« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金曜日)

JALのダイヤモンド・プレミア・ラウンジが?!

明日よりJALさんは「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」キャンペーンを開催!

キャンペーン登録の上、2007年12月1日より、2008年2月29日までの期間中にJALグループ対象運賃にて通算20回以上搭乗すると国内のJALラウンジ(含む「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」ファーストクラス専用の羽田のラウンジ)が利用できるダイヤモンド・プレミア・ラウンジカードがもらえるそうです。

まだキャンペーンは出ていないようで詳細は不明ですが、「対象運賃」と但し書きがあるのを見ると、特割とかバーゲンフェアはだめな可能性もありますね。

3ヶ月間で20回というのは往復ベースで計算すると月に3往復、4往復、3往復でしょうか?

出張でも月に4往復できる人は毎週ですから、単身赴任の人の実家帰りとか、限られるでしょうね。

あとは東京ー福岡ー沖縄ー石垣島のような乗継コースに適用できれば往復で6回分になりますが、普通に努めている人にはかなりハードルが高いかもしれませんね。

それと、ダイヤモンド・プレミア・ラウンジカードの使用期間や制限が気になるところですね。

20回も搭乗して、ラウンジ入場回数に制限があるようでは魅力も半減しますよね。

平のJGCカードよりもこのダイヤモンド・プレミア・ラウンジカードのほうが格上になるのでしょうかね?

ちなみに、このラウンジの概略はこちらから見れます。

http://www.jal.co.jp/dom/lounge/japan/hnd/diamond.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

これはうまい!(ウィーンで)。

ブログの調子がおかしくて、何度やっても途中から下の続きが打ち込めませんでしたので、ここに続きを書きます。

そして、お客が注文したのはこのステーキでした。

20071106_img_1834_2 

お客はダイエット中ということで、ローストダッグではなくステーキを注文(?)

確かに野菜は多いですが・・・。

このあとコーヒーを飲んでいるときに、お客が向こうの席にいるのはどこかの国の要人だよ、と言っていました。

確かに彼らが出ていくときに屈強な男が二人後に付いて、彼らは連絡用にか、耳にイヤホンをしていました。

では、ジャケットの下には銃が?

一瞬ジェームスボンドの世界に入ったような気がしました(笑)

ジェームスボンドの好きなシャンパンはTattingerでしたっけ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

これはうまい!(ウィーンで)

20071106_img_1827

最初にお断りしておきますが、レストランの名前はわかりません。

車で連れて行ってもらって、ウィーンのリンクの中のどこかでヒルトンホテルからはそれほど遠くないところです。

オーストリアのお客にウィーン料理をごちそうしてもらいました。

20071106_img_1828

落ち着いた雰囲気の上品な店です。

こちらの人に招待してもらいました。

20071106_img_1826_3

パンの形も普段みかけるものと少しちがうような気がします。

まずスパークリングワインをいただきました。上品な泡立ちでおいしかったです。

20071106_img_1829_2

そしておすすめはカボチャスープ。

え、そんなのどこにでもあるんじゃないの?

と思ったのですが、おすすめを注文。正解でした。こんなおいしいカボチャスープは初めてです。

かぼちゃをくりぬいて、その中身をスープにしてあるのです。

20071106_img_1830 かぼちゃのとろっとした味と紫色の酸味が絶妙にマッチしていました。

このあとはメインコースにローストダッグがシーズンでお勧めとのことで、さっそくそれを注文。

料理人がローストダッグを持ってきてそれを目の前で切り分けてくれます。

これも皮がパリッとクリスピーで、肉はジューシー。確かにレストランお勧めの一品です。

20071106_img_1831

このお皿の上はロールキャベツの小さなようなもの、右は紫色のおひたしのような味でした。

20071106_img_1833

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月29日 (木曜日)

海外おもしろグッズ・アロマキャンドルのお供に

「クリスタル・プリズム。ハリケーン」・・・この名前です。

なんか魔球かプロレスの必殺技のような名前ですが(苦笑)

Img058_3   これはローソクのホルダーですが、ただのホルダーではありません。特許発明品です!

まずローソクの明かりが3Dでホログラフのようにゆれて光ります。

一般的に人間はローソクの炎を見つめているだけで癒されるといわれています。

それがプリズムのように揺れるともっと効果があるように思えませんか?

太陽光のもとではローソクなしでも

光をスペクトラム分解?するそうです。

この用途ですが、今、流行しているアロマキャンドルをこの中に入れると見つめるのも楽しいし、紙とかが炎に直接当たらないので安全、だと思いませんか?

