« ファーストクラスの食前酒メニューは? | トップページ | ファーストクラスの食事の選択 »

2007年9月13日 (木曜日)

ファーストクラスの食前酒メニューは(2)

 続きです。

そして赤ワイン。

シャトー・キャノン サンテミリオン・グランクリュ2003(ボルドー)

ルィ・ラトゥール シャトー・コルトン・グランセ1998(ブルゴーニュ)

シルクウッド・ワインズ シラー スタニスラウス・カウンティ2001(カリフォルニア)

ビーニャ・エラスリス:ドン マキシミアーノ ファウンダーズ・リザーブ2003(チリ)

この中でわたしはシャトーキャノンをいただきました。

このワインはメルロ75%とカルベネフラン25%のグランクリュ(日本酒でいえば特級酒みたいなものでしょうか)でメルローの品種の味が強く出ているように感じました。

複雑な味わいなのですが、こlの前に強烈な個性の勝沼ワインをいただいているので、濃縮された果実というよりも、おとなしめの味に感じられました。このワインの選択で客室乗務員のソムリエさんには素人ということがすぐにばれていたでしょうね(笑)。

あと、日本酒と焼酎は以下の通りですが、もともとお酒に強くないのでこれらは味わっていません。

吟醸酒:

優(福岡)

飛露喜(福島)

焼酎:

森伊蔵(鹿児島)

兼八(大分)

|
|

« ファーストクラスの食前酒メニューは? | トップページ | ファーストクラスの食事の選択 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファーストクラスの食前酒メニューは? | トップページ | ファーストクラスの食事の選択 »