« 空港からの移動は地下鉄が断然お勧め! | トップページ | 旅行ガイドブックの功罪? »

2009年8月11日 (火曜日)

歴史のあるリゾート、地中海クラブ!

今、インドネシア・ビンタン島の地中海クラブ(CLUB MED)に来ております。

ここはフランス・パリに本社を置くバカンス会社によって1950年に設立されたバカンスリゾートで、最近は地中海クラブという呼び名よりもCLUB MEDの呼び名の方がよく聞かれます。

人気ブログランキングへ

ここの管理人が一番最初に地中海クラブに行ったのは、約25年前のタヒチでした。

その時のIMPACTはすごいもので、それ以降、管理人は完全に虜になってしまったのです。

宿泊費から食事(食べ放題)、飲み物(ワインもビールも飲み放題)、ショーの見学、イベントの参加費などすべて代金に込み、という点にひかれて、今まで10か所(世界中に100か所ぐらいのCLUB MEDがあるそうですが)、そして通算ニ十回ぐらいは滞在しています。

ところでここビンタン島はシンガポールからフェリーで55分。そしてCLUB MEDはビンタン島のフェリーの発着場から車で約15分のところにあり立地はすごくいいです。

たぶん海外のCLUB MEDの中では地の利で見れば日本から一番近いところでしょうね。

あとは、チェラティン、プーケットの順でしょうか?

人気ブログランキングへ

と・

さて、ここの管理人のように、海外発券や、マイルの特典を使ってあちこちと行く場合には、日本で募集している日本発ツアーには参加しづらく、どうしてもCLUBMEDの予約などの必要最小限だけになってしまいます。

ところが、日本でハイシーズンに宿泊予約だけをすると、べらぼうに高い!

そして最近では、CLUB MEDの海外サイトで値段を調べても、居住国を日本と書くと、日本での予約と値段を合わせているのか、日本よりも高い値段に設定されています。

この場合少しでも安くする裏ワザをお教えしますと・・・、

現地の旅行代理店に頼むことです。

昔は個人で現地のCLUB MEDに宿泊を申し込むとローカルの料金が適用されたのですが、今は居住国が日本というだけで割安感はなくなります。

ところが、旅行代理店経由で代金を支払うと現地の割安レートがとれる確率が高くなります。

みなさんも、一度トライされてみてはヵがでしょうか?

人気ブログランキングへ

ビンタンの写真は後日整理してからアップしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

下のバナーをクリックしていただければ嬉しいです。

Banner2

|
|

« 空港からの移動は地下鉄が断然お勧め! | トップページ | 旅行ガイドブックの功罪? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私の父は、1960年ごろ、パリの地中海クラブの研修生で、パリに下宿していました。

私は、来週2/23~3/3まで、一人でパリへ行き、亡父の足跡を少したどろうと思っています。

家には、1960年ごろのタヒチのパンフレットもあります。

管理人さん、パリの地中海クラブ(クラブメッド)の住所、エールフランスの住所をご存知でしたら、教えてください。

亡父は、1964年の東京オリンピックではフランス選手団やフランス人観光客の受け入れ送り出しをしていました。

お返事、頂けると幸いです。

投稿: 富士 | 2010年2月18日 (木曜日) 15時49分

富士様

コメントありがとうございます。

小生はパリの本社に関しては1旅行者なのでさほど詳しくはないのですが、以下のサイトにコンタクトされてはいかがでしょうか?

http://www.clubmed-corporate.com/?cat=206

法人としての問合せ先なので、何等かは教えてくれると思います。


エアーフランンスの本社は、こちらのようです。

http://corporate.airfrance.com/en/contacts/head-office/

来週からのご尊父様の足跡をたどる旅が実り多きものになることをお祈りしております。

投稿: 旅好きおやじ | 2010年2月19日 (金曜日) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/30912535

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史のあるリゾート、地中海クラブ!:

« 空港からの移動は地下鉄が断然お勧め! | トップページ | 旅行ガイドブックの功罪? »