« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土曜日)

ヨーロッパ、オーストラリアへの究極の海外発券!!

以前まとめた海外発券のメリット( http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_e1cf.html  )。

ジェット燃料サーチャージや為替レートも変わって来たので、改めてまとめてみました。

管理人の場合はシンガポール発券とオーストラリア発券ですが、現在1シンガポールドルが59.7円。オーストラリアドルが57.15円と様変わりしています。

ジェット燃料サーチャージ(燃油付加金)は4月1日よりt廃止となるでしょう(マスコミは報道しませんが、ジェット機の燃料のケロシン相場は何か月もずっと廃止基準に達しています)。

しかし、日系航空会社は4月1日より海外運賃の大幅な値上げを発表しています。

では、オーストラリア発券の航空運賃は、いろいろな航空会社経由での移動が考えられますが、JALさんを通しで買った方が一番シンプルでわかりやすいと思います。

昨年の場合、シドニー=東京=フランクフルト、ロンドン、パリ=東京=シドニーの区間で1790豪ドル

つまり東京=ヨーロッパ路線往復と、シドニー=東京路線の往復での合計価格になります。

これにジェット燃料サーチャージプラス空港税が944.68ドルかかりました。

今年、三月までの運賃がオーストラリアでは発表だれていますが、最安値は同じ1790豪ドル、それにジェット燃料等の追加チャージが752豪ドル。約26%下がっています。

為替レートが103.9円だったのが、57.15円。

昨年の28万4177円が今だと、2,542豪ドルつまり、14万5275円(ジェット燃料込み)で行けるわけです!!

日本の格安航空券でも今や、ジェット燃料価格込みで十数万円はかかりますよね?しかもこちらはアップグレード可能な航空券なのです!

今こそ、海外発券のメリットを享受できる時期ですよsign03

ちなみに、ANAさんはずいぶん以前にオーストラリア路線は廃止して、今は飛んでいないです。

もしスターアライアンスの路線ならば、シドニー=東京をカンタス航空、またはジェットスター航空を使用、ヨーロッパ路線はスターアライアンスグループを使うという経路が考えられますが、日本=シドニーの直行便はいずれにせよワンワールドグループのマイルしか貯まらないのですねcoldsweats01

Img_0013

今日も最後までありがとうございました。この禁断の分析はまだ続きます。

よろしければ、下記のクリックをお願いします。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月30日 (金曜日)

機内食はやはり和食!

機体が水平飛行に移ってから、食事のサービスがあります。

和食、洋食のチョイスがありますが、和食を選択。

Img_4158

欧米線と違い・・・、一回で料理が提供されますね。

また、座席はファーストクラスシートでも、食事はビジネスクラスと同じです(当り前か)。

Img_4159_2 

前菜は大きな海老とアスパラベーコン巻、烏賊の卵巻かな?

Img_4161

そして、キノコ類の炊き合わせ。

なかなかえのきとシイタケの歯触りが、うまかったです。

Img_4160

そのあとはお蕎麦に、野菜の牛肉巻だったと思います。

これに味噌汁とご飯が付いているので、これだけでお腹がいっぱいになります。

あとは映画を見たりして過ごしました。

======================

さて、個人旅行はもう少し慣れないと、やはりパックツアーの方が楽、と思われている方はJALさんの春たびキャンペーンをご存知ですか?

2月1日から4月30日までの間に、JALeトラベルプラザより、「アイル」、「AVA」、{JMB TOUR」でツァーを予約された方は出発までに忘れずにこのキャンペーンに応募してください!

http://www.jal.co.jp/domtour/harutabicampaign/

JAL旅行券が100名に当たりますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお付き合いありがとうございました。オーストラリア編はこれでお終いです。またお得ネタを含めた次の旅行記をお待ちください。

よろしければ下記のクリックをお願いします。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月29日 (木曜日)

JALさんのスカイスリーパー・ソロに乗る!

さあ、搭乗の時間になりましたairplane

ラウンジから出て、ゲートに向かい機内に乗り込むと・・・・むむ。

Img_4154

はるか昔に乗ったことのある、いわゆるファーストクラスではありませんかsign03happy02

海外発券の格安エコノミーをマイルでアップグレードしていただいたのに、ここまでしてもらうとは、申し訳なくて後ろのアップグレードビジネスで結構です・・・と申し出ようか、などとは言わずにそのまま座席に着かせてもらいました(苦笑)

この座席は一人掛けで、隣には誰もつきません。

Img_4155

そして、一番前の席です。

Img_4156

これが、コンソールとテーブル。

上の茶色いテーブルが移動して座席の前にきます。

もちろんシートはフルフラット対応です。

Img_4157

両側一席づつなので、窓までこんなに余裕がありますよ。

この座席は「スカイスリーパー・ソロ」といい、デザイナーのロス・ラブグロ-ブ氏が大空をイメージして設計したとのことです。

茶色のサイドテーブルは人工大理石を使用しているとのことで、座席と曲線とのアクセントになっているそうです。そういわれればこれがあるのとないのとでは印象が違うようです。

座席は、世界有数のレザーソファー会社、イタリアのポルトロナ・フラウ社が製造しており、職人が革一枚まで手作業で縫製しているとのことです。

このシートの初導入は2000年12月のニューヨーク線だそうですが、古さはまったく感じませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

よければ下記クリックお願いいたします。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月28日 (水曜日)

恐るべし、カンタスファーストクラスラウンジ!!

オーストラリア、メルボルン一泊、シドニー一泊の二泊三日の弾丸トラベル。

あっというまに、帰国の途につきましたairplane

シドニーの空港では昨年JALさんのラウンジが廃止されまして、またチェックインカウンターもカンタス航空さんと共同で行うようになりました。http://www.jal.co.jp/inter/airport/oceania/syd/syd_00.html

Img_4143

その代りにJALさんのJGCのメンバーでサファイアかクリスタルのランクは、カンタス航空のビジネスクラスラウンジ、ダイヤモンドおよびJGPのメンバーはワンワールドのエメラルドランクになるのでファーストクラスラウンジが使用できます。

http://www.jal.co.jp/oneworld/jmb_benefit.html

Img_4144

入口をはいってすぐに、ガードマンのような男性がいて、搭乗券をチェック後中に通してくれます。

そしてエスカレーターを上がったところにカウンターがありそこで再度搭乗券のチェックを行います。

以前のJALさんのラウンジよりもかなり厳しくなった気がします・・・coldsweats02

Img_4150

・・・。

広い・・・・。

以前のJALさんのラウンジの十倍以上の広さかな?Img_4145

ここはレストランのような一角。

何と、着席するとメニュー表を出してくれます。

ちょうど朝の時間なので朝食のメニュー。

Img_4146

この奥の白いカウンターで料理を出してくれており、その奥は厨房になっています。

かなり本格的な会員制レストランのようなところ。

Img_4147

注文したのは、焼き無花果に目玉焼き、トーストとコーヒー。

この無花果がお勧めだそうで、うまかったです。

Img_4152

パソコン専用コーナーや、

Img_4148

こんな大きな応接椅子やら、

Img_4151

飲み物、やスナックのコーナーも充実しています。

また、事前に予約しておくと、

Img_4153 

このような応接室も使えるそうです。

Img_4149

まるで、映画の中のセレブな役員クラブに入ったような気がしました。

恐るべしカンタス航空coldsweats01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

下のバナークリックよろしくお願いいたします。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月27日 (火曜日)

航空会社の路線廃止、減便の影響は・・・!

