« ラウンジでのマナー | トップページ | 旅行博の前売りチケットは来週から! »

2007年7月12日 (木曜日)

世界最大の観覧車!

世界最大級の観覧車がシンガポールに建設中です。

先月、空港から市内へ向かうタクシーの中から建設中の大きな輪が見えたのですが、

調べてみると、これがマリーナ・センターに建設中の世界最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」だそうです。

2008年2月11日に仮オープンで4月に正式オープンのようです。

また、この「シンガポール・フライヤー」は、有名な建築家、黒川紀章氏のデザインだそうです。

黒川紀章氏といえば東京都知事選に立候補したり、こんどの選挙にも出馬すると発表したり、何かと話題の多い方ですが、確かクアラルンプール空港も同氏のデザインだったと思います。

「シンガポール・フライヤー」の土台となる建築物は、遠くから見ると丘のように見える設計だそうです。

観覧車の直径は150m。

最高部が地上165m(ビルの42階相当の高さ)。

1台に30人(30人?)を収容できるカプセルは全部で28台あり、エアコンとUVカットガラスを完備しており。1周37分かかるそうです。

余計なお世話かもしれませんがチケット代は一人29.5~69シンガポールドル。

平均として一人約50ドルとすると30人x28台で一周37分の間に42,000ドルの稼ぎ。

一日10時間稼動として37分で割りロスを引くと約一日当たり16回転。

この観覧車は一日で67万ドルを稼ぎ出すことになるわけです。すごいですねぇ!!

ちなみにこの「シンガポール・フライヤー」は天気の良い日には、マレーシアやインドネシアまで見渡すことができるそうです。シンガポールの名物になるのでしょうか!

こちらの公式ホームページ(英語)からはCGですが、「シンガポール・フライヤー」の景色の雰囲気をかなり味わえます!!

一度アクセスしてみてください。

http://www.singaporeflyer.com.sg/

|
|

« ラウンジでのマナー | トップページ | 旅行博の前売りチケットは来週から! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

世界最大の観覧車はシンガポーリアン自慢のスポットになりそうですが、果たしてオープンご集客があるかどうか。

雨季にはかなりの雨量のためたとえ乗っても景色はみえないだろうし、それ以前に落雷とかも心配です。また、これからの時期インドネシアからのヘイズが発生すれば視界は非常に悪くなります。それ以外の時期でもここは気温が高く湿度が多いため常にガスっているような空模様なので果たしてどれだけに日数、インドネシアやマレーシアが望めるかなどと思いながら観察しています。

こちらに住む住人からすれば、外観のクォリティー向上よりも、接客、仕事面でのクォリティー向上に力をいれて欲しいと感じています。

投稿: しんがライフ | 2007年7月14日 (土曜日) 02時37分

ビルの42階に相当するというのはとても大きいですね。1つのカプセルに30人・・・すごい容量です。

シンガポールの観光スポットで連想するものはほとんどないのですが、これは呼び物の一つになりそうですね。

投稿: 旅ランナー | 2007年7月16日 (月曜日) 11時31分

☆しんがライフさん

そうですね。シンガポールであまり天高く快晴という日は見たことがありませんね。
それにしても日本の5倍近い観覧車の乗車代は高すぎると思いますね。

☆旅ランナーさん
世界最大ということで呼び物になるでしょうが、料金が高すぎるので一度乗れば十分でしょうね。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年7月17日 (火曜日) 09時08分

こんにちは。

ひとつに30人というと…
ロンドンアイみたいな感じなんでしょうか。
(乗ったことないですが)
乗らなくても、見上げるだけでも面白そうですね。

投稿: s@nas | 2007年7月17日 (火曜日) 09時53分

はじめまして。

ロンドンアイ:直径135メートル、カプセルに25人、一周30分。

シンガポールフライヤー:直径150メートル。カプセルに30人、一周37分。

どう考えてもロンドンアイを意識した建造ですね(笑)

投稿: 旅好きおやじ | 2007年7月18日 (水曜日) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラウンジでのマナー | トップページ | 旅行博の前売りチケットは来週から! »