直径3.5インチ(約9センチ)、高さ7インチ(約17.8センチ)

お値段は29.95米ドル(約3300円)

お求めはいつものところから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月28日 (水曜日)

秋のウィーンも

ウィーン国立オペラ座の楽屋裏に行きました。

20071104_img_1798

今晩の準備の真っ最中でした。

20071104_img_1799

舞台を左側から入ってみたところです。

みんな忙しそうに動き回っています。

20071104_img_1800

反対側には小道具が置いてありました。

20071104_img_1801

だれが書いたのか楽屋裏のエレベーターの落書き。

ひょっとしたら著名な人の落書きがあったりして(笑)

20071104_img_1802

そして幕間の休憩コーナーに移ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・携帯電話のキーボード

今日はこれです。

Img037 携帯電話のキーボード。

男性の太い指でちっちゃなキーボードを打つのはつらいものがありますね。

そこで旅先にお持ちいただけるとまるでパソコンのようにキーボードが打てる「Virtual Keyboard」。

この機器を立ち上げるだけで、レーザーでキーボードが投射されるそうです。

ウィンドウモーバイル、ポケットPC、スマートフォン、パームOS、ブラックベリーそしてシンビアンに対応するBluetoothのよりケーブルなしで接続できるそうです。

お値段は169.99米ドル(約18500円)パソコン好きの男性には欲しくなる一品です。

お求めはいつものところから(過去ログを読んでね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月27日 (火曜日)

秋のウィーンが

国立オペラ座に潜入!!!!

20071104_img_1784

1869年にモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」でこけら落としされた、国立オペラ座。

ルネサンス様式の外観はヨーロッパの三大オペラ劇場としてふさわしいと思います。

潜入は正面玄関からではなく、写真の真ん中より右下の小さな入口から入ります。

ここで潜入代金(実は内部ツアーです)を支払って各国語ごとにグループに分けられます。

20071104_img_1788

正面玄関を入ったところのホールです。

20071104_img_1789

普段はカメラ撮影禁止だそうです。

20071104_img_1796

このように、正面のイスだけでなく、各個室が舞台を取り囲むようにして並んでいます。

20071104_img_1792

そしてオペラやバレーの説明がイスの前にあるこの器具からデジタルで流れてきます。

20071104_img_1794

20071104_img_1795

そしてこのあと楽屋裏にも連れて行ってもらいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月26日 (月曜日)

海外おもしろグッズ・イヤーパッド

今日はこれです。

Img055b これから寒くなっていきます。

マフラーが欲しくなる季節ですが、マフラーだなかなか耳元まで温かくならないですよね?

そして、耳のパッドはいままでもありましたがヘッドリングが少し邪魔。

帽子をかぶると特にうっとうしくなります。

そこでこれ!!!

「EAR POPS」

どのようにしているのかは、わかりませんが、ヘッドリングが付いていないのです。

8種類の色柄があり、大きさも大中小三種類あります。

価格は7.99米ドル(約870円)

日本で流行しそうな予感!

お求めはいつものところ(過去ログを参照してくださいね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カレーうどんですかい

昨日から大阪へ来ています。

一昨日書いたうどんですかい、そばですかい。

羽田ー大阪間の機内誌を見ているとこんな商品を発見!Photo

うどんですかいが誕生してから15年。

今月よりカレーうどんですかいが登場!!実は当初より一番人気が高かったのはカレーうどんだったそうです。

開発秘話を下記のホームページで見ることができます。

http://www.shop.jal.co.jp/01/sp/dsk.html

そして、12月1日よりJALの国際線プレミアムエコノミークラスで食べることができるそうです。

海外にすぐ行く予定はないけどひと足先に食べたいという人は上の「JALショッピング」のリンクから購入することができます。

さあ、普通のカレーうどんのカップ麺とどうちがうのでしょうね!?

ちなみに12月21日までWマイルキャンペーンをやっていて通常100円で1マイルなのが100円で2マイルもらえます。

30個セットを購入すると68マイルもらえることになります(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月24日 (土曜日)

閑話休題

今日は三連休のなか日ですね。

ウィーンの話は少しお休みして・・・、

みなさんは海外旅行に行くとなぜか、無性にうどんやそばが食べたくなることはありませんか?

それも、しゃれた味のうどんではなく、安い庶民的なうどんやそばが・・・。

以前はJALのビジネスクラスでは「うどんですかい」や、「そばですかい」が提供されていましたが、先日のヨーロッパ行きの便にはこれがなく、正統のうどんになってちょっと寂しい気がしました。

このうどんですかいは世界初の機内用カップ麺だそうで、日清食品との共同開発だそうです。その後この大成功を見習ってANAも東洋水産と共同開発で、「ANAとびっきりおうどん」、「とびっきりみそラーメン」をビジネスクラスの客に提供しだしたそうです。

ところがたまたま先日、日本で買ってたべた、このカップ麺。なんと「うどんですかい」や「そばですかい」とそっくりな味付けになっていました。

20071028_img_1661

日清の京うどんと江戸そばです。

こだわり素材のこのカップ麺。みなさんも一度トライしてみてはいかがでしょうか。

/

さて、先日新聞に載っていてひさしぶりに思い出したのが、アンカレジ空港のうどんです。

昔はヨーロッパへの直行便がなく、飛行機は給油のためアンカレジ空港で降りていたのですが、その待合室にうどん屋がありました。

これも安っぽい容器に入ったうどんなのですが、みんな(わたしも含めて)列を作ってこのうどんを食べていました。特に昔は機内食のメニューに日本食などなかったので、これからヨーロッパに向かうときはしばらく日本のものは食べられない、帰国する人はもうすぐ日本の食事が食べられると、わくわくしながら食べたものです。

