« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月29日 (金曜日)

年末年始のご挨拶

2006年はブログを立ち上げ、多くの人に読んでいただき

ありがとうございました。

明日より新春三日まで更新はおやすみさせていただきます。

来年が皆さんにとってよいお年になりますように。

| | コメント (4)
|

2006年12月28日 (木曜日)

JMBたび倶楽部マイスター

今日は上海ネタは一休みです。

ところで先日、JALさんから突然下記のようなカードといろいろな書類を送ってきました。

Cci00000_3 

 そういえば以前JMBたび倶楽部というものに入会していたような・・・していなかったような・・・あまり記憶にはなかったのですが、よく規約を見直してみるJMB旅行会社提携カードを保有しているか、JALカードツアープレミアムに入会していると、JMBたび倶楽部に参加できるようです。ということは以前に参加申し込みをしたことになります。

 これは国内線に1月からの一年の間に、4回乗ると1000マイル、6回以上で2000マイル加算され、そして国際線に4回以上搭乗するとさらに2000マイル加算されるというプログラムなのですが、国際線への搭乗が8回以上か、国内線とあわせて12回以上でマイスターとして認められ、上の写真のマイスターカードと、あわせて以下のような特典が追加でもらえるのです。

1.バーゲンフェアやその他の国内旅行の格安運賃であろうと再来年の3月31日まで100%マイルが貯まる。

2.悟空やHISなどの安売りツアーであろうと再来年の3月31日まで100%マイルが貯まる。

3.国内線のクラスJへのアップグレード券を4枚もらえる。

4.空港利用の宅配クーポンを二枚もらえる。 これを使うと荷物を業者に自宅に取りに来てもらって、その荷物を受け取るのは、成田ではなく到着した空港の荷物引渡し場所になります。これは大きな荷物を転がして空港まで行かなくてすむので大変便利です。

 これ以外にも空港内の店舗「blue sky」や、「JAL-DFS」での割引が受けられます。

 お得ですよね。たまにはANAさんにも乗ってみようと思うのですが、これほど優遇を受けると浮気しにくいですね(笑)。

 出張で国内にいくことが多い人でも、年に二回は海外に行く人も、この倶楽部に参加しておいて損はありませんね。

JMBたび倶楽部の案内:

https://www.jal.co.jp/jmb/tabi-club/guide.html

| | コメント (2)
|

2006年12月27日 (水曜日)

駆け足上海旅行記⑤

豫園に到着、ここは上海の定番中の定番ですね。

明の時代に役人の潘允端によって1577年に建設された、今で言う公務員が作った庭園だそうです。

ガイドさんは、「当時の役人の給料はそんなに多くないはずです。これは明らかに賄賂で建てた庭園ですね。」と言っていました。

Img_0773

 周りのみやげ物屋も風情のあるつくりですね。

 この辺は豫園商城と呼ばれるそうです。

Img_0774

 小龍包で有名な「南翔饅頭店」。

Img_0776

 朝から饅頭を作っていますが、中は暖かく、外は寒いので、湯気で中がよく見えません。

Img_0777

ここは豫園に通じる九曲橋。

ここを渡らないと入り口にたどり着けません。

 Img_0778

九曲橋に面した緑波廊餐庁。景色を見ながら飲茶を味わえる店です。

 Img_0782

 

さあ、この橋を渡って豫園です。

Img_0786

この豫園はいったん壊されたのですが1956年に再建されたものだそうです。

で、庭園の中は昔の建物と、再建された建物とが入り混じっています。

Img_0788

 明日は豫園の中の報告です。面白い建物が満載でした。

明日に続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年12月26日 (火曜日)

駆け足上海旅行記④

 夜、やっとホテルに到着したわけですが、唯一の欠点は都心や駅から遠いこと。

 土曜日の夜だからか、ホテルの周りはほとんど店が閉まっていて、

コンビニを探すのに一苦労しました。

 薄暗い町並みを歩き回って、やっとちいさな名もないコンビニを見つけました。

 そしてそこで飲み物と軽食を購入しました。

 サントリービール(三得利?)が35円ぐらいでしたか。

 輸入された極端に値段が高い食品と、現地の安い食品がごちゃまぜでした。

 そして、その日はホテルの回りには何もないので、ビールを一杯だけ飲んで寝床につくことになりました。

 さて翌朝、ホテルのレストランで朝食をとり、みんなでバスを乗り込みました。

Img_0762_1 朝食は可もなく、不可もなく洋風と中華のビュッフェ。

 なぜかアジアのレストランではかならずビュッフェにスイカが出てくるのですね・・・。

 以前冬場でもスイカが採れるのか不思議に思って武漢で聞いてみたら温室栽培していると言っていました。

 冬場の温室栽培でも値段は相当安いらしいです。

 バスはまず豫園に向かうことになりました。

Img_0764

 中国の年配の人たちが朝から太極拳をしています。

Img_0766

 まもなく豫園に到着です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年12月25日 (月曜日)

駆け足上海旅行記③

 上海に到着した日の最高気温が5度、最低気温は0度でした。

 どうりで日本と比べて冷える訳です。

 上海浦東国際空港はとにかく長い(大きい?)ゲートから歩いてムービングウォークに乗っても、入国審査場に到着するまで約十分かかりましたね。

 空港の入国審査場は夜遅いからか、いつものようには混んでなかったのですが、

一人当たりに検査官がかける時間は、パスポートをみてから、パソコンと照らし合わせてと・・、

結構長いですね。ここでかなり時間をとられます。

さて、上海空港でほかの空港よりも便利なところを見つけました。

それは入国審査を抜けると、まん前に一台だけ、シティバンクのATMがあることです。

中国の空港で両替すると、結構な額の手数料を取られるそうですが・・・、

中国入国前に、ここでシティバンクの口座から中国通貨の元を引き出すのです。

両替手数料はいりませんし、交換レートは市中銀行並みでしょう。クレジットカードからの引き出しもできます。

そしてATMの手続きがすべて日本語表示にそってできるのです。

↑これは、覚えておいたほうがいいです。

 その次に税関申告書を通り抜けて、集合場所に行くと、そこに集まったツアー客は全部で8人でした。

 先に中国東方航空で到着した人を含めると、総勢18人の団体です。

 われわれはミニバスに乗ってホテルに向かいました。時間は夜の10時ごろです。

 泊まったホテルは「金沙江大酒店」(JIN SHA HOTEL)。

 古いホテルですが思ったよりはしっかりしていました。

しかし・・・

Img_0763_1

翌朝、正面から撮ったホテルの玄関です。

日に続きます

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年12月24日 (日曜日)

駆け足上海旅行記②

昨日からの続きです

機内で上映される映画・音楽の冊子を開けてみると、

おー!

