« ニューヨークで「ジャパン・ディ」開催 | トップページ | 和食を輸出? »

2007年4月30日 (月曜日)

日本の野菜を世界中で食べる!!

28日の日経新聞夕刊にこんな内容の記事が出ていました。

------------------

味の桃太郎熱帯に実る

マレーシア中部のキャメロンハイランド。熱帯地にあるにが高地のため避暑地として知られる。見渡す限りの段々畑の間に立つ集荷場からトマトの「桃太郎」や大根、白菜などの日本野菜がクアラルンプール、シンガポールやタイに向けて出荷されている。

ここは以前は花の栽培農家だったが、中国からの安い花に市場を奪われて転業を考えていたところだったが松下電器の元研究者で微生物専門の日本人とであった。彼は1990年代の初めにキャメロンでイチゴの栽培を手がけた経験から退職後は日本の野菜を作りたいと考えていた。同氏の指導でパームやしの搾りかすを堆肥として良質な日本野菜が出来るようになった。

事業開始当時は生産する野菜はわずかだったが今では20品目を超える。

----------------------

マレーシアといえば、「熱帯地方の暑い国」と言うイメージが強いですが、このキャメロンハイランドは高原地帯で、年中長野県と同じような気候だそうです。とても過ごしやすそうですね!?

そして定年退職をした団塊の世代の方々は奥様とご一緒にこういうところで夏場を過ごしたりしているそうです。生活費も日本の軽井沢と比べても格段に安いし、日本の野菜も手軽に手に入りますので食べ物の心配をしなくてもいいみたいです。

ちなみに10年間長期滞在するにはビザが必要で、定年退職者は500万円程度を現地で定期預金すると発行してもらえるそうです。しかし、3ヶ月以内ならビザは必要ありません。

つまり日本の7~9月の暑いときだけ、現地に避暑に行き、12~2月の寒いときにはペナン島で過ごすことも出来るわけですね?!

今、団塊の世代でこのようなロングスティをする人たちが、急速に増えているそうです。

キャメロンハイランドのリゾートホテルのひとつエクァトリアル・キャメロン・ハイランド(Equatorial Cameron Highlands、www.equatorial.com) では長期滞在の日本人のために家庭菜園のコーナーを設けていますが、野菜や果物が収穫できるころになると栽培していたほとんどの日本人は帰国してしまう、と現地のホテルマネージャーは苦笑していたそうです。

日本の野菜や果物が世界中で食べることが出来る時代になってきたとは、外国もすごく身近になってきたのを感じますね。

|
|

« ニューヨークで「ジャパン・ディ」開催 | トップページ | 和食を輸出? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

意外でした。マレーシアに長野のような高原の気候が存在するエリアがあるとは。

日本と海外を行き来しながらのいわば二重生活も、適度な刺激や転地効果があるので、生きがいになるのでしょうね。
こうして日本の美味しい野菜が徐々に伝播していくと嬉しいですね。

投稿: 旅ランナー | 2007年5月 1日 (火曜日) 22時56分

おはようござくぃます。

今、オーストラリアのケアンズに来ていて、やっとネット接続できました。
タクシーの運転手さんによると一日ニ千人の日本人がここケアンズに来るそうですが、スーパーには日本野菜はほとんどなかったですね。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年5月 5日 (土曜日) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/6257038

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の野菜を世界中で食べる!!:

» 団塊世代の旅行 [団塊世代の旅行]
団塊世代旅行は自分のための楽しみ団塊の世代は、まずこれから自分は何が好きかを見つけることつまりこれからのテーマを見つけることに集中すべきだと堺屋さんは言います。そして60から70までそれに打ち込むその収入は、安くてもいいそれが黄金...... [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月曜日) 22時36分

» 定年退職のお祝いには [定年退職]
定年退職のお祝いには、昨今では内輪で祝うことが多いようですが、会社の部課単位で行なう場合は合同で歓送会を催したり、お祝いの金品を贈ったりするのが一般的のようです。目上の人にお金を贈ることが失礼となる場合がありますので贈答品が最適です。が、一風変わった定年退職のお祝いに定年で退職した人に人気のカルチャーセンター主催の講座をプレゼントしてあげるのはどうでしょう。近年は、生涯教育・生涯学習という言葉もすっかり浸透し、高齢者の方も、積極的に学びの場を求めるようになりました。高齢者向け... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火曜日) 23時25分

» もはや「団塊様、お断り」 [【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】]
“移住景気”を喜べない石垣島の苦悩那覇市の南西、約400km。世界有数の珊瑚礁とエメラルド色の海に囲まれた沖縄・石垣島は、癒やしを求める都会人に人気の観光スポットだ。この「美(ちゅ)ら島」で今、深刻な問題が持ち上がっている。大量定年期に入った団塊世代を中心とする都市部からの移住者と地元住民とのあつれきだ。人口減に悩む地方自治体にとって、団塊世代は大切な“お客様”のはずだが、石垣島では逆に「団塊様、お断り」の空気が強まっている。... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水曜日) 16時33分

» 団塊シニアの旅 団塊の楽しみ [団塊シニアの旅 団塊の楽しみ ]
団塊シニア自分発見の旅 団塊の旅行旅は、必要のために出かけるものから、未知のものに興味を感じたり風物に情緒を求め、こころを楽しませ充足させるものへと変わりつつあります。人間のこころに心地よい気分を与えることによって旅の価値が決まるとすれば、それ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火曜日) 23時14分

« ニューヨークで「ジャパン・ディ」開催 | トップページ | 和食を輸出? »