この空港でうどんをだす案は1970年代の半ばに木部昭吉さんという日本の通信者の現地駐在員のかたが始めたそうです。めんは愛媛出身の日系移民のかたが経営する食品店から仕入れて空港まで運んだそうです。

乗客にうどんを売っていたのは沖縄出身で現地に渡ったブラントン昭子さん。到着時間が近づくと大鍋に湯を沸かして待って、麺はフライドポテト用のかごで温めたそうです。

このうどんを食べた後は、身長三メートルはありそうな大きな白熊の剥製に見送られて再度機中の人になったものでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・腕につける財布

今日はこれです。

Img055a_3 軽装でお出かけの際、また散歩に出かけるとき、荷物はもちあるかないときがありますね。

でも急に飲み物が欲しくなったり、買いたいものがあったときは困ります。

しかしこれがあれば、重たい財布や、リュックサック、トートバッグ などは必要ありません。

その名も「BANJEE'S WRIST WALLET」。

腕にまいてあるリストバンドから財布、鍵そしてクレジットカードなどがすぐに取り出せます。

ジョギングの時にも便利ですね。

色は赤、ラクダ色そして黒の三色から。

お値段は14.99米ドル(約1600円)

お求めはいつものところから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月23日 (金曜日)

秋のウィーンに

20071104_img_1757

王宮の入口を下から見上げると装飾の中に明かりとりの窓があります。

そして、右側からは「皇帝の入口とシシィの博物館に入れるようになっています。

シシィとはエリザベート皇妃のことです。

20071104_img_1758

そして、そこを抜けると左手にスイス門があり中にはスイス宮と王宮礼拝堂があります。

マリアテレジアの命令でスイス近衛兵が住んでいたことからこの名前になったと言われています。

そして反対側にはフランツ二世の像が飾られています。

20071104_img_1759

ここをさらに抜けると、新王宮の広場にでます。

20071104_img_1760

20071104_img_1761

20071104_img_1762

この広場の左手には新王宮があり真中にエフェソス博物館があり19世紀末から古代ギリシャエフェソスからの出土品の展示場となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・わんちゃんキャリー

日本では最近は車輪つきのカートを牽いている人をよく見かけます。

ちょっと荷物が多いときにもこのカートがあると牽いていけるので大変便利です。

昔は海外旅行の時ぐらいしか使用しなかったのですが、今はあちらこちらで見かかるようになりました。

そこで今日のグッズはこれ。

Img052 わんちゃんを連れて歩くカート。

電車の中でも、犬を手提げかごに入れて乗り込んでくる人はよく見かけます。

でも他にも荷物があって、横にもかさばるしすごく持ちにくそうです。

そこで受賞商品「PET WHEEL AWAY}」。

このカートは航空機の持ち込み規制サイズをクリアしています。

そして背中でかかえることもできます。

三方がメッシュ構造になっているので、わんちゃんにも安心!

さらに「PET TRAVEL SET」ならば、ウィンドウシェードと車の後部座席のシートベルトにジッパーで固定できるプロテクター付きです。

また早朝や、夜遅くに歩くときの発光ダイオード(LED)付きの安全わんちゃん首輪「SAFETY DOG COLLAR」もどうぞ。

赤いキャリーカート:119.95米ドル(約13200円)

縞馬模様:89.95米ドル(約9900円)

PET TRAVEL SET:119.95米ドル(約13200円)

SAFETY DOG COLLAR:39.95米ドル(約4400円)

お求めは電話1-800-759-6255か、www.skymall.comから

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月22日 (木曜日)

秋のウィーンは

大寺院の横にはウィーンで一番の大繁華街、ケルントナー通りがあります。

20071104_img_1750

街でよく見かけるパントマイムの人も音楽家風。

ここを通りから離れて、右手のほうに向かうと、王宮への近道です。

20071104_img_1751_2

クリスマスの飾りつけの準備でしょうか。

20071104_img_1752

20071104_img_1753

この突き当りを左に。

20071104_img_1754_2

20071104_img_1755

そして、王宮の前のミヒャエル広場に出ました。

20071104_img_1756

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・一週間時計

今日はこれです。

Img047 一週間時計!

時間は時計を見ればわかりますが、今日は何曜日だっけ?

なかなかすぐには思い出せないときはないでしょうか?

来週の土曜日にデートの約束があるけど今日は火曜日。

この時計で毎日少しずつその日が近づいていくのを見ているうちに気分が盛り上がること請け合い!!