連日のように新聞をにぎわしている航空会社のリストラ、減便。

JALさんは2008年下期に26路線の廃止、減便を発表していますが本日の新聞発表でも、12路線の廃止、減便を発表しています。また同様にANAさんは10路線の廃止、減便です。

((国内線))

関空=女満別、旭川、青森、帯広、釧路の廃止。

関空=羽田の減便

((国際線))

関空=ロンドンの廃止

成田=ニューヨーク、ソウル、バンコクの減便

貨物路線では、成田=マニラ、関空=台北を廃止。

ANAさんは、

((国内線))

神戸=仙台の廃止

関空=羽田など6路線の減便

((国際線))

中部国際空港=広州など2路線の廃止。

こうしてみると、関西空港線の廃止、減便がすごく多いですが橋本知事が孤軍奮闘しているなかで今回は爆弾のようなものでしょうね。

なにしろ、関西空港の離発着料が日本一高いため、どうしても採算が悪化した航空会社からはこの空港が敬遠される傾向があります。

利用者の立場から見れば、新大阪駅からJRの「はるか」に乗って関空に行くか、またはなんばから南海電鉄の「ラピータ」に乗って到着するわけですが、伊丹空港と比べて圧倒的に地の利が悪いのと、移動の電車代が高い。

どうしても飛行機を利用する場合は伊丹空港経由になってしまいます。

今回の新聞報道では航空会社の立て直し策や廃止・減便に目が行ってしまいますが、実はこの決定には関空の存続、というもう一つの爆弾を抱えています。

一時期はパナソニックから社長が派遣され、関空の立て直しが期待されたのですが、ところが昨年10月からの未曾有の景気悪化、そしてそれに伴う出張者や旅行客の激減、は関空にも有無を言わせない状況にさせていました。

管理人としては今の関西の経済状況では、伊丹空港、関西空港そして神戸空港の三空港は多すぎると思いますね。

ちなみに、トヨタがバックについている中部国際空港は、昨年度の国際貨物の取扱いが前年度の三分のニ以下に落ち込んでいるそうです。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月26日 (月曜日)

ひょっとしてこれはスイートルーム?

一泊あたり170豪ドルのホテルの部屋を予約した訳ですが、もうひと部屋ありました。

Img_4130

こちらの部屋ですが、寝室です。

Img_4131

このベッドに一人で寝るわけですが・・・、何か?

Img_4132

この右手に白いドアがあって・・・、そこを開けると。

Img_4133

その白いドアの中はクロ-ゼットルームだったのですが、実はその中にはまた!ドアがあったのです。

Img_4134

この茶色いドアを開けると、中は・・・想像できないほど明るいバスルームです。

Img_4135

手洗いの場所も長いsign03

Img_4136

アメニティ。

一通りのすべてはそろっているようですが、日本やアジアでは定番の歯ブラシや、髭剃り、櫛などは置いていないところが多いですね。オーストラリアに行くときはホテルにあるかどうかの事前チェックが必要です。

Img_4138 

ティッシュボックスの後ろに隠れるようにあるボタン。

「FLUSH」とありますが・・・、おそるおそる押してみると、

Img_4139

ジャジャーtyphoon

下の方で音が・・・、あ、トイレのボタンだったのです。

こんな後ろにあると、終わった後気がつかずあわてる人もいるでしょうね。

これだけ部屋があるということは、やはりスイートルームということになるのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までありがとうございました。よければ下のクリックお願いします。

Banner2

旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月25日 (日曜日)

ひとりでふた部屋に宿泊する?

シドニーでいつも泊まるホテル、「フォーポインツ・シェラトン バイ・ダーリングハーバー」。

Fourpoints_by_sheraton

シティーサイド側の予約ですが、一泊170豪ドル。これに税金がかかりますが、今だと1豪ドルが58円ですから一泊9860円になります。

一時期の半額ですね。

ところがホテルでチェックインをするときに、「お客様はふた部屋おひとりでお泊りなのですか?」と聞かれました。

??????????

「はぁ?一人ですから二部屋もいらないですが・・・。」と答えると、「予約がふたつ本日で入っていますが。」とフロントの人。

スターウッドのサイト経由でこのホテルを予約したのですが、二回の予約になっているというのはサイトのエラーなのでしょうか?クリックするときにダブルクリックになってしまったのでしょうか?原因ははっきりとはわかりませんが・・・、とにかく「一部屋でOKです。」と伝えると、「では一部屋キャンセルします。」との回答でした。

Img_4142

そして、「部屋をアップグレードしておきました。」との回答は、別に手続きミスを認めたわけではないでしょうか、こんなにすごい部屋にアップグレードしてくれました。

Img_4125

カーテン越しにみえる風景はシティ側でなく、ハーバー側です。

Img_4140

部屋はいままで泊まった部屋よりもすごく広いです。

Img_4126

入口の横には電子レンジもありました。

Img_4127

書斎デスク。

Img_4128

テレビキャビネット。

Img_4130

そして、向こう側にもうひと部屋あるのですsign03

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年1月24日 (土曜日)

格安航空会社のターミナルは不便!

各航空会社も大幅減益との新聞発表がありましたが、あの勝ち組と思われていたANAさんんも、2~300億円の減益と出ていました。

アメリカのビッグスリーといわれていた自動車会社ばかりでなく、トヨタ、日産などの日本の自動車会社も大幅減益、自動車が売れない。

海運もどんどん不況になってきて、商船三井、郵船の船会社なども減益。

そして各国の航空会社も旅行客が減って減益、各企業がビジネスからエコノミーへ、また出張などの経費を抑える動きに出ているそうです。

陸、海、空みんな移動手段を使わなくなるということは・・・・、

流行りの言葉、「地産地消」のように自分たちで作って自分たちで消費する流れなのでしょうか?

数か月前までは想像だに及ばなかった事態ですが、今までのお金の流れはファンドマネージャーが作り出していた幻?

