« バンコク空港からひと騒動! | トップページ | バンコクでの朝食とシティカードキャンペーンの話題 »

2008年8月26日 (火曜日)

ANAさんのプレミアムクラス

                                                                           Pk2008082602100009_size0_2 俳優の三国連太郎さんと佐藤浩市さんの親子が、飛行機の高級そうな新型シートに腰を沈める―テレビでもご覧になった方がいらっしゃるでしょう。話題を呼んだANAさんの新サービス「プレミアムクラス」の宣伝広告。

広告で「4月1日よりスタート」と表示したにもかかわらず、目玉となる乗客の顔が隣の座席から隠れるようにした新型シートが6月に一機導入されるまではまったく導入されていなかったため、

昨日、公正取引委員会は4~5月には全く導入していなかった新型座席の写真を掲載したとして、景品表示法違反(優良誤認)で同社に排除命令を出したたそうです。

当時の広告には小さな文字で「余裕のシートピッチ(間隔)を順次導入」とも掲載していたそうですが、4月の時点で座席間隔を広げた機体は、導入予定の八十八機のうち十九機だけ。これに対して乗客らから「座席が広告の写真と違う」「高い金を払ったのにおかしい」などの苦情が約二十件寄せられていたそうです。

ANAさんは5月上旬以降、プレミアムクラスに関する広告表記を修正し、広告自体を撤去。新型座席を導入した機体は8月末に8機、来年3月には21機に増やす予定。一年がかりで導入されるのは21機なんですね。

 ANAさんは「お客様に誤解を招き、深くおわびします」とコメント。国土交通省は「利用者保護の観点から好ましくない」と、文書で異例の指導をしたそうです。

 人気となったJALさんの国内線ファーストクラスに対抗して導入した新サービスですが通常より5~8千円高い(東京=大阪間の普通運賃と、往復運賃の場合)料金を払うことで、ゆったりとしたシートと高級料亭が提供する食事、空港ラウンジなどが利用できるとして売り込んでいました。ところが、このシートは4月と5月の段階では未導入で4月に運航した国内便は1日360便だったが、うち87便は従来の高級座席スーパープレミアムシートの間隔を少し広げたり、生地を張り替えたりしただけで、残る273便には全く変更がなかったそうです。

ところで、このプレミアムシートやサービスを利用できる「プレミアムパスがANAさんから発行されていたのをご存知でしょうか?

限定百枚ですでに完売ですが、第一回の販売が2008年4月1日から2009年3月31日までの搭乗に対して価格は300万円。

Pass0310_06

そして追加で50枚発行してこれも完売。

第二回は7月1日から6月30日までの搭乗に対しての限定販売百枚、これも完売。

第一回販売の百五十名と第二回の百名が同じ三百万円の支払いとなると、最初の4~6月がほとんど導入されていないことから、かなりの苦情がANAさんに行っているのでしょうねcoldsweats02

でも、一度はプレミアムクラスに乗ってみたいですね。

・・・・・・・・・・・・

当ブログの応援クリックお願いします。

<この下のバナーをクリックお願いします>Banner2

|
|

« バンコク空港からひと騒動! | トップページ | バンコクでの朝食とシティカードキャンペーンの話題 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

この前このシート載ったけど、うーん、JALのほうがいいですね。座席が少し硬い。
食事ももうひとつでしたよ。

これで年間三百万はちょっとという感じですね。

投稿: 出張族 | 2008年8月26日 (火曜日) 22時40分

JALさんもANAさんもやはりライバル意識が強いのか、どちらかが何かをするともう一方もおなじようなことをしますねぇ、今回はその無理がたたったのでは・・・。

投稿: 旅好きおやじ | 2008年8月27日 (水曜日) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/23258482

この記事へのトラックバック一覧です: ANAさんのプレミアムクラス:

« バンコク空港からひと騒動! | トップページ | バンコクでの朝食とシティカードキャンペーンの話題 »