« ケーキマンにワインマン | トップページ | ニューヨークのボッタクリタクシーが!? »

2007年4月11日 (水曜日)

ワインマンに捕まった!!

 「本当に40ドルもするものなのか?ボトルをよく見せろ。」と、こちらも余裕が出来たので彼に強気に出ると、彼は黙って袋の中身を見せてくれました。

 お?意外と素直じゃないか?

 中身を検証するとたしかにワインボトルは割れてはいるものの、あまり聞いたことのないようなブランドです。袋の中からはぷーんとワインのにおいが漂ってきますが、それほど高級そうな感じではありません。

 「ふーん、そういえば確か最近、このへんを『ワインマン』と呼ばれている男がいると聞いたがお前なんだな?」と話しかけると、「いや、違う。昨日ニューヨークに着いたばかりだ。」

 「うそをつけ。お前が数日前にもワインの袋を持っているのを、おれは見かけたぞ。」と」さらに追い討ちをかけると彼は横に首を振るだけです。実はわれわれはさっきニューヨークに到着したばかりなのですが・・・。

 こんなやりとりをしている間に誰かこの道を通らないかと、期待していたのですが・・・残念ながらこのあたりはしーんと静まり返っています。

 この後、沈黙があり、ふと見ると彼のジーンズのポケットが膨らんでいます。

 「ん?ひょっとしてナイフを隠し持っているのか?」

 あまりここで時間をかけすぎると彼を冷静にさせるだけなので、早く切り上げたほうが得策です!

 「わかった、実は横にいる彼は酒屋をやっているのだが、このワインは40ドルもしないといっている。ついては20ドルは弁償してやるからそれで新しいワインを買ってくるといい。」と言って、彼から見えないところでお客に財布から20ドル出してもらいました。

 もし、彼の前で20ドルを出すためにわたしが財布を開けて、もっと札束が入っているのを目にすると、彼にも欲が出るのは分かりきっています。

 わたしの後ろにいるお客から20ドルを手渡してもらい、それを黒人の彼に握らせると、彼はとりあえずは思ったよりも額は少なかったものの、目的を達成したからか、

「いやぁ、それでOKだ。これはミスターに渡そうか?」と割れたワインボトルを袋ごとわたしに渡そうとします。

 ワインのにおいがぷんぷんした袋など貰っても仕方がないので、「それはお前のほうで処理してもらえないか?」と言うと、彼は「OK」と手をあげてからきびすを返して向うに歩き出したので、私達は反対側に歩き出しました。

 やがてもう少し明るいところに出たので、その近くにあったスポーツバーのようなところに飛び込みました。彼がまた戻ってこないようにビールを飲みながらしばらく時間をおいてホテルに戻りました。

 詐欺師の輩も所詮同じ人間です。

 そういう現場に出くわしたら過剰に反応しないで、冷静に対応したほうがよい結果になることもありますね。

 本音は、わたしもかなりびびっていましたが(笑)

|
|

« ケーキマンにワインマン | トップページ | ニューヨークのボッタクリタクシーが!? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

やはりワインマンでしたか。でも上手に相手を逆上させずにきりぬけられたところ、お金はご自身からではなく見えにくい別の方にだしてもらうなどの判断はさすがですね。20ドルでかたがついてよかったですね。読みながらハラハラドキドキしてしまいました。

とっさにはなかなか出来ないことなのに、旅好きおやじさんの冷静な行動がお客さんを救うことになったのですね。とにかく怪我などがなくてよかったです。

投稿: しんがライフ | 2007年4月12日 (木曜日) 08時43分

当時いましたね!そんなあたりやが。

最近の事件から比べると当時はまだまだ可愛いものですよ。いまはキャッシュではなくコンピューターで通帳からゴッソリ持っていかれる時代になってますから。

投稿: 出張族 | 2007年4月12日 (木曜日) 23時22分


☆しんがライフさん、おはようございます。

 思い起こせば、結構いろいろなハプニングに会ってきていますが、何とかここまで生きてきています(笑)

☆出張族さん
そうですね。海外から帰ったら預金通帳がゼロになっていたら怖いです。そこまでではないですが、似たような人はいるみたいです。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年4月13日 (金曜日) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケーキマンにワインマン | トップページ | ニューヨークのボッタクリタクシーが!? »