なんて考えながら、いよいよメルボルンからシドニーに移動でございます。

それにしてもジェットスター航空。空港の位置がとんでもなく不便なところにありますね。

格安航空会社だからしかたがないのでっしょううが、一般の空港と違うところにあり、周りにはなにもございません。

Img_4120

メルボルンといえばジェットスターの本拠地なんですが、周りにあるのは青い空だけsun

Img_4121

空港の待合ゲートはここだけのようです。

ラウンジもなく、待ち時間はみんなショップでコーヒーやサンドイッチを購入しなければなりません。

まあ、これが本当かもしれませんがね。

Img_4122

飛行機が到着したらここから飛行機まで歩いていくのですよ。

間違ってもターミナルから飛行機に蛇腹のようなもので接続されることはないですね。

Img_4123

暇つぶしには本が一番。

本屋だけはばかでかい店がありました。

もちろん売っているのは英語の本ばかりで、しかも機内誌のようなものはありませんでしたので、格安航空会社に乗るときはたくさんの本やIPODなど持参する方がよいかもしれません。

Img_4124

この左の奥のコーヒーやサンドイッチを売っているコーナーで、日本人の老夫婦がコーヒーの頼み方がわからず(注文コーナーでコーヒーを注文して、それからレジに移動してお金を払ってから、出来上がるのを待って、出来上がると呼び出されるシステム)、じっとレジの前で長時間黙って立っていたので、余計なお世話かもしれませんが、見かねて代わりにコーヒーを注文して、コーヒーが出来上がるのまで見届けたました。

さあ、次回はシドニーに移ります。

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

よければクリック一票お願いいたします。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月23日 (金曜日)

大うけ関西の広告!!

久しぶりに、おお受けしましたhappy02sign03

関西の電車の中で見た某電機会社のエアコンの広告!

Photo

いかにも、ハーフっぽい美人に、こんな表情をさせて、こんなロゴを当てるなんて、すごい!

「ほんま、大正解やわぁ~」(訳:本当に大正解ですわ)、「おかん、今日もとくしたで~」(訳:お母様今日もお得でしたわ)「めっちゃ、ぬくぬくやわぁ~」(訳:すごく暖かいですわね。」

思わず、車内で笑ってしまいました。

で、話は変わって昨日の続きですが、

以前、10年ぐらい前にメルボルンに行った時のことです。打ち合わせが思わず早く終わってしまい、することがなくなって前任者と突然「そうだ、ペンギン島へ行こう!」ということになってしまいした。

車を飛ばせば三時間ぐらいで行けるということで、彼の運転で連れて行ってもらったのですcar

確かに、小さなペンギンpenguinが夕方になると海からいっぱい上がってきて、我々の目の前の砂浜を横切っていくのは壮観です!!

ただ・・・・、半端じゃなく・・・・寒い!!!!

島の位置がオーストラリアの南極に面している海側にあるのですから、吹きすさぶ風の冷たいこと。

周りを見渡すと、みんな重装備の防寒具で身を固めています。

そこにスーツにネクタイのおっちゃんが二人・・・。完璧に周りから浮いていましたねえ。

ペンギンのパレードが終わったら、一目散に車に戻り、メルボルン市内に車を走らせましたcar

市内に到着したらもう夜の9時ぐらい。

あまりにも寒いので温かいものを食べに行こうということで、行ったのが中華レストランで、「あわびのっしゃぶしゃぶ}!贅沢ですねえ、でもメルボルンではさほど高くはないんですよ。

温かい湯気が出る鍋に向かって、野菜とあわびのしゃぶしゃぶをつついたことは、彼と私の忘れられない思い出でです。

今回前任者は出張中で会えなかったのですが、彼の申し送りでしょう。

筆者を中華レストランに連れてきてくれたのです。

残念ながら、あわびのしゃぶしゃぶはメニューにはありませんでしたが、2008110718290000

しっかりと、あわび(日本のとこぶしかな?)料理をいただきました。

2008110719060000

食べきれない料ほどの理をいただいてごちそうさまでした。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月22日 (木曜日)

メルボルンのカジノ

昨日は、このココログブログの障害で、記事をアップできませんでしたが、本日は可能なようですcoldsweats01

さて、メルボルンのお客に昼食を招待されました。

連れて行ってくれたのが、メルボルンの「クラウンプラザ・ホテル」。

ここにはメルボルン最大のカジノがあります。

2008110717390001

まず食事の前に、ここで一杯飲んでということです。欧米では結構ウェイテンングバーというのは多いですが、このカジノのバーでも(真昼間から)たくさんの人でにぎわっていました。

2008110717500000

すると、前でドッグレースの案内みなさん投票に夢中になっているようです。

2008110717390000

このの長いカウンターがすべて、バーです。

で、何杯かカクテルを飲んでから上の階に誘われました。

2008110717570000

ホテルのロビーでしょうか。たくさんの人が歓談しています。これだけ人が集まるということは、このホテルは成功しているようですね。

2008110717560000

高級そうな、中国風のレストランですね。装飾に大きな瓶が並んでいてそこに水が流れ込んでいます。

中に入ると、一転明るくなります。

Mlbrestaurant

写っているのはメルボルンの取引先の人です。

さあ、実はこの取引先の前任者とは中華である思い出があるのです。

それは・・・。

Banner2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年1月19日 (月曜日)

あ、アウトレットが!

メルボルン・サザンクロス中央駅。

メルボルンカップの祝日のためか、町並みには人通りがあまりありません。

Img_4113

メルボルンの町並みはレトロなビルと新しいビルが混在しているようです。

Img_4114

で、古くなったった立て直しのような工事が多いです。

Img_4115

町並みに似つかわしくないようなトロピカルな市電・・・。

Img_4116

そして、駅に戻ったとき、二階に思いがけないものを発見しました!

Img_4117

「DFO」??

Img_4119

それはアウトレットショップでした。

この案内板のすべてがアウトレット商品で100店以上はありますね。

中には、ティファニーやカルバンクラインなどもありました。

大半が服飾品が中心なので女性の方やアウトレット好きの方にはお勧めです。

Img_4118

場所はサザンクロス駅の隣り。駅の二階から直結しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までありがとうございました。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月18日 (日曜日)

アーユー ハングリー・ジャック?

さあ、出発したのは、庭園そばの駅。

到着はサザンクロス中央駅です。

Mlbmap02

この右端の真ん中の駅から左端真ん中の大きな駅まで移動したのですね。

Img_4109

ヨーロッパのように大きな駅には違いないのですが、

Img_4107

なんとなく電車が小ぶりなような気がします。

Img_4108 

小腹がすいてきたので、外に出てみましょうか。

Img_4112

ハンバーガー屋さんを発見。人も入っていますのでここで昼食を取りましょう。

Img_4110

どこかで見たような店のブランドと思ったら・・・、バーガーキングですね。

こちらではハングリージャックというようです。

「ダブルワッパー」というフライドポテトとコーラのセットを注文。

コーラは空のカップのみくれて、それに各自で自分でコーラを入れるという作業をするのです。

従業員のコーラを入れるコスト削減とコーラをお客がカップ目いっぱいコップにいれてロスをするのとどちらが店に利益があるのでしょうかね?

