« AIR DOもポイント制導入! | トップページ | Miles & More UFJカードの意外な使い方 »

2008年3月31日 (月曜日)

オーストラリアで独自の進化を遂げるワイン

オーストラリアで独自に進化したワイン文化。

Img_2405

オーストラリアワインによくつかわれる呼び方もあります。

ツアーで頂いたパンフレットからいくつかご紹介します。

GENERIC WINE::数種類のぶどうをブレンドした手頃な価格のワイン。

そういえば、特許の切れた、値段の安い医薬品のことをGENERIC DRUGと呼びますね。

VARIETAL WINE:使用したぶどうがワインになるタイプ。シャルドネなどかな?

VARIETAL BLEND WINE:数種類のぶどうではなく、数種類のVARIETAL WINEをブレンドしたもの。これはオーストラリア独特の手法だそうです。

ステイルワイン(Stale?Wine):ライトワインのこと。スペルがわかりませんが、なにかこれだと臭いそうなワインになっちゃいますね。

LIQUEUR WINE:ぶどう果汁を発酵させる途中でブランデーもしくはぶどうから造られた他のスピリッツ(グァラッパのようなもの?)を添加してアルコール度数をあげたワイン。

Img_2406

ワインといえば、今まではフランスでしたが、最近はオーストラリアやカリフォルニアだけでなくアルゼンチン、チリなど世界各国からもおいしいワインが出始めていますね。

そしてその一方で中国がこのワインの大消費国になってきて、現在のところ世界第六位まで伸びてきたそうです。

わたしが初めて中国に行った30年前には紹興酒がほとんどで、ビールの数も少なかったものです。

その当時、初めて飲んだ中国の葡萄酒(ワイン)は甘ったるくて香りも何もない、とてもワインと言える代物ではなかったのですが、ワインを飲む習慣もなかったのでしょうね。

時代の移り変わりは激しいものですね。

Img_2407

|
|

« AIR DOもポイント制導入! | トップページ | Miles & More UFJカードの意外な使い方 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/12019504

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアで独自の進化を遂げるワイン:

« AIR DOもポイント制導入! | トップページ | Miles & More UFJカードの意外な使い方 »