直径9.25インチ(約23センチ)お値段は39.98米ドル(約4300円)

お申込先は過去の紹介をみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月21日 (水曜日)

シュテファン寺院

ウィーン観光の定番中の定番、シュテファン大寺院。

20071104_img_1748

ウィーンの中心地にあります。

12世紀から建造がはじまり1359年に完成した寺院です。

20071104_img_1749

ここの地下にカタコンベというものがありペストで亡くなった2000人の骨とハプスブルグ家の人の心臓以外の内臓が保管してあるそうです。

深夜には怖くて近寄れません。

20071104_img_1740

中はこんな感じで荘厳な雰囲気です。

20071104_img_1741

天井がたかーい!!!

ステンドグラスも長=い!!

20071104_img_1742

20071104_img_1743_2

そしてお祈りをする人が賛美歌を歌う時にはこのテーブルで、

20071104_img_1746

20071104_img_1744

やはり楽譜はありました。

20071104_img_1745

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・猫のトイレ

今日はこれです。

Img046

室内のプランター。

部屋の片隅にあると部屋全体の雰囲気が華やかになりますね?

「トスカーナの手仕上げの、隠れた猫のトイレ。

まるで本物のプランターのようです。

半回転するだけでまったく猫のトイレとはわからんないでしょう。

また中に枕と毛布をいれれば猫の寝床にもなります。

高さ20インチ(約51センチ)、幅20インチ(約51センチ)。

お値段は一個当たり129.95米ドル(約14300円)、二個で249.95米ドル(約27、700円)

お申込みはいつものところから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月20日 (火曜日)

秋のヨーロッパの

昨日紹介した部屋に続き洗面所。

20071104_img_1721_2

余計なものはほとんど置いてなくシンプルです。

20071104_img_1722

ホテルのスタッフは全員女性でした。

細かなところに気配りが表れているように感じました。

20071104_img_1723

トイレは真白。

そしてトイレットペーパーが黄色なのがユニーク。

部屋を飾っている絵はすべてピカソ風。

20071104_img_1724_2

20071104_img_1725

20071104_img_1726

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・一台三役

朝お出かけ前の忙しいときに、これがあれば便利!

Img050 一台三役のオーブントースター。

オーブントースターでパンを焼き、その上の余熱でソーセージなどを温め、その横でコーヒーを沸かす。

どうです、完璧ですね!

このコーヒーメーカーで4~6杯分のコーヒーや紅茶が一度にできます。

高さ10インチ(約25.4センチ)横幅20インチ(約50センチ)奥行き8インチ(約20センチ)

お値段は89.99米ドル(約9900円)

お求めはいつものところから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月19日 (月曜日)

秋のヨーロッパと

  さて12時になりチェックアウト。

20071104_img_1731

実は今回、最初はウィーンのリーズナブルなホテルを別に申し込んでいたのですが、

出張が一日早まったので同じところを前日にもう一泊予約しようとしたら満室。

仕方がなくそこの真向かいのホテル、インターコンチネンタルホテルに宿泊したわけです。

インターコンチネンタルホテルはホテルトラベルドットコムで130ユーロでした。

そして今日からはこちら一泊103ユーロ。

どちらも朝食付きです。

20071108_img_1974_2

ホテルの名前はスターライト・スイート「星明りのスィート」すこしロマンチックでしょ?

最初は玄関がわからなくて、誰かのマンションの入り口かと思ってしまいました。

通された部屋はな、なんと二部屋ありました。

20071104_img_1715_3

こちらは入ってすぐの一間です。

黒い革張りの応接セットと三角の書斎机がありました。

20071104_img_1716

20071104_img_1718_2

20071104_img_1717

電子レンジと、流し台があり簡単な料理はできそうです。

引き出しにはカップとお皿があります。

20071104_img_1713

そしてもうひと部屋は寝室になっていました。

角部屋で、天井も高く、明かるい部屋です。

テレビは両方の部屋についていました。

部屋から見ればインターコンチネンタルホテルよりもお得ですね。

期待以上でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・実用花束

花束をもらうのはうれしいものです。

またあげる花束を選ぶのもうきうきしますね。

ただもらった花束もその瞬間はうれしいですが、花が枯れて数日で記憶から遠ざかる・・・。

そこで今日のご紹介はこれです。

Img049_2

誰ですか?笑っているのは?

閉じればすてきな花束。そして広げると・・・・、なんと傘に早変わり!!!