Img_4111

こんな感じで・・・、ポテトもハンバーガーも普通でしたねcoldsweats01

そして、もう少し駅の周辺を探索します。よろしければクリックお願いします。

Banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年1月17日 (土曜日)

あ、いったい何の日なのかな??

メルボルンのフィツロイ庭園を散策したついでに、電車に乗って市内に足を延ばしてみました。

Img_4098

庭園から覗くメルボルン市内のビル群。

Img_4099

ホテルの向かいがちょうど駅なので、ここから電車に乗ってみましょう。

Photo

場所はこの航空地図の、真ん中下にある「電車のマーク」subwayがある駅です。

Img_4100

無人改札の駅ですね。

画像の右の「青い自動切符券売機」で行き先を入力して、切符を買います。

中央駅までおよそ10分ほどのようですね。

Img_4105

この黄色と青のストライプ模様の電車に乗り込んだのですが・・・、

実は驚いたことが!

人のほとんどいない駅から電車に乗り込んだら、パーティドレスに身を包んだたくさんの少女達の話声のうずで・・・まるで異次元の世界に飛び込んだような雰囲気です。残念ながら車内で写真を撮るのは気後れしましたが中央駅についても多くの若者がいました。

Img_4106

別の電車から改札口に向かう若者の群れ。

なぜか、女の子たちと男の子たちが前後に分かれているのが・・・ういういしいwink

あとから聞くと、どうもメルボルンカップが開催される日でみんなおめかししているそうです。

調べてみると、メルボルンカップとは競馬のことなのですが、日本では想像できないくらい大がかりなもののようです。

1861年に創設された競馬、150年弱の歴史ですね、そしてこの日はメルボルンではなんと祝日なのです。そして昨年よりこのメルボルンカップの優勝馬は日本の春の天皇賞に招待され、逆に日本の天皇賞の優勝馬もメルボルンカップの出場権が与えられるそうです。

偶然、こういうお祭りに遭遇するのは旅の楽しみの一つですね。

このメルボルンに行った日は11月4日だったので(先にヨーロッパ編をアップしたのでこのオーストラリア編はアップが逆になり遅れています)、間違いはないでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後まであるがとうございました。下のクリックをしてもらえればうれしいです。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月16日 (金曜日)

英国人のキャプテンクックの家がなぜオーストラリアに?

宿泊したヒルトンホテルはちょうど「フィッツロイ庭園の隣にありました。

Photo

Google Mapより

この真ん中がフィッツロイ庭園で、宿泊したホテルはこの庭園の右下に隣接しています。

この公園は今から約150年前にできたそうです。もともとはメルボルンのゴミ捨て場だったとか。

Img_4091

で、庭園を散策してみました。きれいに道路が整備されています。

Img_4090

そして人も少ない。

Img_4092

あまり少ないと少しさびしい気がしますが、

Img_4094

この建物のあたりだけ人だかりができていました。

近寄ってみると・・・。

Img_4095

中庭にみたことのあるような銅像がありました。

これは、キャプテン・クックの生まれた家だそうで、メルボルン市制100周年として1934年にイギリスから移築されたそうです。

今から75年前になりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カンタス航空から通告がありまして、三年間カンタス航空に搭乗していないので、貯まった参るは来月末で無効とするとのことでした。

調べてみると、一万マイルをちょっと下回る数字で、使うにしても中途半端で困っていますshock下のバナーをクリックしてもらえるとうれしいです。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月15日 (木曜日)

ヒルトン・オン・ザ・パークに泊まる

メルボルンに到着したら、まずホテルにチェックイン。

ホテルはヒルトン・オン・ザ・パーク、一泊あたり250豪ドルほど。朝食はついていません。

でも部屋は角部屋でした。

Img_4076

ベッドも清潔で、二面採光だと明るくていいですね。

Img_4077

バスルームはいたってシンプル。

Img_4078

バスタブは、カーテンの替わりに回転するガラスが反面あるタイプでした。

Img_4079

アメニティはこんな感じです。

Img_4080

このホテルを宿泊した時点での為替レートが約71円。今日は58.85円。今だとホテル代が二割以上違います。

違いは大きいですね。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月14日 (水曜日)

あなどれないカンタス航空のラウンジ!

シドニー国内線の空港のジェットスターの搭乗口近くにカンタスのラウンジがありました。

Img_4075

なんとなく豪華そうな入り口。

ザ・カンタスクラブ。

Img_4072_2

中は白と赤を貴重にした明るいラウンジです。

それにしても広い割りに利用客が少ないですね・・・。

ジェットスター航空の登場口の前だからかな?

Img_4073_2 

さすが、おおらかな大陸。

すべてがビッグ!

用意してある飲み物の量もビッグ!!なのにビックリ。

オーストラリアのビールはアルコール度数が高いですよね。アメリカのバドワイザーと比較すると味とよい具合の違いがよくわかります。

そして、食事の後、オージーは夜はどうするかというと、スポーツバーに行ってみんなでビールを飲んでいる。それも食事の際にもアルコールを飲んでいるのに、何杯も・・・。

管理人のアルコールの弱さでは付き合いきれませんshock

話が横道にそれました、で、おつまみのほうは?

Img_4074

米系航空会社のラウンジでは、クラッカーかセロリ、それとチーズあたりしかありませんがここは国内線なのにすごく食べ物のほうも充実していました。

あなどれない、カンタス航空airplane

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下のバナークリックしてもらえたらうれしいです

Banner2

旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月13日 (火曜日)

国際線から国内線への乗り継ぎでお金を取る??

機内でひとねむりして、目が覚めたらオーストラリアの北端あたりでした。

早速朝食restaurant

Img_4068_2

ミートサンドにサラダにフルーツに、

Img_4069_2

アジアとは景色が違うような気がします。

Img_4070

シドニーキングスミス空港では、国際線から国内線へ行くのですが、そこで驚いたことが・・・、

それはほんの短い距離のシャトルバスなのにお金を徴収されたことです!

それはないんじゃあない?

こんな短い距離で確か当時のレートで日本円に換算して200円近くした気がします。

他の移動の方法は、鉄道に乗って一駅いくことですが、

これも同じぐらいの金額を徴収されます。

Img_4071_2

、国内線のジェットスター航空のカウンターでチェックイン。

そう、今年、成田=オーストラリア間を4400円で販売したあの格安航空会社です。

これでメルボルンに移動するのですが、

でも一応はカンタス航空の子会社なのです。

ということは・・・、JALさんが所属するワンワールドグループの、メンバーの、子会社。

ということはひょっとしてラウンジが使えるかな????

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この下のバナーのクリックよろしお願いします

Banner2

旅行・地域 | | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月12日 (月曜日)

え、ファーストクラスシートに??