最新作が多いのですが・・・、なんとアジア映画が中心なんです。

これって欧米路線でも同じ内容の映画ですよね?

最初に、今年公開された「マイマミバイス」のリメーク版(確かにこれは欧米の映画です)が、その次に来るのが「UDON」ユースケ・サンタマリ主演の讃岐うどんの映画。

そして「フラガール」常磐ハワイアンセンターが出来るまでを描いた映画。

そして、韓国でヒットした怪獣映画名前は忘れましたが・・・、グレム・・。のようなアジア映画です。まだ他にも日本映画があったような。

もちろん最新作でアメリカのラブドラマが一本ありましたが、

邦画、アジア映画のこんなに多い月ははじめてです。

JALさんも対象を日本人客に絞り出したのかな?

友人は「リクエストの多かった作品」コーナーの中から「私をスキーに連れてって」を喜んでみておりました。「原田知世はこんなにかわいかったっけ?」との質問。

スキー場マジックというもので、スキー場では女の子はみんな可愛く、男はハンサムに見えるそうですよ。

一つ困ったこと。映画は大体一本が2時間ぐらいなのですが、水平飛行になってから上映開始するので、上海行きだと最後まで映画が見れない場合が多いことです。

案の定、UDONのクライマックスのいいところで、ぷつん

「当機はあとおよそ20分で上海空港に着陸しますので、機内でお楽しみいただきました映画はこれで終わらせて頂きます。」

帰りはジェット気流の関係で行きよりもっと早く日本に到着するため、

フラガールのクライマックスにいくまで映画を見れず、映画の内容が訳のわからないまま到着してしまいました。

さて、わたしからのお勧めは今月機内寄席で流れていた、ものまねの立川真司の録音です。

電車でGO」の車掌の声を担当していたものまね名人ですが、今回は電車の車掌だけでなく電車そのもののまね、ボーイング747、777の音まねや、横断歩道の音まねなど、何度聞いても吹き出しそうな芸は価値があります。

国内線でも録音を流しているそうなので、里帰りでJALを使う場合には是非一度聞いてみてください。

こんなことを言っているうちに、上海浦東国際空港に到着しました。

機外に出ると・・うー、寒い!!

明日へ続く

| | コメント (2)
|

2006年12月23日 (土曜日)

駆け足上海旅行記①

さて、今日から上海旅行記を始めます。

我々のツァーは関西空港発が夕方の18:55発JAL便だったのですが、

東京から出発する我々にはそれにうまく接続できる国内便がありませんでした。羽田にあるポスターには「羽田→関空→海外という方法もある」というような宣伝がありましたがまずうまく接続するような便の拡充が最優先だと思います。

結局、わたしはANAの羽田発13:50に搭乗して15:05に関西空港に到着。

それから4時間弱、上海行きの搭乗時間まで待ちましたが、さらに友人の一人はJALでの搭乗にこだわった為、もう一時間ほど早く関西空港に到着してしまい、わたしよりもさらに関西空港で時間をつぶさなければならなかったのです。

関西空港は大赤字がずっと続いているということで、昨年には松下電器の優秀な幹部が関西空港の建て直しの為に派遣されています。

建て直しを行なうならばこういう顧客の目線に立った改革をまず行なうべきでしょうね。接続が不便だと海外へ向かう旅行者だけでなく、海外から来る旅行者も関西空港経由を避けていくようになるでしょう。

さて、18:55になりました。

飛行機は時間通り関西国際空港を飛び立ち、約二時間半のフライト時間を過ごすことになりました。

機内は相当空いており、見回したところ搭乗率は50%ぐらいでしょうか。もちろん我々はゆったりと座ることが出来て大変ありがたかったのですが、この赤字のつけがどこかに回されて我々のほうにしわ寄せが来るのでしょうね。

この飛行機は順調に高度を上げて、やがて水平飛行に移りました。

そしてさっそく食事と飲み物のサービス(短距離なのでこの二つは同時でした)を受けました。

米系航空会社はエコノミークラスではアルコール類が有料になっているところが多い中(しかも配布される塩味のおつまみは、一番奥だと放り投げてくる!?)、JALはビールでもワインでも好きなものをおつまみと一緒に提供してくれますので、この料金のツァーでここまでしてもらえるとは大変うれしいです。

食事と共に機内映画を楽しもうと、機内の上映映画の冊子を開くと…!!

え?

(明日へ続く)

| | コメント (2)
|

2006年12月22日 (金曜日)

【番外編】クリスマスライブに行って来ました

20061221001_2 昨夜、六本木の「ブレーブ」で行なわれた安藤冴さんのクリスマスライブに行って来ました。

最初に冴さんと同郷(岐阜県多治見市)のヤマジマサトさんがギターを弾きながら熱唱。ヤマジさんは以前三浦友和氏の付き人を経験してから俳優、そしていまの世界に飛び込んだそうです。

20061221_1

そして、冴さんのシンセサーザーと奥田あやさんの即興画作成とが、同時進行しながら、ジャズあり、中国メロディあり、即興で作曲をしたりそしてクリスマスソングとバラエティにとんだ内容であっというまの3時間でした。

最近の安藤冴さん

20061221003

奥田あやさん20061221004

写真がハレーションをおこして、よく見えなくててすみません。

2月頃にサントリーホールで中国の有名な二胡奏者と演奏会も企画されているそうなのでまたその祭にはお知らせいたします。

| | コメント (0)
|

2006年12月21日 (木曜日)

【番外編】クリスマスライブは今日です!!

ライブ名:あんどーさえ&奥田あやジョイントライヴ!

■日時:2006年12月21日(木)

ライヴ/20:25~
     21:15~

■会場…六本木『BRAVE BAR』
    東京都港区六本木5ー18ー1
    PURE六本木ビル6階

■電話…03ー3587ー2985

チャージ/席料1000円。
 /ミュージックチャージ2000円

■出演…●あんどーさえ/作曲・編曲、 シンセサイザー、ピアノ、弾き語り
      ●奥田あやーほとけ画師ー/即興画

その他詳細は↓

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_df4a.html#trackback

| | コメント (0)
|

2006年12月20日 (水曜日)

上海空港トラブルその2

昨日の続きです。

二度ほど係員より「預けたいですか?」「はい預けたいです!」「・・・」

「預けたいですか?」「はい預けたいです!」「・・・」

と繰り返し問答を続け、係員はあきらめたように別のコーナーにわたしを連れて行きました。

そしてノートのようなものにわたしの搭乗券の名前を書き、そのときの時間を搭乗券に記入してからわたしにそれを渡しました。

そして黙って職員通路を指差し、そのまま行ってしまいました。

もう何も聞けないので、しかたなくその細い道を抜けると、男性の係員が手を後ろに回して立っているので、わたしは酒と搭乗券を突き出して、「これを預けろといわれたのだ!」というと、係員から「ではパスポートを見せろ」といわれました。

やむなくパスポートを提示すると、係員はなんとそのパスポートをわたしから取り上げたのです。

「なにをするのだ!!」というと「戻ってきたらこれは返してやる。」といわれ、わたしは搭乗券と酒を持ったままゲートの外に放り出されました。

そして、JALのチェックインカウンターに向かい、搭乗券を見せながら経緯を説明してお酒を預けてもらいました。

さあ、またゲートに向かわなければなりません。

さっき来た道から戻ろうとすると、別の係員が「ここからは入れない。旅行者はあちらへ行け。」と阻止しました。

しかたなしに旅行者用の列に並ぶとみんな税関申告書と出国申告書を提出のために並んでいます。

でもわたしは搭乗券以外何もないのです・・・・・。

で、ふと見ると、税関申告でみんなが列を作っているカウンターの横にも別のカウンターがあり、ひとり暇そうに座っています。

そこで再度「わたしは搭乗券以外はないのだ。なぜなら・・・」と、同じ説明をすると、係員はめんどくさそうに「ではここからはいれ」と横の通路を指をさすので、そこからするっと滑り込みました。

すると出国審査カウンターの奥にパスポートを取り上げた係員がいました。

わたしはそちらのほうに、さも用事があるのだという風に、堂々と出国審査の列ではなく、係員のいる別の方向に歩いていきました。

周りはわたしが係員のほうに向かっているので、なにかあるのだろうと思ったのか、いったんはわたしのほうを見たのですが、またみんな元の仕事に戻りました。

そして先ほどの係員向かって「戻ってきたからパスポートを返してくれ」というと、彼はパスポートの中を開けてじっくり見てから無言で返してくれました。

そしてわたしはそれを受け取ると、さっと係員用の通路を早足で抜けて、ゲートで心配して待っている仲間とやっと合流できたのです。

めでたしめでたし。

これを読まれたみなさんがもし上海で同じような目にあったら、これを思い出して参考にしてみてください。

| | コメント (5)
|

2006年12月19日 (火曜日)

上海空港でトラブル!!

みなさんこんばんは♪

先ほど、上海から戻ってきました。

上海は気温が0度から6度と、底冷えする寒さでした。

これから上海またはその近辺に出かける人は十分に厚着をして出かけることをお勧めします。

それと手袋も必要です。

この、旅行記はおいおいアップしていく予定です。

さて、テロ対策で打ち出された各航空会社のルールですが、日々変わって来ているようです。

わたしは実は上海空港内の免税店は値段が高く種類も少ないので、市内で中国酒を購入しました。

そしてそれは割れ物なので、機内に持ち込もうとしたのですが・・・、

ところが、ゲートに入るときの手荷物のレントゲンチェックでかばんを開けるように指示があり、かばんの中のお酒をっ取り出され持込禁止になったと伝えられました。

欧米路線ならわかりますが、上海行きの便ではいままで、そのようなチェックはなかったのですが・・・。

お酒が液体なので、欧米の検査体制に少し合わせてみたのでしょうか?

結局、わたしはこのお酒の放棄を拒否すると、係員はじゃあ、もう一度外に出て預けろと、指示がありました。

え、?税関申告書、出国証明書を提出してしまって、手元に搭乗券しかないのに・・・

これからどのようにして預けろと???

(続きはあした)

| | コメント (2)
|

2006年12月18日 (月曜日)

ANAのeカード

今日はANAのグリーティングカードで、年末年始の挨拶用です。


 こちらもJALと同じくクリスマスカードと年賀状から選べます。

そして今年は携帯のデコメールがおススメとのことです。

■全日空のクリスマスカードと年賀状

https://www.ana.co.jp/promotion/greeting/

 ANAのメールは非常にシンプルでアニメや動画、ゲームなどはありません。

 クリスマスカード4種類、年賀状4種類そして季節の挨拶4種類のみです。

 携帯へのデコメールも4種類です。

 そしてこちらも動画はありません。

しかし、ANAはお年玉をつけています!!

ANAのe-カードを送ると国際線航空券、札幌ツアー3日間、ANAホテルズ宿泊券など、など。

さあ、みなさんならJALのカードとANAのカードどちらをとりますか?

関口宏でした(嘘)。

| | コメント (0)
|

2006年12月17日 (日曜日)

カンタス航空代表からのメール

先ほどメールを開けるら、カンタス航空の代表執行役員(CEO)から英文でメッセージが入っておりました。カンタス・フリークエント・フライヤーのメンバーになっているからでしょうが、このようなことはめったにないので、試しに翻訳してみました。

下記の通り掲載します。

カンタスCEOからのメッセージ

カンタス役員会は、株主がTPG社とOnex社を含むAllco Equity Partners社、 Allco Finance Group、マッコーリー銀行とその他オフショア投資筋からなるプライベート企業連合である,Airline Partners AustraliaAPA)からの新株オファを1株当たり5.60ドルで株主が受け入れるよう勧告することを決定しました。

