« あのエアーアジアに乗りました! | トップページ | マレーシアのパーム農園 »

2007年3月15日 (木曜日)

クアラルンプールLCCTに到着しました

 クアラルンプールのLCCT(ロウ・コスト・コネクション・ターミナル)。

 いわゆる格安航空会社用の発着場です。ここは空港のはずれにあり、機内から到着ロビーに直接入るなどということは出来ません。

 飛行機が着地した後、その飛行機からタラップを使って地面に降りて、そのまま歩いて入国審査場に向かいます。

 そして手荷物引き取り場を抜けて外に出ます。

 このLCCTの一歩外に出ると、なんにもありません。また空港からホテルへのシャトルサービスの表示もわかりづらいので、お客よりに提案によりタクシーでホテルへ向かおうということになりました。こちらの空港タクシーはメーターでなく、先に空港内のカウンターで人数と荷物の数により料金を決めるようになっています。

 宿泊するのは空港近くのホテル「コンコルドイン」。人数は三名。

 タクシー代はMR32.2(約1075円)と比較的安いほうです。

 タクシーで10分ほどで「コンコルドイン」に到着しました。

ホテルの周りは緑にあふれ、小鳥がさえずっています。

ホテル代は税金5%サービス料込みでMR195(約6500円)。平屋のモーテルのような宿泊施設で、部屋はごく普通でこぎれいです。バスルームありませんが、シャワールームはあります。部屋にインターネット接続回線はありませんが、ロビー横に無料インターネット端末があります。

クアラルンプールの空港にはパンパシフィックホテルありますが、こちらは値段が約1万5千円以上しますので、コストを安く抑えるのならばコンコルドインはお勧めです。

予約申し込みは下記から出来ます。

http://www.concorde.net/sepang/

 

|
|

« あのエアーアジアに乗りました! | トップページ | マレーシアのパーム農園 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

連日の赤ゲット物語面白く拝見しています
ちなみに、AirAsiaの真赤な専用SKY/BUS(Daily Non‐Stop Buses)が、 空港前から市内 KL Sentralに15‐30分置きに出ています.RM 9はお得です.

投稿: JIJI | 2007年3月15日 (木曜日) 11時10分

そうですね。市内までのバスはすごく安いのに、空港近くのホテルに行こうとすると、相当ぼったくられます。タクシーの乗車する人数に一人いくらと荷物いくらで料金を取られます。

LCCTの格安航空会社を利用するような人はタクシーなど使ってはいけないんでしょうね。

投稿: 旅好きおやじ | 2007年3月18日 (日曜日) 13時35分

前のメールとは全然関連がないのですが、、、こんにちは!始めてメール出します。50歳代のおやじです。パーム油のことについてお聞かせください。パーム油が、バイオデーゼルに使用されているのは知っていますが、油を絞ったカスはどのように使用されているのでしょうか?捨てていると友人に聞きましたが、どの程度捨てているのでしょうか?小生の友人に、このカス集めて灯油と混ぜて、通常使用できる軽油を作る技術を開発した人がいます、このような技術が現地で有効利用されれば、カスの有効利用と軽油の製造一石二鳥のエコになると思いますが、実際現地ではどのような状態(廃棄状態)なのでしょうか?もし、もし知っておいででしたら。お教えください

投稿: 藤井 | 2010年3月28日 (日曜日) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/5695364

この記事へのトラックバック一覧です: クアラルンプールLCCTに到着しました:

» 日本=マレーシア往復$150(約18,000円)?!  [猫のかわら版 ]
「2008年に、日本⇔マレーシアの往復料金を$150で{%kirakira2_a%}」と余裕を見せるのは、アジア最大手の格安航空会社エアアジアのCEO(最高経営責任者)トニー・フェルナンデス氏です。 [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木曜日) 12時55分

« あのエアーアジアに乗りました! | トップページ | マレーシアのパーム農園 »