« 世界一周チケットがなんと120名!!!(追加) | トップページ | テング熱と機内持ち込み制限開始 »

2007年2月24日 (土曜日)

アジアの中の日本

 一週間前の17日、日経新聞の夕刊に面白い記事が一面に出ていました。

JAPASIA(アジアの中の日本)という表題で、メード喫茶がシンガポールにオープンしたことを書いています。

Cci00000_4~記事の要約~

「シンガポールの中心街に昨年12月、初のメードカフェが開店した。

もてなすのは自作のメード風衣装に身を包んだ16歳から23歳の女性たち。

店を開いたのはファーリン・タン・チャーメイさん(16)。チャーメイ(佳美)の名前からコスプレ仲間ではよしみで通っている。

彼女は昨年8月に名古屋で開催された「世界コスプレサミット」のシンガポール代表。

その際、彼女は東京・秋葉原で入ったメードカフェに感激し、両親の資金援助でシンガポールに開業した。この店のメードには約200人が応募した。

店を切り盛りするのは兄のフロイドさん(26)。彼はアニメなどのサブカルチャーに興味があるという。

3月にはシンガポールでコスプレなどのイベントを計画中。」

 わたしは、秋葉原のメード喫茶(カフェ)には入ったことはありませんが、ニュースなどで知ってはいました。最近は一時ほどは騒がれていないので、もう下火になったと思っていました。

 ところが、着実に浸透しているのですね!!!

 異国の地でメードの募集(たぶん一店の募集だと数人ぐらいでしょうが)に200人も応募したとはまたまた驚きです。

 そして、クアラルンプールの日本人があまり行かないようなショッピングセンターにもフギュアの専門店があり、そこにアニメの原画がかざってあったのにも驚きました。

 「オタク」や「萌え」などの言葉もアジアで浸透しているそうです。

 最近の日本企業は世界的にあまりぱっとしません。しかし、日本発でアジアから世界に広がるこのおたく文化は、わたしのようなおやじの理解の範囲を超えていますが、非常に興味深いものがあります。

(写真は日経新聞2月17日号夕刊より)

|
|

« 世界一周チケットがなんと120名!!!(追加) | トップページ | テング熱と機内持ち込み制限開始 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅好きおやじさん。

こんど秋葉原へ一緒に行きましょう。

そしてご主人様といわれましょう。
会社ではこんなことは絶対いわれないし、わが家でも絶対いわれないです。

投稿: 出張族 | 2007年2月24日 (土曜日) 22時36分

シンガポールでですか~!

きっとオタク文化は世界中に
広まってるんじゃないでしょうか!

ヨーロッパでも日本のマンガやアニメが
人気でした。

NANAがイタリアで放映されててびっくりしました~

投稿: 楽々月20万!現役キャバ嬢のお気楽オークション日記@さくらこ | 2007年2月25日 (日曜日) 02時19分

旅好きおやじさん、こんにちは。
メイド喫茶がアジアに浸透ですか?!
はあぁ~、ぐーたも以前、新しい事業を色々考えたとき、「大奥喫茶」なんぞを考えました(^^;)
Japan独特で海外にウケそうかな~と(^^;)
お客様は「上様」と呼び、自分のことは「ワラワ」と呼ぶ。
時代劇言葉炸裂で、抹茶をたててあげる・・・

しかし、着物やカツラなど、経費がかかるので無理かな・・・。着付け出来る人じゃなきゃダメですし。

投稿: ぐーた | 2007年2月25日 (日曜日) 16時28分

☆出張族さん、
なんかメード喫茶にいくとなると緊張するね。
きっと若い人ばかりでしょう(といいながらも、少しは怖いもの見たさで興味あり)。

☆さくらこさん、こんにちは♪
日本のアニメは世界でもダントツですね。
おたく文化が日本を救う!!

☆ぐーたさん、こんにちは。
すごい、大受け!!!!
大奥喫茶!
着付師を世界に派遣して、お客さんが「ういやつじゃ、苦しゅうないちこうよれ。」メードさんが「なにをご無体な。」
その前に大奥アニメ、漫画を世界に輸出しなきゃ。


投稿: 旅好きおやじ | 2007年2月25日 (日曜日) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91390/5471922

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの中の日本:

« 世界一周チケットがなんと120名!!!(追加) | トップページ | テング熱と機内持ち込み制限開始 »