« 驚愕のドル安!もはやブッシュ大統領の力は… | トップページ | 初めてみた驚きの桃(ピーチ) »

2008年10月 1日 (水曜日)

観てから読むか、読んでから観るか

ちょうど先ほど今週末映画公開予定の「容疑者Xの献身」(東野圭吾氏作)の単行本を読み終えました。

先に映画の予告編を見てしまったので、この単行本を読んでいても俳優の福山雅治氏と堤真一氏のイメージで読み進んでしまいます。

やはり小説を先に自分のイメージで読んで、そのあとで映画を見た方が二度楽しめるような気がしますね。

ちなみに、その予告編のあった映画は「二十世紀少年」だったのですが、

これはこれでみごとに原作の漫画のイメージ通りの配役で、また、また驚いてしまいました。

来週のシンガポール行きの機内映画をこの前見つけたJALさんのサイトで見ると、「ハンコック」、インクレディブル・ハルク」、「ザ・マジックアワー」「フライング・ラビッツ」などがあり、日本先行上映ではジョージクルーニの「Leather Head」、「The Visitor」などがありました。

で、話を戻して昨日の続きですが、そのままオーチャードをラッフルズの方に向かって歩いて行きました。

Img_3450

途中ですれ違ったバスの広告。

日本と違って迫力がありますね。

何か、本当に頭痛がしてきそうな気がしませんか。

Img_3451

途中にあったメイド喫茶の看板。

シンガポールにもあるんですね。少しのぞいてみたくなりましたが、オープンは3時からでした。

Img_3452

そしてそこのそばには日本でおなじみの「牛角」が。

Img_3453

玄関は木造でこのずっと奥まで店は続いており、日本より店構えがしっかりしていみたいです。

Img_3454

これがメニューですが「WAGYU」の文字がいたるところに見られます。

日本から和牛を持って行っているのでしょうか?

シンガポールの位置としては豪州のほうが近いので、オージービーフの表示の方が納得できるような気がするのですが・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までおつきあいありがとうございました。

いつものように下のクリックをよろしくお願いします。

<こちらからクリック>Banner2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

« 驚愕のドル安!もはやブッシュ大統領の力は… | トップページ | 初めてみた驚きの桃(ピーチ) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/24174766

この記事へのトラックバック一覧です: 観てから読むか、読んでから観るか:

« 驚愕のドル安!もはやブッシュ大統領の力は… | トップページ | 初めてみた驚きの桃(ピーチ) »