これだと貰ったほうもあなたのことをずっと覚えていてくれます。

実際に町で使うかどうかはもらった人の判断です。

真の部分は堅い木でできていて、傘の部分はナイロン製。

価格はお求めやすい22.95米ドル(約2550円)

お求めはいつものところから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月18日 (日曜日)

秋のヨーロッパも

ホテルに戻って朝食を食べにレストランへ行きました。

20071104_img_1692

レストランのほとんどの部屋が満席だったので、ガラス窓側のカフェの席に案内されました。

ほかの部屋より一番明るい部屋です。

20071104_img_1694

真ん中のコの字型になっているところで料理を作っています。

右の奥には各種ジュースやミネラルウォーターなどそしてその隣にはサラダ、フルーツ、ヨーグルトなど。

角を曲がって左側は各種ハム、ソーセージ、チーズが並びます。

20071104_img_1693

パンは別のコーナーに各種二十種類ほど置いてありました。

20071104_img_1695

ハムのコーナーだけでもこんなに種類があります。

さすがヨーロッパですね。

20071104_img_1696

こちらは温かいソーセージやベーコンのコーナー。

結局、こんな変な組み合わせになりました(笑)

20071104_img_1697

おかずは目玉焼きにソーセージ、焼きマッシュルームが二つと、焼きトマト、そしてポテト。

パンではなくご飯に漬物、味噌汁とコーヒーです。

ヨーロッパの朝食で日本食があるなんて、初めてだったのでトライしてみました。

ごはんはすこしぱさぱさしていましたが漬物が日本で食べるよりもふっくらとして味がしみ込んでいて大変おいしかったです。

すこし物足らなかったので、フルーツを少々追加でいただきました。

20071104_img_1698

さあ、十分食べて、もう少し時間が経ったらホテルの移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・世界最大の地図

今日はこれです。

Img040 

世界最大の地図

子供のころテレビ番組でスパイ本部や悪の組織の本部には世界地図が幹部や総統の席のうしろに貼ってあってあり、それにあこがれたのをかすかに思い出します。0011ナポレオンソロだったか、電撃スパイ作戦のテレビドラマかなんかだったような気がしますがはっきりとは覚えていません(笑)

そのころ「僕も将来世界征服したらどうしよう」、なんて子供心で考えていたりして・・。

さて、これは正確な、詳細な、八色の2006年の壁面世界地図で、9フィート(2.74メートル)x13フィート(3.96メートル)の壁のスペースが必要とのことです。

首都、国々、主要都市、政治境界線、タイムゾーン、海洋の深さそしてより多くのことがこの地図に記されています。

ラミネート加工された表面には同封されたマーカーで書き込むことができます。

そしてこの地図は八つのパネルからなり、個別をかけることもできます。

お値段は149.95米ドル(約16500円)

お申込みはいつものところから。

ただ、日本でこれだけの壁面の空きスペースを見つけるのは至難の技のような気がしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月17日 (土曜日)

秋のヨーロッパが

一晩明けて、部屋の窓から見たウィーン市立公園です。

インターコンチネンタルホテルはこの公園に面してありました。

20071104_img_1705

20071104_img_1709

地下鉄の市立公園駅です。周りの景色になじんでいると思いませんか?

20071104_img_1708

あまりにも樹木の紅葉がきれいなので公園内をしばし散歩してみました。

20071104_img_1732_2

20071104_img_1733

20071104_img_1736

20071104_img_1734

20071104_img_1735  さあ、おなかがすいたからホテルに戻って朝食だぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ドンぺりが10万円に!?

忘れないうちにメモしとこうっと。

====

新聞を読んでいるだけではよくわからないかもしれませんが、昨今の食用油や穀物の値上がりの原因のひとつには中国、インドなどの大量の買い付けがあります。

バイオ燃料用の買い付けとも言われていますが中国、インドそしてロシアの食用としての購買力はわれわれの想像する規模とはレベルが違います。

中国がブラジルから大豆を一回の契約で購入する量は、日本の年間消費量に匹敵するそうです。

そして、そして、世界的にブームになってきているあのシャンパンを、これらの三カ国が大量に買い付けているのです。経済的に裕福になってきているのでしょうか。

シャンパンについて少し書きますと、2006年には3億2100万本のシャンパンが世界で売られていましたが、今年は3億3000万本が販売されると予測されています(5年前には2億8700万本でした)。

ところが、フランス、シャンパーニュ地方(シャンパンという名前はワインと違い、この地域で生産されたものしか名前を付けることが許されていません)の生産能力は3億5000万本とのことです。ということは生産率はもうすでに92%と限界に近づいています。

そして、このシャンパンの大量買い付けに拍車をかけているのが前述の三カ国なのです。

インドへのシャンパンの販売数量の伸びは年間125%、中国向けは50%そしてロシア向けが39%と急成長を示しています。

一方、これとは別にフランスでは生産者に対する年金がないので、このシャンパンの生産量の1割を取り置く制度が別にあるそうです。

小規模生産者は生産量の9割まで販売して残りの1割を蓄えておき退職時にこれを放出して退職金がわりにするそうで、約1億本が生産者によって貯め置かれているそうです。

生産者も相場が急騰することを予測して、なかなかこれを放出しないであろうと地元では言われているそうです。

いま空港の免税店やディスカウントショップでドンぺり(ドンぺりニヨン)は1万5~8千円ぐらいで販売されていると思います。確かユーロがこんなに高くない頃はドンぺりもディスカウントショップで1万円ぐらいで販売されていました。

しかし、このまま品不足が続くと、相場がどんどん急騰し、特にシャンパンの代表ののようなブランドはプレミアムがついて、ドンぺりをデパートで購入しようとすると10万円ぐらいする(ロゼやプレミアムでなくても)時代がすぐ来るような気がします。今のうちに購入しとかなくては・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・マシュマロシューター

今日はこれです。Img042

 マシュマロシューター・・・・??

