« パリで財布を盗まれた!!!〈2〉 | トップページ | イギリスまで9万円で、格安航空会社と違いマイルがたまる! »

2007年4月22日 (日曜日)

パリで財布を盗まれた!!!〈3〉

 今日は暖かくて、さわやかな風が吹く一日です。

昨年4月23日からこのブログを始めてから一年がたちます。

過去の情報も膨大な量になってしまいましたので、ここらでいったんこれらのデータを整理してみようと思います。よって更新は不定期になってしまいます。

大きく分けてマイレージや海外懸賞に関する速報、旅行記、ツアーや航空会社自体の動向によるお得度分析。外貨両替分析、そしていろいろな小物ねた。そして今回続けている海外渡航を安全に過ごすための実体験談。

ダントツにアクセス数が多いのは最初のマイレージや懸賞ねたですが、いろいろなブログで既に紹介済みなので、アクセス数狙いであまりこちらに特化する気はありません。

そして次に好評なのは旅行記ですが、これは本来の「海外旅行でちょっと得する話」とはトピックがそれますので、別のブログサイトに集約しようと考えています。

海外渡航を安全に過ごすための失敗の実体験談は、一部の人には大好評なのですが大多数の人はあまり興味がないようなのでこれで最後にします。

過去のねたのなかのいくつかをビジネスにしたいとの話も何件か来ていますので、これは追ってこのブログでも経過報告していきます。

ということで、本題の続編です。

--------------------------

パリのオペラ座に到着して地図を持ちながら探してみましたが、警察署がなかなか見当たりません。

偶然、その近くに銃を持った警官らしき人が二人いましたので、住所と地図を見せて、英語でこの場所はどこか?聞くと。

一人は右を指差し、もう一人は左を指差しました。

????????

二人がフランス語で言い合って、片一方が勝ったのか、フランス語で何かしゃべりながら右を指差しました。もうひとりは黙ってしまいました。

そして言われたとおり右側にどんどん行くと、何か住所の番地が変わっています。

「おかしいな?」

今度は警察署があるあたりの住所に戻って、その近辺に立っていた別の警官に聞くと、またフランス語で説明しながら今度は左を指差します。

そしてその通りにあるくと、なんとオペラ座に出てしまいました!!

「違う!」

だんだんといらだちと疲れから不機嫌になってきます。

ふと横を見ると、ガラス張りのみやげ物屋の店の中に日本人らしい女の人がいます。

中に入って、土産を販売する手が空いたときに、「すみません、この近辺に警察署はありましたでしょうか?」

「そういえば道向うにあったわよね。」

彼女から地図を指差して説明を受け、お礼を言って警察署に向かうと、今度はありました!!!!古臭い建物です。

その場所は警官の言った方向とはぜんぜん違い、また彼らに道を聞いたすぐそばだったのです。

さあ、階段をあがってドアを開けようとすると・・・・、開きません!

え、休日は警察署も休みだったっけ????

 仕方なく、地下鉄の駅からとぼとぼと歩きながらホテルに戻ると、団体のメンバーはすべて戻っておられて、彼らは空港に向かうところでした。ところが話を聞いたメンバーのお一人(某会社の役員の方です)が「もしよければこれを使ってください。返していただくのは日本に帰ってからで結構ですから。」と、なんと10万円ほど貸していただいたのです。

 これで数日はクレジットカードがなくても何とか過ごせますので、無事出張の仕事を全うできそうです。

後日談ですが、そのときにお金を貸していただいた役員の方は、その数年後病気でお亡くなりになってしまいました。

わたしとその方とはお仕事の関係はなにもなかったのですが、お金を貸していただいたときの笑顔は、十年以上たったいまでもわたしの心に焼きついています。

|
|

« パリで財布を盗まれた!!!〈2〉 | トップページ | イギリスまで9万円で、格安航空会社と違いマイルがたまる! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

海外で道を聞いたりすると結構いい加減な答えであることが多いですよね。もちろん、しっかりと教えてくれる人もいますが

最近はこの人はいい加減なことを言っているな、と表情や目から、そうしたニオイを嗅ぎ分けられるようになりました。

投稿: 旅ランナー | 2007年4月22日 (日曜日) 22時35分

それは頼もしいですね。

パリでは警察官がいい加減なことをいうのには唖然とします。

逆に日本人はそれだけまじめなのでしょうね。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年4月23日 (月曜日) 18時54分

こんにちは。”パリで財布・・・”話をドキドキしながら読ませていただきました。パリの警察のいい加減さに驚きながらも、困っているだろうと察してお金を貸してくださった方の優しさに思わずジィ~ンときてしまいました。

父が若かったころ、出張で行ったインドネシアの空港内(ラゲージクレームをする以前に)トランクが盗まれてしまいました。その後40日も出張が続く予定でしたが、事情を聞いた当時駐在されていた方々が下着などの着るものを譲ってくださり、またお金も貸していただいて何とか任務を終え帰国してきました。そのとき心にかけてくださった方々のことをその後も父はとても大切にしていました。

お世話をした方からのつれない一言にはがっかりしますが、その反対に心をかけてくれる方もいる。そんな方がお近くにいてよかったですね。

余談ですが、ガルーダからは3ヵ月後にトランクの紛失代として3万円もらいましたが、その金額の低さに家族でがっかりしたものです。

投稿: しんがライフ | 2007年4月28日 (土曜日) 11時13分

おはようございます。

昔のインドネシア空港は賄賂も横行していて、治安も悪かったものです。トランクの紛失代は日本人から見ればほんのわずかでしょうが現地の物価からしてみれば当時の三万円というのは高額だったのかもしれませんね。
わたしは普段付保していませんが、こういう場合にそなえて日本で盗難保険をかけておく必要があるのかもしれませんね。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年4月30日 (月曜日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/6174660

この記事へのトラックバック一覧です: パリで財布を盗まれた!!!〈3〉:

» 海外 格安旅行 [格安ツアー情報局]
旅行やツアーへ行くなら、国内でも海外でも、できるだけ格安で行きたい! [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月曜日) 01時04分

« パリで財布を盗まれた!!!〈2〉 | トップページ | イギリスまで9万円で、格安航空会社と違いマイルがたまる! »