« 桜見物屋形船とご報告 | トップページ | スタアラの無料航空券でまずバンコクへ »

2008年4月 7日 (月曜日)

京都の桜写真の続き

昨日、写真を送っていただいた京都の知人から、さきほど追加の写真と解説を送っていただいたので、改めてアップします。

bottle

----

ここ伏見は 京都の南 有名な太閤さん(豊臣秀吉)の建てた桃山城の城下町です

この城下町は豊富な伏流水から栄えて多くの造り酒屋があることで知られています.

今も 疎水沿いを中心に 22軒の造り酒屋があります

大きなその酒蔵は町の観光資源としても、今も大切に受け継がれています.

Imgp0016   

1.月桂冠脇 疎水に咲く、桜

京都伏見の月桂冠。昔、渡哲也のCMで有名でしたね。

Imgp0014_2 

2.松本酒造は その黒い造りが絵になります

 日曜画家や写真マニアが、集まってきます

Imgp0019 

3..疎水を運行する 十石船(観光ボ-ト)

これが昨日の写真です。十石船と呼ぶのですね。

 手軽な観光コ-スで、この近くにあの坂本竜馬で有名な寺田屋があります。

---

|
|

« 桜見物屋形船とご報告 | トップページ | スタアラの無料航空券でまずバンコクへ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

京都は風景がどこも綺麗ですね!!

CMでも桜が使われていましたし☆

1回しか行ったことないけどまた行ってみたくなりました。

東京より建物が低いので空が見やすそうです。

投稿: まどか | 2008年4月 7日 (月曜日) 16時36分

そうですね。この伏見のあたりは高い建物がなくて、緑が多いのがいいのでしょうね。

のんびりとした癒し系の場所のようです。

投稿: 旅好きおやじ | 2008年4月 8日 (火曜日) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜見物屋形船とご報告 | トップページ | スタアラの無料航空券でまずバンコクへ »