か月ほど前に骨肉腫だと判明。日本の病院からはもはや打つ手はないと宣言されたそうです。

残された療法は対処療法のみだったとのことですが、四国の病院に入院し、それでも彼は持ち前のバイタリティで、「こんな病に負けてたまるか。絶対に治ってやる!」と必死に病魔と戦っていたそうです。

そして病院でも苦しさを他の患者に一切見せず、彼のエネルギーを周囲に振りまいていたそうです。

そんな彼が、あっけなく逝ってっしまったとは

今でも信じられません。

葬儀場で彼の顔を見せてもらいましたが、不思議に非常にやすらかな表情を見せていました。今でも目を開けて笑ってくれそうな・・・。

葬儀の最後に、彼の長男が喪主として挨拶するときに彼の亡くなる前に彼に依頼したのか、「こんな場で、こんなのとを言うのは恐縮ですが、ぜひ笑顔で彼を見送ってやってください」。

と、いっていました。

一年半ほど前には大学に入る前からの長年の親友で英語クラブでもずっと4年間一緒だった友人も、一年半にわたる癌との闘病生活の結果亡くなってしまいました。

また、二か月ほど前には大学の英語クラブの先輩も同じく癌で亡くなりました。

ここ数年で立て続けに周りの知り合いが何人か亡くなってしまい、

「生きるということは、いったいどういうことなのだろう」と今日は考えてしまっています。

故人の冥福をお祈りいたします。

合掌

Banner2

|
|

« CLUB MEDの食べ放題には大満足!! | トップページ | リゾートの定義ってなに? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お辛いですね。

>「葬儀の最後に、彼の長男が喪主として挨拶するときに彼の亡くなる前に彼に依頼したのか、「こんな場で、こんなのとを言うのは恐縮ですが、ぜひ笑顔で彼を見送ってやってください」。と、いっていました。」
気丈なご子息様ですね。またご友人も、自分の最期をしっかり悟っていらっしゃったんでしょう。

僕は、こんな詩を思い浮かべました。
「あなたが 生まれたとき、
周りの人は笑って、
あなたは 泣いていたでしょう。

だからあなたが 死ぬときは、
あなたが笑って、
周りの人が 泣くような人生を
おくりなさい。」

心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌

投稿: FK | 2009年8月30日 (日曜日) 09時08分

周りにいる友人が、ひとり、またひとりと消えていくのはいたたまれないものです。


FKさまが以前ブログに書かれていたセリフですよね。

葬儀場でわたしもこの言葉を思い出していました。
残った人生を悔いのないように生きて笑って逝きたいです。

投稿: 旅好きおやじ | 2009年8月31日 (月曜日) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/31154541

この記事へのトラックバック一覧です: 親友の死に接して・・・:

« CLUB MEDの食べ放題には大満足!! | トップページ | リゾートの定義ってなに? »