« もう、ゴールデンウィーク? | トップページ | 日本の野菜を世界中で食べる!! »

2007年4月26日 (木曜日)

ニューヨークで「ジャパン・ディ」開催

昨日の日経新聞夕刊にこんな記事が出ていました。

”ニューヨーク・マンハッタンのセントラルパークで6月3日、日本文化を紹介する大規模イベント「ジャパン・デー』が初開催されることが決まった。在米日系企業幹部で作る『JAPAN DAY@セントラルパーク」が24日発表した。

同市周辺には約6万人の邦人が住んでいるが「交流の場がなく、民間レベルでの存在感が弱い」ことから決まった。”とのことです。

この中で面白いのは折り紙や和食などの伝統文化の紹介、空手や和太鼓のパフォーマンス以外に、アニメ、コスプレの体験コーナーを設置することです。

世界に広がる日本発コスプレ!!!

シンガポールやバンコクに、コスプレ喫茶が出来たことは以前にもご紹介しました。

日本のアニメはいまや世界中で現地の言葉に吹き替えられて放映されています。時代は変わって、これらはもはや「おたく文化」ではなく「日本文化?」なのでしょうね。

わたしの時代にはテレビのアニメやアクションもののヒーローにあこがれても、お祭りのときにセルロイドの安っぽいお面を買ってもらうぐらいでした。いまや全身アニメそっくりのコスチュームに変わって、それも子供ではなく青年がお金をかけて着ている・・・、時代は変わりましたね。

|
|

« もう、ゴールデンウィーク? | トップページ | 日本の野菜を世界中で食べる!! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

漫画もアニメもほとんど見れない海外生活をしてきた私にとってはとても縁が薄いのですが、アニメ、コスプレを新たな日本文化として取り入れなければならない時期がきてしまったようですね。

それにしても6万人も邦人がいて交流の場がないとは。確かNYには日本人会もあってかなり頻繁に活動をしていたとNY在住の友人は言っていましたが・・・。

投稿: しんがライフ | 2007年4月28日 (土曜日) 11時39分

いまや「おたく」は世界的にも知られるようになりましたよね。

私も小学校の頃までウルトラマンやその他ヒーローものの人形を買ってもらいましたが、それ以上にコスプレなどの文化が世界に広がっている・・・
あまり理解していないのですが、それだけ海外でも受け入れられていることの証なんでしょうね。

投稿: 旅ランナー | 2007年4月28日 (土曜日) 22時31分

☆しんがライフさん、日本人会の門戸が高くなっているのでは?若い人たち(コスプレ世代?)は現地で生活していても、おじさんばかりいる日本人会には立ち寄りづらく、それだけ世代のギャップがあるのではと勝手に推測しています。
以前食事したシンガポールの日本人クラブも立派な作りと、高級日本食はさすがですが、現地で働く若い人達とはあまり縁がないのではないでしょうか?よければご意見お聞かせください。

旅ランナーさん、こんにちは。
ええ、わたしもあまり理解していないのですが、世界コスプレ大会というものが日本で開催されていて、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界から集まっていろいろなアニメの衣装(メイドも?)を披露するみたいです。
わたしの会社のそばにある東京ビッグサイトでは、しょっちゅう派手なコスプレショーをやっていてそのたびに多くの若者が集まっています。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年4月30日 (月曜日) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう、ゴールデンウィーク? | トップページ | 日本の野菜を世界中で食べる!! »