« 海外発券の代金をいかに安く支払うか??? | トップページ | がんばれ日本の航空会社! »

2009年2月 5日 (木曜日)

両替で無駄な手数料をぼったくられないために

下記を見てください。

某大手銀行の本日の外国為替レートです。

オーストラリアドル:TTM57.49円

TTS 59.49円 現金売り67.19円

TTB 55.49円 現金買い47.79円 

我々がFX取引などで一般的に見聞きしているのはこのTTM(電信電話売買の仲値)という数字です。我々が銀行に日本円を持って行って海外に送金してくださいというと、TTS(銀行から見れば、顧客に外貨を売ってあげるという立場なので売り、つまりSELLのS)のレートが適用されます。逆に海外からオーストラリアドルを送ってきたら、ドルを買ってあげるわよ。というのが銀行の立場なのでTTBが適用されます。

仮に家族3人の旅行費用として50万円を送金しようとすると、銀行の送金手数料が4000円前後差し引かれるので、送金できるのは8,337オーストラリアドルになります。

そしてもし銀行でオーストラリアドルに現金化して、オーストラリアで航空券の代金を現金で払おうとすると、送金手数料はいりませんが、現金売りの69.19円が適用されるので、7,226オーストラリアドルにしかなりません。酷い話ですね。

そして、昨日お話した方法を使うと、海外送金が安いレートできて、海外発券後もおつりが出てくるほどです。

それは・・・、ある種のFX口座を利用することなんです。

なんだ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、本当にクレジットカードよりも有利なレートなんです!

そして空港の両替所は本当に最悪です。ヨーロッパの空港などレートが最悪なうえに両替所手数料というものもとられます(あ、シドニー空港の両替所も同じです)。

FX口座といってもいろいろありますが、管理人が口座を開設しているところはこの下の二つです。

ひまわり証券:

http://fx.himawari-group.co.jp/campaign/fxcamp_08_008_hits.html

NTTスマートトレード:

http://www.nttsmarttrade.co.jp/mechanism/delivery.html

細かい説明はページの関係からリンク先をご覧になってください。

ひまわり証券の場合は自分の口座の中のコンバージョンというアイコンをクリックすると、

お好みの通貨に両替してくれます。

そしてこのドルを自分の銀行口座に出金してもらうのですが、管理人もこれらのFX口座から日本の大手都銀に出金してもらって4000円ぐらいの手数料を取られました、しかもマネーロンダリングの調査という名目でしつこく用途を聞かれます。

ところが、シティバンクに外貨のマルチ口座を作ると、そこへFX口座から出金してもらっても、送金手数料も受取手数料もかかりません。

実は上記二社とも出金の対象銀行はシティバンクになるのです。

この方法だと、二社の間で手数料等が若干違いますが、計算すると50万円を両替して手取りは8600ドル以上となります。、上記の8337ドル7226ドルと比較して大幅なメリットがあるのがわかると思います。厳しい時代、無駄な金は控えて賢く旅行しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までありがとうございました。

下のバナーをクリックしてもらえればうれしいです。

Banner2

|
|

« 海外発券の代金をいかに安く支払うか??? | トップページ | がんばれ日本の航空会社! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/27804999

この記事へのトラックバック一覧です: 両替で無駄な手数料をぼったくられないために:

« 海外発券の代金をいかに安く支払うか??? | トップページ | がんばれ日本の航空会社! »