今日は先月のオーストラリア二泊三日の弾丸トラベル旅行記です。

まず、いつもの通り、現地発券のエコノミークラスチケットを、貯まったマイルでビジネスクラスへアップグレードしました。

エコノミーとはいえ、毎月のように海外出張へ出かけているのでJALさんのプレミアメンバーにアップグレードしていただいております。

おかげで、ファーストクラスラウンジを使わせていただいております。でも購入航空券の価格は言えないくらい安いんですcoldsweats01

ファーストクラスラウンジは今まで何度もご紹介させていただいているので、割愛させていただきます。

Img_4062

スープ・ストック・オブ・トウキョーのスープにカレーですかい。右端は小鉢、左はあさりの煮込みだったかな?

カウンターに置かれていたシャンパンとともに(シャンパンはモエでした)。

このあと飛行機に搭乗すると・・・、

おお、これはいわゆるファーストクラスというものではないか??

旧型の座席ですが、ファーストクラスシートには間違いないです(チケットは・・・ですが)。

Img_4063

両端ニ席ずつで、フルフラットになりますので、夜間飛行にはありがたいものです。

Img_4064

こんなシートです。

向かって左のひじ掛けの下にテーブルが格納されていて、右のひじ掛けの下にはテレビが格納されています。

惜しむらくは旧型シートゆえ、パソコンの電源が装備されていないことですが・・・、

そんな贅沢をいうとばちが当たりますねcoldsweats01

Img_4065

水平飛行に移ってから出される飲み物。ウエルカムシャンパンは中距離路線はないようですがメニューの中からにはあります。しかし管理人はラウンジでいただいているのでお勧めのオーストラリア産赤ワインを選びました。

いつものように、おかきとドライ納豆が提供されます。

Img_4066_2

そして、いつものようにぶれぶれの画像(カメラの腕がなかなかあがらない管理人ですshock

夕食は洋食を注文しましたが・・・メニューは忘れました(汗)

左のパテと右のひれステーキ(関西ではヘレステーキ)そしてサラダとコーンスープだったような気がします。

Img_4067

そしてデザートはフルーツにコーヒー。昨日書いた不便なことの一つにJALさんはテロ事件が起こった際にナイフをプラスチックに替え、それがいまだに続いています。

なんだか、銀色のペラペラのプラスチックのナイフだと、料理までもが安っぽく見えてしまうのでなんとかしてもらえれればありがたいです。

米系の航空会社はもはやほとんどが金属のナイフに戻していますよ。

このあと深夜になり、パソコン電源がないのでさっさとお休みです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

下記バナーからランキング訪問してみてくださいね

Banner2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年1月11日 (日曜日)

明日以降アメリカに行く方は大丈夫ですか??

先日、ご紹介したアメリカ入国の際に必要となる認証(ESTA)は明日から実施されます(http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/112-c8ce.html )

ひとつ訂正がありまして、グァム、サイパンへの入国には必要がないそうですが、ハワイに行かれる際には必要となります。

この三連休の最終日の明日が12日になりますが、仕事で海外に行かれる方は週末を使って移動される方が圧倒的に多いそうです。

もし、明日ニューヨークに出張というかたは至急認証を取ったかどうかをチェックしてくださいね。

こちらのサイトでも詳細に手続きについて記載されています。

●アメリカ合衆国公式観光ウエブサイト

http://www.discoveramerica.com/jp/entry.html

●アメリカ合衆国政府サイト(英語)

http://www.cbp.gov/xp/cgov/travel/id_visa/esta/

●アメリカ合衆国ビザ発給当局(英語)

http://travel.state.gov/visa/temp/without/without_1990.html

●ESTA認証サイト(このサイトから日本語で手続きをすることができます。

https://esta.cbp.dhs.gov/

ここ数年、いろいろと渡航も面倒になってきましたね。このブログを始めてからも、機内にジェルや液体物の持ち込み禁止になったこともありました。

おかげで、以前は現地で安くてうまいお酒や、珍しいお値打ちワインなどを購入していたのですが、これをスーツケースにいれたて機内預けにするのはちょっとリスクが伴います。

以前、イタリア・ベネチアでうまいグァラッパ(焼酎のようなもの)を購入。下着にくるんでスーツケースの真ん中にいれたのですが・・・・・、帰国してスーツケースを開けてみるとグァラッパの瓶が割れていて、紙や下着その他の荷物がグァラッパ漬けになっていました。かといって空港内の土産物屋の酒は高いし、種類も少ないのであまり食指が動きません。

はやくテロ対策などしなくてよいような時代が来てほしいものですね。

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

下のバナーからランキングへ投票していただけると嬉しいです

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月10日 (土曜日)

藻で飛ぶ飛行機も?

昨日の新聞にコンチネンタル航空が藻で飛行機を飛ばすという記事が出ていました。

これは管理人の仕事の分野でもあるのでちょっと説明しますと、実際にはジャトローパという植物からの抽出油に海藻(海草ではありません)から採った油を混ぜて、これにエステル交換という処理をして飛行機の燃料にするというものです。

昨年はJALさんがココナツやし油から同じような製法で作った燃料で飛行機を飛ばす実験を開始するとの記事がでていましたが、今回のコンチネンタル航空の発表は、まずジャトローパの実は毒性があるため食用にならないこと。海藻はプランクトンと同じで、海の水と太陽が一定であれば自然に増殖していくことから、一部の「食べ物を燃料につかうとはなにごとか!」という人々に配慮した結果でしょう。

いずれにせよ、ジェット燃料は大幅に(昨年初夏の二分の一から三分の一に)値下がりしているので燃油付加金を徴収するのはおかしいのですが、将来を見据えると脱石油という動きは加速しそうです。

さて、デルタ航空と合併するノースウエスト航空。

Img_2641

いろいろと動きが出てきました。

1月1日よりはデルタ航空に搭乗してもノースウエストの上級会員資格のワールドパークスにマイル加算されます。

75,000マイルでプラチナエリート会員

50,000マイルでゴールド会員

25,000マイルでシルバー会員

となっています。

ちなみに管理人は40,000マイル弱しか稼げず、ゴールドメンバーは失効することとなります。

1月15日からは、今まで米国国内線に特典マイルで搭乗する場合には土曜の夜は現地滞在という条件があったのですが、この条件が撤廃されました。

その代りに、出発の20日前から特典旅行の発券を行う場合、75~150ドル徴収されることになり、そして病気などで特典旅行に行けなくなった場合のマイル返却手数料や再発行の手数料が、今までの50ドルから100ドルに値上げになります。

得点旅行に必要なマイル数も順次デルタ航空に合わせていく方向のようです。この合わせていくという意味は、調べたところ、今まで以上にマイルが必要になると方向のようです。

2月よりはデルタ航空のスカイマイルとノースウエスト航空のワールドパークスでのマイルの移行が可能になります。

しかし、上級会員取得のためのマイルの統合はこの時点ではできません。

たとえばデルタ航空で23,000マイルそしてノースウエスト航空で27、000マイルあれば合算して50,000マイルのゴールドメンバーになれるのですが、これが可能になるのは今年の後半だそうです。

今後の動きについてはこちらのほうで順次発表していくことになるそうです。

http://www.nwa.com/asia/jp/worldperks/

人気ランキングのほうはこちらで順次発表しております(笑)

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

下のバナーからでも投票できます。

Banner2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 9日 (金曜日)

ハワイ、グァムなどのアメリカに出かける人は要注意!