いったい何に使うのでしょうか?

「この賢いポンプアクションは、お菓子を発射する器具で30個以上ものミニマシュマロを発射できます。そして発光ダイオードのビームが目的を捕獲するのを手伝いターゲットに正確に当てることができます。さらに20個のマシュマロを即座に充てんできます。」

日本では「食べ物で遊んではいけません」と教育されてきたので、米国ではなんとも不思議なおもちゃが売られていると感心してしまいます。

6歳以上が使用すること。

価格は24.95米ドル(約2800円)

お求めはいつものところから。

| | コメント (2)
|

2007年11月16日 (金曜日)

秋のヨーロッパは

の空港から最初のホテル、「インターコンチネンタルホテル」に到着。

20071104_img_1687 部屋のタイプはよくある一般的なつくりです。

20071104_img_1689

各国によって違う飾ってある絵。

中国では中国らしく、ヨーロッパではヨーロッパらしい絵でした。

20071104_img_1688

そしてバスルーム。

20071104_img_1690_2

きれいな洗面台でした。

20071104_img_1691

アメニティグッズ。

このホテルは際立ったところはないですが、ケチをつけるようなところもありませんでした(笑)

一泊当たり130ユーロです。

そして、翌日には同じウィーンの中で早速ホテルを移動しなければならないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・機内で使用する枕

こんなものが売られていました!

飛行機の中で眠るための枕は首からマフラーのようにかける磁石型のものが主流ですね。

ところが、

Img048 これは圧巻です!!!

その名も「スカイレスト}。

前のテーブルを倒して、膨らませた枕で眠る・・・、眠れるのでしょうか?

確かに首に圧迫はないような気がしますが。

米国各紙絶賛!!!

価格は29.95ドル(約3300円)

お申込みはいつものところから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月15日 (木曜日)

秋のヨーロッパを

やがて飛行機も下降体制に入ってすこしずつ高度を下げてきます。

気圧の関係か、ミネラルウォーターの下半分がひしゃげています。

20071103_img_1681

12時間あまりの空の旅を終えてパリ、シャルルドゴール空港に到着。

ひさしぶりのパリの空港です。

ここでウィーンへ行くためにEU域内を飛ぶエアーフランスへ乗り換えですが、フランクフルト空港と同様にターミナルの移動にすごく時間がかかります。

20071104_img_1682

そして入国審査後もひたすら歩く。

20071104_img_1683

国内線のターミナルの中はこんな感じです。

20071104_img_1686

最近日本でも流行しだしたロクシタンの店もありました。

20071104_img_1685

そして、ウィーンに深夜到着です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2007年11月14日 (水曜日)

海外おもしろグッズ・万能イス?

今日はこれです。

Img043

マホガニー製のイスです。

座椅子の部分は革製。

イスの下にソックスや靴などを入れることのできる引出しがついています。

背もたれの後ろには上着をかけるハンガーとズボンをかけるスリップしない棒がついています。

そして両側にはベルトとネクタイをかける場所が・・・。

これを想像すると・・・、ん?上着を脱いでかけてネクタイもはずす。

ここまではいいですが、次にベルトをとって、ズボンを脱いでそして靴とソックスを椅子にしまってイスにすわってから何をするのでしょうか??

いろいろと想像してしまいます(笑)

色は二種類明るい赤褐色と、ダーク仕上げの二種類があります。

お値段は189.99ドル(約21000円)

お申込みはいつものところで。

o

| | コメント (3)
|

2007年11月13日 (火曜日)

秋のヨーロッパに

食事が終った頃には飛行機はシベリア上空です。

20071103_img_1672

そして時間とともにシべリアの内陸部に近づき、雪が少しずつ多くなっていきます。

20071103_img_1675

20071103_img_1678

そしてまもなく、眠られる人や、映画を見る人のために機内が暗くなりました。

20071103_img_1679

ひとねrむりして小腹がすいた頃に夜食を注文できます。

メニューはラーメン、カレー、うどん、そば、時雨うなぎ丼、サンドウィッチなどの単品か、夜食セット(マーボー丼とフルーツなど)などいろいろななかから選べます。

20071103_img_1680_2

わたしはカレーをいただきました。甘辛くて汗が出ましたが、こくがありおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・らくらく家具運び

今日はこれです。

Img045

どんなに重い家具でも!軽々と運べる驚異のベルト!!!!

本当なのでしょうか??

これをつけるだけで家具の重さが66%軽くなる・・・、

ということは三分の二の重さはいったいどこにいったのでしょう??

