« 英国人のキャプテンクックの家がなぜオーストラリアに? | トップページ | アーユー ハングリー・ジャック? »

2009年1月17日 (土曜日)

あ、いったい何の日なのかな??

メルボルンのフィツロイ庭園を散策したついでに、電車に乗って市内に足を延ばしてみました。

Img_4098

庭園から覗くメルボルン市内のビル群。

Img_4099

ホテルの向かいがちょうど駅なので、ここから電車に乗ってみましょう。

Photo

場所はこの航空地図の、真ん中下にある「電車のマーク」subwayがある駅です。

Img_4100

無人改札の駅ですね。

画像の右の「青い自動切符券売機」で行き先を入力して、切符を買います。

中央駅までおよそ10分ほどのようですね。

Img_4105

この黄色と青のストライプ模様の電車に乗り込んだのですが・・・、

実は驚いたことが!

人のほとんどいない駅から電車に乗り込んだら、パーティドレスに身を包んだたくさんの少女達の話声のうずで・・・まるで異次元の世界に飛び込んだような雰囲気です。残念ながら車内で写真を撮るのは気後れしましたが中央駅についても多くの若者がいました。

Img_4106

別の電車から改札口に向かう若者の群れ。

なぜか、女の子たちと男の子たちが前後に分かれているのが・・・ういういしいwink

あとから聞くと、どうもメルボルンカップが開催される日でみんなおめかししているそうです。

調べてみると、メルボルンカップとは競馬のことなのですが、日本では想像できないくらい大がかりなもののようです。

1861年に創設された競馬、150年弱の歴史ですね、そしてこの日はメルボルンではなんと祝日なのです。そして昨年よりこのメルボルンカップの優勝馬は日本の春の天皇賞に招待され、逆に日本の天皇賞の優勝馬もメルボルンカップの出場権が与えられるそうです。

偶然、こういうお祭りに遭遇するのは旅の楽しみの一つですね。

このメルボルンに行った日は11月4日だったので(先にヨーロッパ編をアップしたのでこのオーストラリア編はアップが逆になり遅れています)、間違いはないでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後まであるがとうございました。下のクリックをしてもらえればうれしいです。

Banner2

|
|

« 英国人のキャプテンクックの家がなぜオーストラリアに? | トップページ | アーユー ハングリー・ジャック? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/27216934

この記事へのトラックバック一覧です: あ、いったい何の日なのかな??:

« 英国人のキャプテンクックの家がなぜオーストラリアに? | トップページ | アーユー ハングリー・ジャック? »