1月12日(来週月曜日)より、アメリカ合衆国への渡航規制が強化されます

今までは米国ビザ免除プログラムにより日本、韓国、シンガポールそしてオーストラリアなどの国は機械読み取り式旅券(ほとんどの日本の旅券が該当すると思います)は観光か短期商用の場合緑色のカードに記入するだけで、90日以内の滞在はビザが免除されていますが、来週月曜日より電子渡航認証システム(ESTA=Electoronic System for Travel Authorisation)による渡航認証を取得しないとアメリカに入国できなくなりました。

以下のサイトから出発の72時間前までに認証を行わないといけません。

(米国ESTA認証ページ)

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html?_flowExecutionKey=_c65F7B64F-7B7C-5675-A966-3411596339BE_k2A4E321B-34ED-B38B-5C28-C9F8E9FEB260

このサイトにアクセスすると、警告文のようなものがポップアップで出てくるので、最初はびっくりするかもしれませんがこれにOKを出して認証手続きを進めていきます。

この認証は二年間有効ですが、パスポートの有効期限が切れて失効してしまうと新規発行のパスポートには適用されませんので、有効期限が近い人は更新してから認証を取得すた方がいいかもしれませんね。

この渡航規制を意外と知らない方が多かったのですが、ハワイ、グァム、サイパンも米国なのでこの事前認証がないと入国できないことになります。

これから春休みを迎える人や、2月には仕事もひと段落して旅行でもという人たちで、これらの地域に出かけられる方は要注意です。

特に最近は旅行代理店経由ではなく、航空会社のサイトでチケット購入や、マイルで旅行に出かけられるかたが増えていますが、この点要注意です。

最後にヨーロッパからの帰国の際に撮影した雲海をアップしてヨーロッパ弾丸旅行記は終了です。

Img_4267_2 

その一

Img_4268

その二

Img_4269

その三

Img_4270

その四 Img_4271_2

その五

Img_4275

その六

「雲海」と聞くと、管理人は故城達也氏のラジオ放送番組「ジェットストリ-ム」を思い出します。さいしょのナレーションで、はるかなる雲海のかなた」という言葉を使うのですが、ラジオでうんかいってなんだろう?と思っていました。当時焼酎で「雲海」というのがありましたがこういう景色をいうのだと知ったのはそれから数年後でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

下記のブログランキングへのクリックよろしくお願いします

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 8日 (木曜日)

カレーうどんですかい?

ANAさんが昨日JALさんに追随して最大13%の航空運賃値上げを発表しましたweep

内容は12月27日付けのこのJALさんのブログ記事とほぼ同じです。

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-bfda.html

どんどん、海外への飛行機のランクを落とさなければ、乗り切れなくなりましたshock

さて、昨日の続ききですが、フランクフルト発のJAL便。

出発待ちの時間にネット接続のためにJALさんのラウンジに入ると、こんなものを見つけましたsign03

Img_4262

「カレーうどんですかい」

なぜか今までJALさんの機内でも食べることができなかったカップ麺。

他の国のラウンジでも「うどんですかい」、「そばですかい」ラーメンですかい」はあったのですが、今回初めて見つけましたsign03

Img_4263

中には小さなかまぼこがあり、よくみると飛行機の模様になっています。

さっそくお味の方は・・・delicious

う~ん、日清のカレーヌードル・・・かな?

そして搭乗後のお食事です。

Img_4264

ウェルカムシャンパンとアミューズ。それに定番のおかきとドライ納豆。

いつも思うのですが、ドライ納豆はドライとは言え納豆。

外国の人には万人向け

とは言い難いのでないでしょうか?

これを国際線で採用した理由をいつか聞いてみたいものです。

Img_4265

前菜のお寿司盛り合わせ。

普段はこれだけで食事は終わっていますが、前菜ですよ!

種類は鮭、海老、こはだ、烏賊、いずみ鯛、鉄火巻きだそうです。

この上の小皿が向付が牛ロースしゃぶしゃぶ風、煮物が茄子オランダ煮。

Img_4266

台の物はスズキの塩焼き銀餡掛け玉子豆腐添え。

これにご飯、味噌汁、香の物。

これも、これだけで普段の食事一回分ですね。

このあとフルーツをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

よろしければ一票ランキングへ投票お願いします

Banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年1月 7日 (水曜日)

いよいよ帰国の途へ!

もう初七日ですね。皆さんは初粥は食べられましたでしょうか?

では今日はヨーロッパ弾丸トラベルのパリから帰国までの道のりについて進めます。

さて、これはなんでしょうか?

Img_4253

パリ・シャルルドゴール空港の近距離路線ターミナルのゲート待合コーナーにある電源です。

携帯電話の充電や、パソコンの電源など待合コーナーにひとつあるだけで便利で、うれしいですよね。

通常は、空港のゲート待合コーナーでは電源がほとんどなく、あちらこちら探し回っていたもので、もし数少ないコンセントを見つけてもそこに接続するのに後ろめたい思いをしていました。

Img_4254

ゲームセンターのようなコーナーも(ゲート内に)ありました。

Img_4256

パリからの帰国は、直行便が帰れればよかったのですが、あいにく満席でしかたなくフランクフルトから帰国することになりました。

しかも、パリからフランクフルトへの便に席が取れず、仕方なくパリ=ミュンヘン=フランクフルト=成田、しかもミュンヘン=フランクフルト間はICEの列車というとんでもなく長いコースをたどることになりますshock

Img_4257

ミュンヘン行きの機内で出されたスナックとコーヒー。

入れ物の色づかいが華やかですよね。

Img_4258

ミュンヘン空港から中央駅に向かい、列車に乗り込みます。

ミュンヘンの中央駅もフランクフルト中央駅同様、すごく広いですね。

Img_4261

列車の窓から観た夕暮れのドイツの田園風景。

なんだか、空の雲が一枚の絵のようで一枚撮ってみました。

そして無事フランクフルト駅から空港にたどりつきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 6日 (火曜日)

お得な最新キャンペーン第三弾!!

ヨーロッパ旅行記をお休みしてお届けする、お得な航空会社の新年キャンペーン第三弾!

