« 癒しの民家は国指定重要文化財 | トップページ | 過ぎ去りし夏の思い出をもう一度 »

2008年10月15日 (水曜日)

国指定重要文化財中村家といっても中村主水の家ではありません

こちらの時間で今は午前零時。

七百ページ以上の東野圭吾氏の小説「幻夜」を読破!

アメリカまで来て、いったい何をしているのでしょうねcoldsweats01

で、また、また、先月にタイムスリップして沖縄、国指定重要文化財中村家の続きです。

Img_3539

ね、田舎のおばあちゃんがいそうな家でしょ?

なんか懐かしいような・・・。

Img_3540

Img_3542

この家の中をみなさん普通に上がりこんでいます。

Img_3544

Img_3545

Img_3546

置物には触ってはいけないと書いていないけど・・・・。

Img_3547

あ、こちらは触っちゃいけないわけですね。

Img_3548

台所。

さすがにここまで来ると懐かしさではなく、「昔の台所」ですね。

,Img_3549

Img_3550

Img_3551

三枚とも同じように見えますが、上から三番の間、一番の間、二番の間(通った順番)となっており、来客用の部屋だったのでしょうかね。

このように開放的にしているのなら、沖縄郷土料理を食べることができる民宿にしていただければ、癒しを求めている大人の人々には人気が出るのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお付き合いくだありありがとうございました。

<こちらをクリックお願いします>Banner2

|
|

« 癒しの民家は国指定重要文化財 | トップページ | 過ぎ去りし夏の思い出をもう一度 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/24516830

この記事へのトラックバック一覧です: 国指定重要文化財中村家といっても中村主水の家ではありません:

« 癒しの民家は国指定重要文化財 | トップページ | 過ぎ去りし夏の思い出をもう一度 »