« シドニー空港に到着 | トップページ | 突然ですがいまデトロイトにいます »

2007年5月11日 (金曜日)

シドニーの鉄道

シドニーの国際空港から市内に入るのにはいくつかの方法がありますが、一番わかりやすいのは鉄道でしょう。

空港の税関を出て右へずっと500メートルほど歩くと、その突き当たりに地下へ降りるエレベーターとエスカレーターがあります。

降りる0705_014 と鉄道の改札口があります。

切符を買う方法はカウンターと自動販売機です。

この写真は一緒にシドニーに行った友人です。切符の代金は13豪ドル1300円でした。

そして鉄道に乗ると、空港からわずか10分ほどでセントラル駅に到着してしまいました。これで1300円はちょっと高いかな?

現地に住んでいる人に聞くと、隣りの国内空港からセントラル駅までで12.2豪ドル。

その隣りの駅からだと7豪ドル台だそうです。やはり空港からの乗降客には5豪ドル前後高めに徴収しているみたいですね。

あとはタクシー(高速を使うと32~6豪ドル、下を行くと26~30ドルぐらい)かバスになります。乗っている時間からすると鉄道が一番便利なような気がします。

我々はセントラル駅で乗り換えて、一駅のタウンホール駅で下車。

そこからダーリングハーバーに面してある「フォーポイント・シェラトン・ダーリングハーバーに歩いていきチェックインしました。ここは元ニッコーホテル・ダーリングハーバーですが、今やANAホテルと共にニッコーホテルも撤退してしまいました。

|
|

« シドニー空港に到着 | トップページ | 突然ですがいまデトロイトにいます »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅好きおやじさん、こんばんは。
画像に映られているのは旅好きおやじさんでしょうか?

以前訪問した時、入国チェックで引っかかっている気の毒な東洋人がとても多かったのが印象的な豪州。レートも悪いですので、遊びに行く気がしない豪州です。以前行ったときは特に、東洋人に対する態度が悪く、レストランなどでは明らかに差別され、うんざりでした。彼らと同等に英語を話すと態度を一変させる人もいます。彼らは私たちが中国人か韓国人だと思ったようです。きれいな国なのですが、人はあまり感心しませんでした。

投稿: しんがライフ | 2007年5月14日 (月曜日) 00時38分

こんばんは、というかこちらではおはようございます。

シドニーの空港は防疫やら、食べものの持ち込みには規制がかなり細かいようです。他と隔離された島国なので仕方がないかとも思いますが。

オーストラリア、特にケアンズ、ゴールドコーストは定年退職者のロングスティ人気の第一位だそうです。シドニーと違ってこちらのほうは日本人大歓迎のようです。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年5月15日 (火曜日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/6377900

この記事へのトラックバック一覧です: シドニーの鉄道:

» トラックバック失礼いたします。m(_ _)m [格安海外旅行術!2100円で海外旅行する方法!]
初めまして、いつも楽しく拝見させていただいてます!^^ 実はこの度、 『格安海外旅行術!2100円で海外旅行する方法!』 というサイトを立ち上げましたので トラックバックをさせて頂きました。m(_ _)m 手前味噌で大変恐縮ですが 非常に有益な情報をご提供できると思っておりますので ぜひ訪問いただければと思います。 万が一不要な場合はお手数ですが削除ください。 これからも応援させていただきます!^^ 大変失礼致しました。m(_ _...... [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月曜日) 02時17分

» 団塊世代は地方に移住するか3 [【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】]
読者の皆様はゴールデンウイークをどのように過ごされましたか。旅行を楽しまれた方が多いと思います。国内外の観光地を旅行していると、たくさんの熟年シニアに会います。夫婦連れで来ている人もいれば、配偶者を連れずに単独あるいは気の合ったグループで来ている人もいます。中には既婚の娘と孫を連れて旅行を楽しむ夫婦あるいはご婦人を見かけます。娘さんの旦那さんは仕事が忙しくて同行できないのでしょうか。熟年シニアの老後の楽しみの一つは気ままな旅行でしょう。1990年代に入ってバブルが崩壊して、安...... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日曜日) 21時19分

» 団塊シニアの希望の未来 [団塊シニアの希望の未来 ]
団塊世代の未来、黄金の十年到来一般的に人口ピラミッドの変化から、日本は急速な高齢化に直面し、大きな不安にとりつかれています。1990年には現役サラリーマン6人で1人の老齢年金受給者を支えていたのが、2020年には2.5人で1人を支えなければならなくなります。一人暮らしの高齢者が増えて、介護のための社会的負担が増大し、若年層の減少によって企業活力が衰退し、日本経済力が弱くなるとも予想されます。どれ一つとってみても、明るい予測はなされてませんし、多くの人々は日本の将来に希望を持つ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水曜日) 22時52分

« シドニー空港に到着 | トップページ | 突然ですがいまデトロイトにいます »