旅行に出かける前にこれらを知っているのと知らないとでは、雲泥の差がありますbearing

第三弾は米系航空会社

●ノースウエスト航空はデルタ航空との合併で、システム統合や会員維持のためにさぞや忙しいことと思いますが同社からは「パークチョイス Will they blend? ブレンドするって?」キャンペーンが始まりました。なんだか各航空会社のキャンペーン名って長いのが多いですね。このキャンペーンも少し説明を加えなければわかりづらいです。

まず下のサイトからアクセスしてビデオをご覧になってください。東洋人の顔をした兄ちゃんが登場していますが、しゃべっているのはすべて英語です(ただし下に字幕が出てきていますので理解するのには問題はありません)。

まずこのビデオ(約1~2分)を最後まで見て、参加登録するだけで500マイルゲットです。本当にこれだけです。

http://asia.nwa.com/asia/jp/offers/perkchoice08/video.jsp

そして、最大5名までメールアドレスを紹介するだけで20,000マイルが抽選であたります。

はてさて、このキャンペーンの要旨は・・・、”片道だけマイルで片道を現金で支払う”ことができるというものです。ためしにこのパークチョイスで1月15日発の成田=シンガポール便を検索してみると片道は10,000マイル、そして残りの片道を28,000円。これにジェット燃料サーチャージ空港税などを加えて31,830円と出てきました。

ツアーではシンガポールまでかなり安い割引運賃も出回っていますが、急な旅行にもこれを使えるのは便利ですね。ただ座席が空いていたら往復20,000マイルでシンガポールに行く方がお得な気もします。

●コンチネンタル航空の最大10,000ワンパスボーナスマイルキャンペーン。

1月5日から4月30日まで参加登録の上ニューヨーク、グアム路線の航空券を購入、搭乗すると2,000マイルもらえます(リンク先の対象チケットの種類限定)。こちらのサイトは英語版をベースに置いているからか、すごく長いのでこちらのリンク先からアクセスした方がよさそうです。

https://www.continental.com/web/ja-JP/apps/onepass/promotions/registrationDetails.aspx?SID=E37FA118E6C845879A6072EFBC5957A9&promoCode=RA9M42&

まあ、路線が限定されていて、しかもサイト自体そっけない印象のキャンペーンですね。コンチネンタル航空はグァム路線に強いのでそちらに春休みで行かれる方には使い勝手がいいかも。もうひとつコンチネンタル航空はスカイチームからスターアライアンスに移籍するのでここで貯めたマイルはANAさんやシンガポール航空さんでも使えます。

●ユナイテッド航空 日本就航25周年プレゼント「ご家族やご友人と過ごす素敵な時間」

こちらでは最新のキャンペーンは見当たりませんが、1月12日で閉め切りになるこの懸賞がありました。

(1)ビジネスクラスの東京=ソウル往復航空券、(2)カリフォルニアディズニーランド3泊4日宿泊券、(3)ロサンゼルス=メキシコ間7泊8日クルーズ、(4)シェラトンワイキキ3泊4日、(5)ハイアットリージェンシー大阪二泊三日、(6)シェラトングランデ・トウキョウベイ2泊3日が下記のリンク先から当たります。

ひとつひとつの当選は一組4名までなので、倍率は高いかも・・・。

http://www.unitedairlines.co.jp/local/japanese/AU/cam/25th_anniv5.html

●アメリカン航空は特にめぼしいキャンペーンはありませんが、次世代ビジネスクラス導入完了記念キャンペーンが6月30日まであります。

http://www.americanairlines.jp/content/jp/promo/businessaadvantage.jhtml

これはビジネスクラスかファーストクラスの太平洋路線に搭乗すると六本木ヒルズのグランドハイアット宿泊券がもらえるというもの。アップグレードが認められませんので、往復航空券の運賃は50万~100万円クラス?ああ、バブルの香りがする・・・。

詳細はリンク先にアクセスしてください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までありがとうございました。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 5日 (月曜日)

ANAも最新キャンペーン目白押し!!

昨日のJALさんのキャンペーンラッシュにANAさんも負けていませんear

●1月1日より3月31日までの東京(羽田)ー大阪線プレミアムポイントボーナスキャンペーンが開始されました。

一部を除く東京=大阪線搭乗に対してプレミアムポイントが400ポイントもらえます。JALさんのFLY ON POINTとほぼ同じシステムと考えていいでしょう。

ただし、超割や旅割にはこの400ポイントはつかないででご注意。

このプレミアムポイントは上級会員になるために与えられるポイントですが、ANAさんのサイトにはわかりやすく通常なら二次ネス切符で53回東京=大阪に搭乗しなければならないのですが、37回でプラチナサービスに達成(上級会員への登竜門)するとあります。

こう読むとすごくお得なようで3すが、この400ポイントは3月末までの搭乗に対してで、37回ということは18.5往復。ひと月当たり6往復以上という、毎週1.5往復しなければならにという普通の方には非現実的な数字になってしまいます。

あくまで国際線もあわせて貯めるのを目指すべきと考えるべきでしょう。https://www.ana.co.jp/amc/news/cpn_premipoint2/

●1月6日より3月31日までANA空ゆけ!乗るトクキャンペーン2を開始。

国内線搭乗券の半券二枚を専用台紙(明日より空港で入手できます)に貼り付けて、対象店舗に持っていくといろいろな一品がもらえます。JALさんが搭乗券一枚でマックのビッグマックセットやテリヤキバーガーセットかまたはコーヒーがもらえるキャンペーンと似ていますが、こちらはプロントのコーヒーかビールを除くと、各店舗で食事や買い物をした場合に一品もらえるというものですね。どちらがいいというわけではありませんが、jALさんはマックのコーヒーを半券一枚、ANAさんはプロントのコーヒーが半券二枚です。

https://www.ana.co.jp/dom/campaign/sorayuke2/

ちなみに台紙に貼ってこの半券を渡してしまうみたいなので、もし読者の方がノースウエスト航空のの日本国内片道500マイルキャンペーンでマイルを貯めているなら、先に同社の台紙に貼ってノースウエスト航空にファックスをしてから、はがしてANAさんの台紙に再度貼り直す作業が必要となります。

EDYの金額がもらえる各種キャンペーン

ANAカードはEDYと提携しているので各種キャンペーンでEDYのお金がもらえます。これは消費税はいらないのかな?

◎3月19日まで参加登録後有明佐賀空港に対象便で行くと、1回につき2、000円、往復4、000円もらえます。

https://www.ana.co.jp/amc/news/cpn_saga_edy/index.html

◎1月16日から3月31日まで参加登録の上ANA中国線に乗ってキャンペーン参加ホテルに宿泊するとEDY10,000円ゲット。といっても結構高級ホテルぞろいですけどね。詳細は下記リンクから。

https://www.ana.co.jp/amc/news/cpn_china_hotel/index.html

◎3月31日まで参加登録の上対象路線にスーパーエコ割で搭乗すると路線により8、000円から15,000円もらえます。

https://www.ana.co.jp/amc/news/cpn_saga_edy/index.html

◎1月8日から3月31日まで参加登録の上対象路線・運賃で中国に行くと搭乗二回でEDY1,000円ゲット。

https://www.ana.co.jp/amc/news/cpn_china_2009/index.html

ANAさんの場合は提携キャンペーンの量が多すぎるのでこちらから一度全体を覗いてみることをお勧めしますね。

https://www.ana.co.jp/amc/news/index.html

そして

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお楽しみできましたでしょうか?