それに付け加えてこのベルトで安全に家具を移動できるそうです。テレビでも浴槽でも軽々とと運べてなんとこのお値段!

18.99米ドル(約2100円)

二個買うと36.99米ドル!

しかし二個買っても、たいして割引率が大きくないように思えるのはわたしだけでしょうか?

お申込みはいつものところから。

| | コメント (0)
|

2007年11月12日 (月曜日)

秋のヨーロッパへ

さて、久しぶりの成田の空港第二ビル。

搭乗するのは日本航空、JAL405便パリ行です。

出発はサテライト側でした。

ラウンジは旧サクララウンジを若干手直ししてありました。

お酒類は以前とあまり変わりませんが、今は食事にはにぎり寿司が提供されるようです。

ただ昼前だとあまり量が少ないのか、小皿に一皿だけ残っていました(ラッキー!)。

20071103_img_1662

これ以外は以前から提供されているおにぎり、チーズそしておかきでした。

今回の改装に費用がかかったのか、今までJGCのメンバーにはラウンジに置いてある本や「機内誌」に掲載されている今月の新刊が無料で配布されていたのですが今月からはファーストクラスラウンジの利用者のみへの配布となったようです。

そして飛行機に搭乗。

一応ビジネスクラスです。

20071103_img_1663 機内の映画は「トランスフォーマー」、「レミーのおいしいレストラン」、「ダイハード4」そして「ヘアースプレイ」などをオンデマンドで見れるようになっています。最後のヘアースプレィを除くと、すべて少し前のヒット作ですね。

あとはマイナー系の映画。

ビジネスクラスに搭乗すると、以前はウェルカムシャンパンがあったはずですが、経費節約のためか、今は廃止されていました。

そして機内の「うどんですかい」、「そばですかい」もなくなり、その代り機内での二回目の食事でおそばやうどん、ラーメンなど本格的などんぶりものが選べます。

そして水平飛行に移り最初の食事が提供されました。

20071103_img_1673

和食を注文。最初に出されるお皿です。

そしてこのあと温かいお皿と機内で炊き立てのごはん、味噌汁が提供されます。

20071103_img_1677

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月11日 (日曜日)

秋のヨーロッパ

昨日ウィーンとパリ(1日だけ)から帰国しました。

しばらく間があいて読者にはご迷惑をおかけしました。

出発前にはネット接続ができる宿を予約していったのですが、ホテルの指示通りの無線LANの設定しても接続できず、フロントの人も最後はお手上げ状態でした。

先週ずっと同じ場所にいると、これは痛いですね。

一度、会議場のヒルトンホテル・ウィーンで有料で接続したら24時間で27ユーロ(約4500円)!!!宿泊先ではないので、LAN接続できたのは1~2時間程度ですから、これは結構高くつきました。

では、明日からはこの旅行記をアップしていきますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)
|

2007年11月 6日 (火曜日)

海外おもしろグッズ ベビーカー

会議の休憩時間に、ヒルトンホテルウィーンでこれを書いています。

きょうの面白グッズは赤ちゃんのベビーカー。

Img039

日本ではこのようなものはもう売られているのでしょうか?

面白いと思ったのは赤ちゃんが寝ていても起こすことなく、乳母車がそのままチャイルドシートに早変わりすることです。

そして到着したらチャイルドシートがそのまま乳母車に早変わり。

車輪とハンドルは即座にチャイルドシートの中に格納できるのです。

日よけも取り外し可能。

18インチ(約46センチ)、長さ19インチ(約50センチ)、高さは33から35インチ(84~90センチ)。重さは15.5ポンド(約7キロ)。

価格は219.95ドルだそうです。

お求めはいつものところで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月 4日 (日曜日)

アルゼンチンで意外とおいしかったもの

ブエノスアイレスで買って飲んで意外とおいしかったジュース。

これです。

Img_1642_2

ポメロジュース。日本名は文旦(ブンタン)といい黄緑色の大きなグレープフルーツのような形の果物ですが、ほんのり甘酸っぱく気に入りました。

しんがライフさんによると、ポメロはマレーシアのイポで有名な果物だそうです。

お値段は1.9ペソ。

75円ぐらいですから5.5ペソのセブンアップよりよっぽどお得ですね。

日本にぜひ入ってきてほしい飲物です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月 3日 (土曜日)

ブエノスアイレス市内ツァー(3)

みなさんがこれを読んでいる頃には、わたしは機上で眠っていると思います(笑)

さて市内ツアーの最後ですが、ボカ地区で見つけた変な標識。いったいこれはなんでしょうか?酔っ払い禁止?酔っ払いが多いので最高速度20キロ?

Img_1644

そして、そのそばにあるボカ。ジュニアーズ・スタジアム。

このスタジアムは1938年に完成しました。

こちらの出身者にはマラドーナがいますね。

玄関のそばの道にはハリウッドの手形ならぬ、サッカー選手の足形が敷き詰められていました。

Img_1651

Img_1652

Img_1649

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ ワインネタ

おいしいワインを味わった後、そのコルクをみなさんはどうしているでしょうか?

日本では、半分に割って箸置きにしたりしている人もいます。

コルクにワインの名前や醸造所の刻印がしてあると、特においしいワインだった場合にはそれを捨てずらいときがありませんか?

そういうときはコルクでコルクボードを作るのです!!(語呂合わせの発想のような気もしますが(笑)。そしてコルクを引きつめて、その断熱効果から鍋敷きにしてもOK。

Img038_2

鍋敷き用のコルクを敷き詰める木枠は11インチ(約28センチ)x9インチ(約23センチ)で19.95米ドル(約2300円)。

コルクボードのほうは二種類あり、小さいほうが16インチ(約41センチ)x16インチで、24.95米ドル(約2850円)

そしてもう一つは、ボトルの外からワインの温度を測る器具。

コルクを開けなくてもビンの外から当てるだけで飲みごろかどうか?即座に当てます。

価格は24.95米ドル(約2850円)

最後は数あるワインの中でもおいしいワインを瞬時に検索する「ワインマスター」!

{Wine Enthusiast Magazine」が監修したなんと10,000種以上のワインのデータがこのipodのようなポケット器具に詰め込まれているのです!!

サイズは4.75インチ(約12センチ)x3インチ(約8センチ)。

価格は39.95米ドル(約4600円)

でもこのワインマスターには値段も出てくるわけで、招待された人にも一発でいくらぐらいのワインかわかっちゃうわけね・・・。

いいような、怖いような・・。

でも欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月 2日 (金曜日)

ブエノスアイレス市内ツァー(2)

昨日の続きです。五月広場で名物のマテ茶(Mate de Te)とそれを飲む容器を売っていました。日本の緑茶に似た味でこの容器に茶葉とお湯、それに砂糖(?)を入れて上についているストローのようなもので飲みます。

砂糖入りのお茶と言えば、中国のペットボトル入りの緑茶もなぜか砂糖が入っていましたっけ・・・。

Img_1638

Img_1641

上はその隣にあるカビルド大聖堂。

そしてバスは芸術家の集まる街「ボカ地区に向かいました。

こちらの建物はすべてカラフルに塗られて別世界に来たようです。

Img_1646

Img_1648

Img_1647

Img_1645 そしてこちらでは、」子供たちが路上で民族舞踊を踊っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年11月 1日 (木曜日)

ブエノスアイレス市内ツァー(1)

食事のあとは、三時間の市内観光ツアーに参加。

写真をアップします。

Img_1626_2

Img_1627

上は英国塔。アルゼンチン空軍広場(フォークランド紛争までは英国広場と呼ばれていたそうです)にあり、英国のビッグベンを意識して作られており、1916年のアルゼンチン独立100周年を記念して英国から贈られたものだそうです。

その下は大統領選挙のポスター。左の現職大統領の奥さんが当選しましたね。

ブエノスアイレスの地下鉄は路線によって色が分かれており、緑や青など、わかりやすいです。

Img_1628

Img_1631

Img_1634

ピンク色の建物は大統領府(カサ・ロサーダ)。屋上にはヘリポート、レーダーがいたるところに張り巡らされ、見た目よりもすごく厳重みたいです。

向かいのビルの屋上では、三時になると兵士が鐘を打って時を知らせます。

Img_1632

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

海外おもしろグッズ・パズルとサイン

クロスワードパズル。

子供のころから時間つぶしの定番ですね。雑誌の中に入っているクロスワードパズルにはまってしまいよく数時間をつぶしたものでした。

では、こちらはどうでしょうか?

Img035_2

 どのくらいの時間をつぶせるのでしょうか(汗)

世界最大のクロスワードパズル

このサイズではギネスブックにのっているそうで、高さ、幅は7フィート(約2メートル13センチ四方)。91,000マスに28,000のヒント。

壁のデコレーションにすればきっと話題になることでしょうね!?

お値段は29.95米ドル(約4700円)。

==

もうひとつはご家庭でステーキを焼いていて思いがけずにうまく焼けた場合、この喜びを誰かに分かってほしい!!でも食べてしまえばおしまい・・。

何とか、うまく焼けたんだぞ!と知らせたい・・・。そうだ、サインを入れよう!

ということで、これ。

Img036

偉大なるステーキは芸術です。

だからこのステーキに入れるサイン!!

これで来客の称賛は間違いなし。

14インチ(長さ約35センチ)のステンレスの名入れアイロン

3文字までのアルファベットが入ります。

価格は89.95米ドル(約14000円)

ギフトボックス入りが99.9米ドル(約15500円)

配送まで約二週間かかるとのことです。

いやあ、これらの大胆な発想はさすがアメリカですね!

日本ではありえない発想が面白いです。

お申込みは電話1-800-759-6255か、www.skymall.comから(英語のみ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »