« ひょっとしてこれはスイートルーム? | トップページ | 恐るべし、カンタスファーストクラスラウンジ!! »

2009年1月27日 (火曜日)

航空会社の路線廃止、減便の影響は・・・!

連日のように新聞をにぎわしている航空会社のリストラ、減便。

JALさんは2008年下期に26路線の廃止、減便を発表していますが本日の新聞発表でも、12路線の廃止、減便を発表しています。また同様にANAさんは10路線の廃止、減便です。

((国内線))

関空=女満別、旭川、青森、帯広、釧路の廃止。

関空=羽田の減便

((国際線))

関空=ロンドンの廃止

成田=ニューヨーク、ソウル、バンコクの減便

貨物路線では、成田=マニラ、関空=台北を廃止。

ANAさんは、

((国内線))

神戸=仙台の廃止

関空=羽田など6路線の減便

((国際線))

中部国際空港=広州など2路線の廃止。

こうしてみると、関西空港線の廃止、減便がすごく多いですが橋本知事が孤軍奮闘しているなかで今回は爆弾のようなものでしょうね。

なにしろ、関西空港の離発着料が日本一高いため、どうしても採算が悪化した航空会社からはこの空港が敬遠される傾向があります。

利用者の立場から見れば、新大阪駅からJRの「はるか」に乗って関空に行くか、またはなんばから南海電鉄の「ラピータ」に乗って到着するわけですが、伊丹空港と比べて圧倒的に地の利が悪いのと、移動の電車代が高い。

どうしても飛行機を利用する場合は伊丹空港経由になってしまいます。

今回の新聞報道では航空会社の立て直し策や廃止・減便に目が行ってしまいますが、実はこの決定には関空の存続、というもう一つの爆弾を抱えています。

一時期はパナソニックから社長が派遣され、関空の立て直しが期待されたのですが、ところが昨年10月からの未曾有の景気悪化、そしてそれに伴う出張者や旅行客の激減、は関空にも有無を言わせない状況にさせていました。

管理人としては今の関西の経済状況では、伊丹空港、関西空港そして神戸空港の三空港は多すぎると思いますね。

ちなみに、トヨタがバックについている中部国際空港は、昨年度の国際貨物の取扱いが前年度の三分のニ以下に落ち込んでいるそうです。

Banner2

|
|

« ひょっとしてこれはスイートルーム? | トップページ | 恐るべし、カンタスファーストクラスラウンジ!! »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/27513387

この記事へのトラックバック一覧です: 航空会社の路線廃止、減便の影響は・・・!:

« ひょっとしてこれはスイートルーム? | トップページ | 恐るべし、カンタスファーストクラスラウンジ!! »