よろしければ下記のバナークリックをお願いいたします。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 4日 (日曜日)

最新お得な特典キャンペーン!!

今年初の航空会社キャンペーンネタです。

今日はJALさんから

●1月1日から3月31日まで東京=大阪間のFLY ON ポイントBIGボーナスキャンペーンが延長されました。このFLY ONポイントはJALさんの上級会員になるためのポイントでマイルとは違います。通常なら国内線は普通運賃、特割運賃などのマイルの二倍がポイントですが、これにFLY ONボーナスキャンペーンの400ポイントと、BIGボーナスキャンペーンの400ポイントが加算されるのです。

https://www.jal.co.jp/121campaign/flyon/

ちなみに、30,000ポイントでクリスタルメンバー、50,000ポイントでサファイアメンバー、80,000ポイントでプレミアムメンバー(ただし50,000ポイント達成して招待されたJGCメンバーに限る)、100,000ポイントで最高位のダイヤモンドメンバーですよ。まずはキャンペーン上のリンクから参加登録を。

筆者はぎりぎりで80,000ポイントを維持できました。

●1月1日から3月31日までの間にJALさんの国際線とワンワールド加盟航空会社の便を両方搭乗すると毎月抽選で100名に10,000マイル貰えます。この両方に搭乗というところがみそでして、例えば、オーストラリアにJAL便で行き、カンタスに乗り換えて国内線に搭乗するとか、JAL便でアメリカに行き、アメリカン航空の国内線に乗り換えるなどが考えられると思います。この両方をクリアできる搭乗者の数はかなり限定されると思うので、当選確率はかなり高いと思います。

ただし条件があり、(1)予約便クラスがABCDEFHIJKLMQVWY(アルファベット順に並び変えてあります)の発券であること。海外発券の場合はクラスを十分注意する必要があります。、(2)ワンワールド便でもJALさんのJMBのマイル積算にしないと対象になりません。たとえばカンタスのフリークエントフライヤーの口座に積算してしまうとX。

まずは、キャンペーン登録から。

https://www.jal.co.jp/121campaign/jal_oneworld/

●JALカードマイルアップボーナスキャンペーンが開始されました。今年1月1日から12月31日までに20,000ポイント以上30,000ポイント未満または20~29回搭乗すると、翌年(2010年4月1日以降)クラスJへのアップグレードクーポン4枚(Eチケットとして)貰え、区間マイルを30%アップしてくれます。

この30,000ポイント未満というところがみそですね(笑)

https://www.jal.co.jp/121campaign/jal_bonuscp/

●1月8日から3月18日までの2か月と10日の間ですが・・・、ふたりで国内線に特典マイルで搭乗すると41~46パーセントオフになります。

二人の場合:

http://www.jal.co.jp/121campaign/discount/dom/index_02.html

一人の場合:

http://www.jal.co.jp/121campaign/discount/dom/

例えば、マイル口座に16000マイルしかないけどまもなく有効期限が切れる。でも夫婦で、または恋人と暖かい沖縄に行きたい!というかたには二人で16,000マイルで行けるので朗報ですね!

●1月4日から(今日です!)3月31日までにJALエアプラスのサイト(航空券プラス宿泊)にてホテル日航、JALシティ、JALリゾートを宿泊すると100円につき2マイルの基本以外に、500~1000マイルが一泊、一室ごとにもらえます。例えばホテル日航茨城(大阪)に受験生が受験のためなどで10日観宿泊したとすると、基本マイル以外に10,000マイル貰えることになります。

さらに下記の商品が抽選でもらえるのですよ!!

JALホテルズ無料ペア宿泊券(30組)

JALホテルズ1万円ギフト券(10名)

イタリア製フェラガモのバスアメニティセット(10名)

http://www.jal.co.jp/dom/airplus/info/jalhotels/

春先は例年各社キャンペーンが多いのでこれを逃す手はないですね。こちらは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年1月 3日 (土曜日)

パリでイタリアン!?

正月三が日も、あっというまに終わりですね。

今年は明日が日曜日で、最長九日の休みが取れた方も多くいらっしゃるわけですが、

10~11月の経済危機の影響もあり、年末年始の海外旅行客も激減のようです。

早く景気が回復すればよいのですが。

ということとは別に、今日は昨年からのパリ旅行の続きです。

フランスの客に招待されて、夕食をシャンゼリゼのレストランに連れて行ってもらいました。

イタリアンレストラン(シャンゼリゼで?とか、かたいことはなし)。

階段を降りて地下に行きます。

Img_4243

最初は食前酒から。

わたしはキールロワイヤル。

お客は何か薬草が入ったカクテルとか・・・。

名前は聞き取れませんでした。

Img_4244

そして、緑色野菜の入ったパスタ。卵の大きさと比較してひと皿の量が多いのが分かると思います。

Img_4245

ちょうどカメラを構えた瞬間に、パンをさしだされ、ワインを注がれ・・・、

Img_4246

で、頼んで再度撮り直し。

みなさん、こういうしっかりしたレストランで料理をカメラに撮るのは結構勇気がいるのですよ。

奥はもザレラチーズの上にトマトを乗せたサラダかな?

みんなで料理をシェアします。

Img_4247

わたしは、海外に出ると日本風のものが食べたくなるので、ナポリタンスパゲティです。

これもみんなで小皿に取り分けたところ。

Img_4248_2

サーモンのムースだったと思います。

Img_4249

これがお勧めデザート。

焼きプリンにフルーツのコンポ。

すごいボリュームです。

もちろんみんなでシェア。

最近は昔と違ってパリでもお皿をみんなでシェアできるようになり、小食の日本人にとってはありがたいことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

よろしければ下記クリックお願いします。

Banner2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年1月 1日 (木曜日)

新年の挨拶

新年あけましておめでとうございます

今日から2009年になりましたが、当ブログは2006年4月23日から開始して今春には丸三年を迎えることになりそうです。

海外旅行ネタで、自分でもよく続いたものだ思います。

当初は筆者が旅行した際に、おやっと思ったこと、感動したこと、ちょっと得して小さな幸せを感じたことなどを書いていくつもりでしたが、だんだんと幅広いネタになって、旅行記を柱としてそれにお得ネタを絡ませるようなストーリーができてきました。

いつまで続けられるのやらわかりませんが、これもひとえに読者の皆様のご支援によるものだと思っております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

旅好きおやじ

Banner2_4

20090101_3   

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »