« アジアの中の日本 | トップページ | 空の黒船が押し寄せてくる! »

2007年2月25日 (日曜日)

テング熱と機内持ち込み制限開始

 日増しに暖かくなっているとはいえ、まだまだ寒い日本ですが、

 我々が東南アジアに行く場合は現地の季節が日本と違うため持って行く所持品、服装には気をつけなければいけませんね。

 成田空港までは冬服にコートといういでたちで出かけ、現地に着いたらTシャツに薄手の綿パンツのみで仕事以外の時間を過ごすということも結構あります。

 これらを怠ると現地について風邪薬を毎日飲まなければならないはめにおちいったりします。

 そしてインドネシアやフィリピン、インドなどの東南アジア諸国に出かける場合には、必ず虫除けや長袖、長ズボンを持参しましょう。

 例えば、ジャカルタの街は下水状況があまりいいとはいえません。そして、先般のインドネシア大洪水による水が引いた後、テング熱ウイルスを持った蚊が大量発生して、多くの方が蚊に刺されてなくなっています。

 日本ではあまりテング熱という言葉になじみがないですが、この蚊にさされると「38~40度の高熱や関節痛など」の症状がでて、その次の鼻血などがでる「テング出血熱」になると死にいたるそうです。

 日本の患者数は2000年には18人しかいなかったのが、2005年には四倍の73人。

 昨年の患者数はもっと大量にいる、といわれています。

 これらの蚊は都市部にもいるので現地では虫除けスプレーは欠かせません。必ず出発前に購入するのを忘れないようにしてください。

 ついでに、記しておくと、今週木曜日(3月1日)より、機内持ち込みの液体類に制限がはいります。蚊よけスプレーも対象にはいります。

 機内に持ち込む場合には20センチ四方以内の透明なビニール袋に入れるか、預け入れ荷物に入れなければなりませんのでこの点も気をつけてください。

Photo_20

画面をクリックすると大きくなります。

国土交通省のホームページ:

http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/index.html

|
|

« アジアの中の日本 | トップページ | 空の黒船が押し寄せてくる! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

デング熱 (dengue fever) は知人がかかったことがあり大変辛そうでした。シンガポールはペストコントロールを強化しているので安心という人たちが多いですが、雨が降り続いたあとや薄暗いところにいるとすぐに蚊にさされることがあるので要注意ですね。旅好きおやじさんも東南アジアにご出張が多いようですので、十分気をつけてください。

投稿: しんがライフ | 2007年3月 1日 (木曜日) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アジアの中の日本 | トップページ | 空の黒船が押し寄せてくる! »