« 香港から広州へ | トップページ | 広州行きのキップの代金 »

2007年9月27日 (木曜日)

香港国際空港からエアポートバスで市内へ

香港国際空港から市内まではエアポートバスで33H$なのですが、乗り込もうとして40H$さしだすと、「ノーチェンジ!!」と言います。

反対側を指差して、向うで両替しろ、というのでバスを一旦降りて、そちらに向かったのですがカウンターらしきものは夜遅くて閉まっています。

まわりには両替できるようなところはありません。

仕方なく、次のバスを待って乗り込みます。

同じように「ノーチェンジ!!」の言葉。

わたしは「OK!釣りはいらない。」というとにこっと笑って「サンキュー!!」

やっとエアポートバスの乗り込めました。

それが効いたわけではないでしょうが、降りるときバスをホテルのまん前で停めてくれました(笑)

 宿泊したホテルはラマダホテル。名前はいいのですが、ベッドと狭いバスルームだけのホテルです。朝食無しで86US$でした。

 もう深夜零時を回っています。

 明朝8:25に京九鉄道で香港紅ハム駅から広州に向かいます。

 今日はもう休まなくては・・・。

|
|

« 香港から広州へ | トップページ | 広州行きのキップの代金 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ご多忙そうですね。少しでもお休みになれたのでしょうか?

おつりの分でホテル前につけていただけてよかったですね。ルールがあってないような所がまだ香港にも残っていたのですね。

それにしても朝食ナシでUS$86は高いですね。夫も出張では宿を取るのが大変で苦労しているようです。

投稿: しんがライフ | 2007年9月28日 (金曜日) 01時19分

商魂逞しいというのでしょうか、香港をはじめ、東南アジアの人は特有の対応をしますね。
もっとも本当につり銭がなかったのかもしれませんが・・・
ホテル前で停めてくれたのも、やはりつり銭分のサービスだったのかもしれないですね。

投稿: 旅ランナー | 2007年9月28日 (金曜日) 21時56分

☆しんがライフさん
貧乏暇無しの旅好きおやじでございます(笑)
香港の街は人が多くて、しばらく歩くと気持ちが悪くなり、ホテルにさっさと戻ってしまいました。

☆旅ランナーさん
つり銭がないのは、そういうシステムになっていたのかも知れません。ホテル前で止めてくれたことはやはりうれしいです。


投稿: 旅好きおやじ | 2007年10月 1日 (月曜日) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港から広州へ | トップページ | 広州行きのキップの代金 »