この入札の詳細はqantas.comで手に入ります

http://email.qantas.net.au/ct/click?q=61-x9HAIoL8t_a2YZq4Kki0FGzAEsRR

カンタス経営筋は、グループの強い将来、そして将来のポジションのためにカンタスの航空と事業開発で価値ある専門知識があるAPAパートナーと共に働くことを約束します。

APAの提案に従って、カンタスはオーストラリアが大多数を所有するままとなります。

カンタスの将来の新オーナーは、カンタスがオーストラリアで最も重要なブランドのうちの1つであると認めています。そして、86年にわたるプラーベート、公共そして政府の所有を通して安全性とサービスを表明します。

APAは既存の戦略の流れで経営陣と組むことを約束すると言っており、カンタスの航空機と備品への投資計画は当然であると支持致しました。

この入札が成功するかどうかは、この企業連合が同社の全ての株式の90パーセントを取得出来るかに依存しています― 20072月末までこのプロセスは続きます。

APAの入札の結果として、現在計画されているカンタス・フリークエント・フライヤープログラムを含むすべての分野の業務に対する変更はなく、カンタスは平常通りです。


この詳細についてはわたしのブログの11月23日に書いております。

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_5f9b.html#commentsしの

この企業連合のなかにさらっとTPGを含むと書いてありますが、これは以前ブログに書いたテキサス・パシフィック。グループのことなんですね。

マッコリー銀行はTPGのオーストラリアの窓口ですから、本当にこの企業連合にカンタス航空を売り渡すことがオーストリアが大多数のままのオーナーなのか実質は不明です。

TPGが中心に入り込むことにより、近い将来は経営体質が変わると思います。

活性化のためによりアメリカ的なマイレージのばら撒きも可能性があります。

路線縮小もありえます。

オーストラリア旅行好きのかたは今後の動きに要注目です!

| | コメント (2)
|

2006年12月16日 (土曜日)

ネットでクリスマスカードを送ろう!!

パソコンの普及により年賀状を出す人が減ってきているそうです。

郵便局としては困っているようですが、

1.        クリスマスカードや年賀状を出すタイミングを逃して

        残すところ当日まであと一日しかない。

2.        紙よりも、もっと貰った人をあっと言わせるようなカードにしたい。

3.        はがき代の経費を削減したい。

4.        年賀状のお年玉よりも、もっと夢のある景品が欲しい。

などの人たちが紙で出す年賀状からネット上のメールクリスマスカードや年賀状に切り替えているのでしょう。

わたしもいつもJALさんにお世話になっており、毎年親しい人にはJALe-cardを送っています。

では下をクリックしてみてください。

■日本航空(JAL)のクリスマスカードと年賀状

http://www.jal.co.jp/ecard/

最初に今月のおススメのe-cardが五つ並んでいます。

わたしはこのなかの「サンタが家にやってきた」がほのぼのとして好きですが、注意したいのは、カードはこの五種類だけではないのです。

その下のアニメーションeカードの欄。

ここの季節の挨拶の項目に16種類。そしてゲームの項目に4種類。

あわせて25種類あります。

ですから、このなかからお好きなカードを選んでください。当然自分の言葉を入れることも出来ます。

また新しく携帯eカードを作っていただいたようなので、家にパソコンを持っていない方、相手の携帯アドレスしかしらない方には、こちらから携帯のメールにもカードを送れますね。

こちらのほうは季節の挨拶の項目に16種類あります。

また一度に複数の人に送れるので、時間の節約にもなりますね。

ぜひ活用してください。

Jale

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月15日 (金曜日)

航空運賃の本当のコストは?

J0336836_4 きのうお知らせしたように、一昨日、昨日と四国に行っていましたが、

何故、国内の航空運賃は海外航空運賃と比較してこんなに高いのでしょうか?

ちなみにわたしの経路の正規運賃は下記の通りです:

東京→高知 28.000円(393マイル)

高松→東京 26,500円(354マイル)

合計      54,500円(747マイル)

 これを高知向けは1週間以上前に購入すると安くなる特便割引7で購入しても、22,500円で、高松は前日までの特便割引1しかないので21,600円足しても44,100円で一万円しか安くなりませんでした。便宜上名前はJALの割引運賃名を使用していますが、ANAも同じです。

 ところが、WEB悟空21で東京→バンコク往復で43,000円からとなっています。

もちろんこれにジェット燃料サーチャージなどがかかってきることになるのですが、片道2,594マイル、往復5188マイルを飛ぶことは飛航距離は東京=四国の約7倍ということになり、これで運賃がほとんど変わらないという構造が納得できませんね。

しかもANAはこの高い国内線を750円来年から値上げすると、先日発表しています。

取り易いところから代金をとるということでしょうか?

これだけ移動運賃が高いとなると地方の人々はなかなか大都会へ行く機会にめぐまれず、地方の活性化がより遅れるという悪循環を繰り返しているように思えます。

日本の航空会社の経営者のかたがたには地方路線の赤字縮小、それに伴うコスト増大で地方路線の航空運賃値上げ、というこの悪循環をどこかで断ち切って欲しいものです。

ちなみに、今月旅行する上海への旅行の代金は関西空港からJALでの上海往復航空チケットにホテル三泊がついて25,800円です。

(トップの空港の絵は左クリックで動きます)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年12月14日 (木曜日)

プチ海外旅行?

海外から戻ってきました。

といっても四国から本土へです(笑)。

昨朝に日本航空で高知竜馬空港に入り、

出迎えてくれた大学の教授と空港の喫茶店で二時間ほど会談をし、

それから名古屋から到着したお客と合流、昼食に向かいました。

高知といえば、四万十川のうなぎが有名ですね。

養殖ではない、おいしいうな重をごちそうになり(高知は蒸さないで焼くので歯ごたえは若干固めです)、それから夕刻まで大学の方で仕事でした。

そして、そこでの仕事が終わり列車で香川県の高松に向かいました。

列車に乗る前に「二時間以上も席がなく、たちっぱなしだと疲れる」と思い、

指定席の切符を購入して列車に飛び乗ったのですが、

なんと一両にわたしひとり!

それで二時間以上。

高知から高松への途中の駅でもほとんど人をみかけなくて…、

列車でひとりぼっちというのはさびしいですね。

列車の窓から外を見ても、都会のような明かりがあまり見られず、

真っ暗な闇の中を走る列車の音だけが響き渡る…。

大都市以外での過疎は思った以上に進んでいるみたいです。

高知の大学の入学希望も減っており、

そして高知の地価もどんどん下がっているそうです。

また畑で耕す人の数も減り、

余剰の土地の借り手を農協は賢明に探しているとのことです。

約5分遅れで高松駅に到着すると、やっと都会に到着したような気分になりました(しかし人の数は東京や大阪とは比べ物になりませんが)。

そこにはお客がわたしを迎えに来てくれていて、一緒に讃岐うどんを食べに行きました。

釜天うどんをいただいたのですがさすがに本場のうどんは味が違います。

歯ごたえだけではなく、すこし辛目のだしがうまくマッチしています。

うどんと一緒におでんがメニューにありましたが、今日の高松空港のうどんやにもおでんがありました。ぶっかけうどんだけでは口直しが欲しくなりますが、おでんのこってりした味のだしがしみこんだ大根やゆで卵などの組み合わせは絶妙です。

一度試してみてください。

高知駅の真向かいにANAのホテルがありました。

これも来年にはANAインターコンチネンタルホテルになるのでしょうね。

| | コメント (2)
|

2006年12月12日 (火曜日)

ドイツ旅のポケットガイド2007年度版無料配布中です

Titelseite_web ドイツ旅行を計画する場合の必需品「ドイツ 旅のポケットガイドvol.10が完成してドイツ観光局で、現在配布中です。
今回は
今までよりも写真が増え、見て楽しめるガイドブックに仕上がったそうで楽しみですね。

巻頭12ページでは、「キーワードで知るドイツ」をテーマとして、古城ホテル、アート、デザイン、音楽、グルメ、ビール&ワインをクローズアップしているそうです。さらに、ロマンチック街道をはじめとする街道情報を充実させ、ライン川、ブンデスリーガ、ショッピング、イベントなど、パワーアップした情報を掲載しているそうです。
 わたしはこれから申し込むところですが、千五百円ぐらいも取られるへたな観光ガイドブックよりもよっぽど正確で、お得です。

このガイドブックを希望の方は、郵便番号、住所、氏名を明記の上、件名を「ポケットガイド希望」とし、メール(gntotyo@d-z-t.com)にてお申込みください。送料は後日、切手にて(140円)負担することになるそうです。

ひょっとしたらドイツ観光局に行けばもらえるかも知れません。

念のため住所です:

東京都港区赤坂7-5-56ドイツ文化会館4階

ドイツ観光局

電話:03-3586-5046(テープ案内)

Cci00001

ちなみにVol9.では全64ページ、2006年サッカー・ワールドカップから始まり、ベルリン、ミュンヘン、フランクフルトなど各主要都市のみどころの紹介。ドイツ料理のみどころやドイツ音楽、モーツァルト、ショッピングそしてドイツ旅行のモデルモデルコースなど満載でした。

その他楽しいドイツのみどころに関しては、ドイツ観光局のサイトにアクセスしてください。

http://www.visit-germany.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年12月11日 (月曜日)

上海ユニクロ・オープン!!

こんにちは♪

昨日から大阪に来ています。

ここは残念ながら海外ではないですね(笑)

そして今、仕事の間にインターネット喫茶のパソコンから更新をしてます。

以前は日本通信の無線LANカード(-mobile hours)を使っていたのですが、

いかんせんPHSということでスピードが遅いのと有効期限が600日の間に150時間という制限から100時間以上残して有効期限切れになってしまい、ネット喫茶にきているわけです。

今日の夕方東京に戻り、明後日には四国に行きます(上海ではないですがこんどは一応海外です)。

なかなか旅好きおやじは上海に行きませんねぇ。

いったいいつ行くのでしょうか・・・。

上海といえばユニクロのアジア最大の店舗が上海にこの週末できたそうですね。

もともとユニクロは中国で委託製造をすることから業務を開始したわけですから、

ある意味、中国で店舗を出すのが遅すぎたともいえますね。

ユニクロの最近の戦略は「ユニクロ」を高級化ブランドに持っていき、

大衆化商品は別ブランド「ジーユー」として10月よりを販売を開始しています。

ジーンズが1890円、Tシャツが690円など、

価格帯は格安とされたユニクロを3割以上下回るそうです。

これも当然中国製ですが、そうなると上海のユニクロの販売価格はどうなるのでしょうかね?

中国人に販売するためには、日本と同じ価格では売れないでしょう。

となると、我々が現地で日本土産に「ユニクロ」を買うと、お値打ち価格にならないでしょうか?

もちろんユニクロブランドの高級化路線が成功するとしてですが。

今度行ったときに確認してきます。

| | コメント (2) | トラックバック (3)
|

2006年12月10日 (日曜日)

全日空ホテルのその後は?

 昨日の続きです。

 ANAは今月からすでにインターコンチネンタル・ホテルズ・グループと設立した合弁会社「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社(LLC)」に運営を委託していますが、新たに13の土地、建物も売却します。今年度中に入札で売却先を決定し、売却額は1000億円程度になる見込だそうです。

 売却後もこの「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社(LLC)」が運営を継続しますが、所有者は第三者ということになりますね。

   2007年4月に東京全日空ホテルをANAインターコンチネンタルホテル東京に名称変更し、新会社が運営する31の国内ホテルのうち13のANAホテル(部屋数4,943室)をIHGの各グレードごとのブランドをつけて、ANAインターコンチネンタル、ANAクラウンプラザ、ANAホリデイ・イン等として、約1年半のうちに名称変更を順次行なうとのことです。

 残りの18の加盟ホテル(部屋数4,127室)については今日現在は未定だそうです。

 また、すでに日本にあるIHG傘下の11のホテルを加えると、合計42(1万2,000室超)のホテルチェーンとなり、海外のホテルグループカードの中では日本人にとっての利用の便利さでは最大のホテルグループになるでしょうね。

 ちなみにANAのホテル事業は今年3月期決算では約46億円の営業利益を上げているのですが、それでも手放す背景には本業の航空事業の競争環境が一段と厳しくなるとの危機感を持っているからでしょう。

 2007年にはライバルのJALがワンワールド加盟で成田空港第二ターミナルへの集結を軸に、巻き返しを図ることが予測されています。 

 そして、2009年には羽田、成田空港が相次ぎ拡張されますが、この機会にこれまで十分な便数を確保できていなかった国内外のライバルが一気に攻勢をかけてくるのは確実です。ANAとしても高効率の最新鋭機の導入などを急いでおり、競争力はさらに高める必要に迫られています。

 またもうひとつの理由は、最近保有する不動産を有効活用できないでいると、ファンドなどによる買収リスクが高まるため、いっそのこと不動産を売却してしまった方がいいと考える傾向もあるようです。

 ANAの発表後、同グループの売却資産について、すでに多くの不動産会社が強い関心を示しています。高い収益が期待できる優良物件は都市部でも稀少になってきているだけに、立地条件のいい東京全日空ホテル(六本木)、大阪全日空ホテル(曽根崎新地)そして品川のストリングスホテル東京などは落札価格が跳ね上がる可能性はおおいにあるでしょう。

 景気回復の兆しと首都圏の地価上昇の今年から来年にかけては「売り時」であることは間違いないでしょう。

| | コメント (2)
|

2006年12月 9日 (土曜日)

全日空ホテルが消滅?!

数日前に全日空(ANA)ホテルから一通の手紙が届きました。

Img_0761 121日付けでANAホテルメンバーはインターコンチネンタルホテルズ・グループ(IHG)に運営を引継ぎ、今後はIHGのメンバープログラムである「プライオリティ・クラブ・リオード(PCR)」に移行します。

ついては今までの特典の処理は下記のように取り扱います。

1.2007331日までに手持ちのポイントを宿泊券、利用券などに交換すること。

2.同封のPCR入会申込書で入会するとポイント移行可能。

3.もし会員が宿泊などの事後登録を申し出る場合にはPCRとしてポイントを貯めることができるがANAホテルメンバーとしてはNO.

4.2007930日までにPCRに移行されていないポイントは失効する。

5.20071031日でANAホテルの宿泊券、利用券は無効となる。

という内容でした。

そして、本日の朝刊に大きく「全日本空輸(ANA)は直営13ホテルの資産売却発表」と出ていました。

ホテル事業はこれまでANAの中核事業と位置付けられ、しかも業績は順調だったそうです。昨日の発表ではこれは不振事業を切り捨てるのではなく中核事業の再編に踏み込むことで、本業の航空」に経営資源を集中することからと述べています。

 これに対し、JALもホテルや社員寮など資産売却を急いでいますが、JALの場合は経営再建に向けた公約である2007年3月期の黒字を確保するための苦肉の策みたいですね。

ANAJALがもたつく間にJASとの統合でJALに追いつかれた国内線の地盤を強固にし、一気にJALを引き離そうという戦略がみえます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

2006年12月 8日 (金曜日)

かなり便利そうな海外対応形態電話が発売されるらしい!!

今年の8月にNTTドコモの海外対応携帯電話を購入したことは以前お知らせしましたね(下のブログ記事参照してください)。

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_c134.html#comments

ところが、近日また海外携帯対応電話の最新バージョンがNTTドコモから発売されるのです!!

それはFOMA M702iG

M702ig 色はボルドーパープルとホワイトの二種類を発売する予定です。

カメラの画素数も以前購入した機種の130万から200万にアップ

国際ローミングサービス「WORLD WING」のもちろん対応しています。

昔は対応が3Gだけだったのが、3G/GSM対応になり、そして今回は3GGSMGPRSに対応しています。

海外でも音声通話以外にiモード、iモードメール、iチャネル 1SMS(ショートメッセージサービス)やテレビ電話が利用できます。

また、国際ローミングの際に便利なネットワーク自動切換機能、ダイヤリングアシスト機能を搭載していて…と、なにがなんだかおやじにはわかりません(笑)。

とにかく、GSM/GPRS対応FOMAiチャネルサービスがあるのはFOMA初だそうです。

以前購入した機種では日本語の予測機能がついて結構便利だったのですが、

この機種には、なんと!英語予測機能がついており、メール作成の際に、英単語の予測変換候補が表示され、英単語の入力、英文メール作成を簡単に行うことができるそうです。

他にもオートスペース入力やオート大文字変換機能もついています。

英文作成が簡単になりそうですね。

海外で急にホテルやフライト、レンタカーなどの予約変更をしなくならない事態に陥った場合などに携帯メールを使って出来るのでかなり便利そうです。

また検索の必要英文を細かいボタンで打つ場合にもスペルミスが減って、海外で使うときにすごくいいですね。おやじにとっては携帯電話のボタンが小さすぎる!!

そして、電子辞書を搭載。

電子辞書機能でわからない単語を検索できます。

またまたなんと!英和:4万語/和英:3万7千語/国語:4万2千語の本格的な電子辞書を搭載しているので、海外のホテルのメニューや車で移動中の道路の標識など英語が分からないときなど、すぐに検索できて便利だと思います。

もちろん国語辞書も充実していますよね。

その他の便利な機能としては為替換算機能付き電卓と、3カ国(3都市)の時刻を同時に表示できるワールドクロック機能を搭載しています。

JALの機内で購入したデユアルウォッチといって二カ国の表示が出来た時計があり日本と現地の時間が同時に見れて大変便利でした。

Bluetooth®を搭載しているのでこの対応パソコンを利用すれば接続や電話帳のデータ交換などをワイヤレスで利用可能です。

この機種の詳細は下記の通り:

http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/702i/m702ig/index.html

ただメモリーが前回はMMCというマイナーなカードだったのですが、今度もmicroSDGというminiSDと似ているような?違うような?カードということがちょっと不安ですね。

汎用性がないと、このカードがなかなか手に入りづらかったり値段が高かったりしますから。

でも、かなり欲しくなってきています!!(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (3)
|

2006年12月 7日 (木曜日)

変貌する成田空港!!

本日の日経新聞朝刊第二部でAIRPORT2006という特集を組んでいて、その中で成田空港第2旅客ターミナルの再配置について書かれていました。

このブログでも、先日この件に関して取り上げており、きわめてタイムリーな話題だったと思いますね。↓

http://travel-hack.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/jal_55f4.html#comments

 では、以下記事の要約を簡単に述べますと:

1.エアラインのアライアンスごとにターミナルを集約するという世界的にもあまり例のない形で成田の再配置が進んでいる。第1旅客ターミナルにはANAを始めとするスターアライアンスグループが、第2旅客ターミナルには今冬にJALを中心にワンワールド各社が移転する予定。

これにより今までは共同運航便の60%が異なるターミナルを使用していたのだがこれが2.5%に減少。

2.第1旅客ターミナルの目玉は「成田ナカミセ」という大ショッピングモールだったが、第2旅客ターミナルの目玉は「ナリタ5番街」として4月にショッピングモールがデビューすることになる。これはニューヨークの5番街を意識しているが第2旅客ターミナルで5番目であることを表している。

 このショッピングモールは2800平方メートルの広さを持ち出国審査後すぐのエリアにオープンすることになる。

3.また第1旅客ターミナルにはすでに導入済みだが、さらに一年後の2008年春には第2旅客ターミナルでも爆発物検地装置(EDSを組み込んでチェックイン前の検査待ち時間がなくなるとしている。

この下の図をご覧になるとわかると思いますが、航空会社の配置はこのようになります。

Airport_map

 アエロフロ-トを除く、スカイチームの各社は第1ターミナルの北ウィングへ、アメリカン航空、キャセイパシフィック航空そしてフィンランド航空のワンワールドの各社は第2旅客ターミナルへ移動します。

 なぜか、スターアライアンスのニュージーランド航空ワンワールドのブリティッシュ・エアウェイズはそのままです。

 あとはJALのワンワールド加盟の正式発表を待つばかりですね!

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

2006年12月 6日 (水曜日)

世界中に出没??外貨の手当ては?

 今後三ヶ月の海外の旅行記事のアップの予定は以下のようになっています。

12月・・・・上海に出没予定(以前の記事の通り)

1月・・・・・シンガポール、マレーシアに出没予定

2月・・・・・アメリカのどこかに出没予定

3月・・・・・未定(仕事の進行状況次第)

 楽しい、お得なネタをアップしますので期待してください。

やあ

J0401301  さて、話は変わりますがここ数週間のユーロ高はすごいですね。

 中値で1ユーロ153~4円で推移しています。

今年の10月にヨーロッパを回ったときは、すでに1ユーロあたり149円となっていました。今となっては、現地での出費が高くつきすぎてしばらくはヨーロッパには行けません。

 一年前の今日の為替レートでユーロの中値が120.80円でしたから、この一年間でなんと25%以上も円はユーロに対して安くなっていることになります。

  一方、米ドルに関してみると、昨日には114円台の前半をニューヨーク市場でマークしています。

 ちなみに昨年の今日(12月6日)のレートをみると1ドルあたり120.80円だったのですが、実は昨年の12月19日には115.95円と、急激に二週間たらずで円高に走っていました。そして今年1月一杯までは114~115円台をゆれています。

  2~3週間のずれはあるにしても、米ドルに関してはヘッジファンドの手持ち資金の期末調整がかなり影響しているように思えますね。

 そしてわれわれ一般の海外旅行者からみると、この為替レートから判断して年末、年始の旅行はヨーロッパに出かけるよりもアメリカなど米ドル圏に出かけた方がお得ということになります。

  円高でシャネルやヴイトンなどの海外ブランド品の値上げは納得できますが、逆にティファニーやコーチなどのアメリカブランドは日本で買っても値下げしてもおかしくないと思います。

 もし日本で値下げしなければ、年末年始の航空運賃の高い時期をはずしてハワイ、グァムなどのアメリカ圏に行って購入したら割安になると思いますが、いかがでしょう?

  ただしオーストラリアについては、豪ドルは昨年の12月とさほど変わっていませんので影響はさほどありません。

(為替レートはCITI BANKのレートを採用)

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2006年12月 5日 (火曜日)

【秘密の旅行】2-スケジュールが決まりました

上海ツァーの日程表が届きました

12XX

日本航空にて関西空港発1855

上海着2035

うーん、四日間のツァーなんだけど、これでは初日の上海滞在は3.5時間のみ。空港から宿に到着したら、おーい、1時間ぐらいしかないぞ!!!

募集には出発時間は朝の九時から夜の七時十分までの間、と確かに書いてあるのですが、普通は決まる出発時間はこの真ん中あたりの時間帯かな?と思ってしまいますよね。

ところが、某H社さんのツアーには今まで結構参加しましたが、何日間ツアーでは、初日の出発時間帯はこのようなケースが多いですね。

二日目

H社さんが上海観光コースを既に組んでいて、これに参加しなければならないそうです。いつものパターンですね。

ショッピングのキックバックでツアーの利益を…おっと、これを言っちゃあいけないんだった。

参加したくない、とごねたらいったらどうなるのでしょう…かね?

で、この観光コースは…

なになに、午前:上海郊外水郷の町「七宝」観光へ そして観光後はシルク工場へ…

いつものパターンで考えるとこのシルク工場がくせものっぽいですね。

シルクを買え!! と工場から商品を買うまで出発してくれないとか…

食は名物「小籠包(シャオロンパウ)」つき上海料理

名物?有名なあの…店ではないでしょうね。

何しろ2万5800円ツアーですから。

午後は新天地下車、豫園(ユアン)入場とショッピング。

またショッピング?

ひょっとして指定のみやげ物屋でみやげを買うまで外に出れないとか…。

途中でミニ中国茶セミナーをお楽しみください。

ん、中国茶を買えと?

夕食は麻婆豆腐などの四川料理…、

上海がになどの上海料理じゃないんだ…。

ま、何しろ2万5800円のツアーですから。

3日目は自由行動

やっと思い思いのところに動ける!!

おすすめオプショナルツアーあります。

いらない、いらない自分たちで動きます。

最終日

いったい何時に出発だろう?

ん?

8時50分上海出発

11:50関西空港到着

えっ、初日と同じく、この日はほとんどなにも使えない!!!!

ま、何しろ2万5800円のツアーですから。

ということで、激安上海に行ってきます。

でも、まず関西空港までたどり着かなくては。

| | コメント (6) | トラックバック (4)
|

2006年12月 4日 (月曜日)

【番外編】安藤冴さんの六本木ライブ開催!!

Sajyeiーサジェイーこと安藤冴さんのライブが六本木のBRAVE BARで開催!!

 昨日、コメントを頂いている「さーちゃん」こと、

 安藤冴さんとは友人の紹介で東京で知り合いになってからもう3年ぐらいになるでしょうか。

 きれいで、すばらしい曲を演奏される素敵な女性です。 

 今は岐阜に拠点を移し、東海・関西を中心に作曲・編曲,シンセサイザー,ヴォーカリストとして積極的に活動されています。

 その彼女がこのクリスマスの時期に広々としたシルクロードをイメージした癒しの音楽を披露してくれます。

 また音楽のイメージに合せて即興画家の奥田あやさんがその場で絵を完成してくれます。必見ですよ!!

Photo_3

ライブ名:あんどーさえ&奥田あやジョイントライヴ!

■日時:2006年12月21日(木)

ライヴ/20:25~
     21:15~

■会場…六本木『BRAVE BAR』
    東京都港区六本木5ー18ー1
    PURE六本木ビル6階

■電話…03ー3587ー2985

チャージ/席料1000円。
 /ミュージックチャージ2000円

■出演…●あんどーさえ/作曲・編曲、
     シンセサイザー、ピアノ、弾き語り
      ●奥田あやーほとけ画師ー/即興画

■経歴:

 安藤冴さんは4歳からクラッシックピアノを始め、

15歳で親元を離れ音楽高校に入学しました。

 その後、寮生活を経て本格的に作曲や編曲に取り組み、

音楽大学作曲科卒業と同時に、歌の世界にも飛び込みました。

 そして、多くのステージを経て現在は作曲家として、

またシンガーソングライターとして、テレビ・ラジオ出演の他、

映画やファッションショーの楽曲制作を手掛けるなど、

大変幅広く活躍されています。

 彼女の音楽はシルクロードを旅したときの影響を強く受けているそうで、二胡の音色とのハーモニーは絶品です。

 ちなみに、今週末の12月10日には中国の二胡奏者の張照翔氏とあの京都・金閣寺で演奏されるそうです(残念ながら一般参加はないそうですが)。

 クリスマス前の一夜をこの六本木で、ぜひ壮大なシルクロードの雰囲気に浸ってみませんか?

    

| | コメント (5) | トラックバック (2)
|

2006年12月 3日 (日曜日)

サンタさんにクリスマスプレゼントをお願いしましょう!

クリスマスプレゼントを貰うことは、中身の値段とは関係なくうれしいものですよね!?

今日はいつもと趣向を変えて、サンタさんにプレゼントをお願いしてみましょう。

1_1 アメリカ・ロサンゼルスへの往復航空券ボナベンチュア・ホテル4の旅行をサンタさんにお願いする

http://appleworld.com/present/xmas2006/prize_a.html?ref=AAL&home=%2Faffiliate%2Faal_top.html

↑ここからお願いしましょう

ポーカーゲームの無料ソフトをサンタさんにお願いする

https://www.jal.co.jp/k-tai/game/

↑ここからお願いしましょう

コンパクトカー、赤い「ニッサン・マーチ」をサンタさんにお願いする

https://cr.jal.co.jp/question/jalcr/kyushu-campaign/kyushu-campaign.cgi

↑ここからお願いしましょう

2 サントリーホールで開催される新年元旦のウィーン・フォルクスオーパー交響楽団によるハプスブルク家の栄華 ~ 美しく青きドナウのニューイヤー・コンサートのチケットをサンタさんにお願いする

http://www.unitedairlines.co.jp/jsp/ja/cam/suntory.jsp

↑ここからお願いしましょう

007カジノロワイヤルトランプテディベアをサンタさんにお願いする

http://www.virginatlantic.co.jp/amusement/index.php

↑ここからお願いしましょう

来年度の成田空港のカレンダーをサンタさんにお願いする

https://www.narita-airport.jp/jp/whats_new/061201_2007cal.html

↑ここからお願いしましょう

アメリカへの航空券などいっぱいいろいろなものを欲張ってサンタさんにお願いする

http://www.seeamerica.jp/present/detail.php

↑ここからお願いしましょう

 まず、お願いしないと始まりません!!

 サンタさんに願いが届くといいですね。

| | コメント (4)
|

2006年12月 2日 (土曜日)

忘年会でノースウエスト航空のマイルをゲット

今日は、わりとカジュアルなネタです。

レストランでの食事でノースウェスト航空のワールドパークス・マイルが貯まるプログラム「ダイニング・フォー・マイルズ」がありますが、忘年会、新年会のシーズンに突入して年末年始スペシャルキャンペーンが発表されました!!


2006
121日から2007131日までの忘年会・新年会のシーズン中に、日本国内のダイニング・フォー・マイルズ加盟レストランにて15,000円(消費税込だと5250円)以上食事をすると、通常獲得できるマイル(100円につき3~5マイル)に加えて、なんと200ボーナスマイルが加算されるのです。

しかもこのシーズン中は何度でもボーナスマイルを貰えます。


ダイニング・フォー・マイルズの加盟レストランは、日本や米国に約11,000店ありますが、今回は日本の加盟レストランのみが対象です。

 エリアやキーワードをもとに、オンラインで簡単にご希望のお店を検索することができ、忘年会、新年会の会場探しにも十分使えます。

試しに検索して見ると、関東で対象レストランが806件、その内東京が699件となっていて、結構使える数ですね。

加盟レストラン検索サイト:

http://dfm.dining.ne.jp/search/

 もちろん、家族や友人との会食そして接待などにも使えます。

●このダイニング・フォー・マイルズの長所:

通常のマイルだけでも35マイルと、日系航空会社のレストラン利用での獲得マイル12マイルよりも2~3倍の速さでマイルが獲得できる点ですが、しかも一回で200マイルのボーナスは大きいですよね!!

●短所:

 1回の利用金額5,250円(税込)以上に限りキャンペーンボーナスの対象とみなされること。1日における複数店舗の利用は1回の利用とみなされること(二次会へ行ってもボーナスマイルは1日当たり200ポイントのみ)。

マイルは、16時以降のご利用がポイント獲得の対象となりランチは入っていないこと。

 フリーペーパーやクーポン券など割引券をを使用した場合はマイル付与対象外となること。

 まず、この200マイル特典を受けるためにはまずワールドパークスの会員になっていなければならないのは勿論ですが、事前登録が必要です。

/

事前登録は下記から:

http://www.nwa.com/jp/jp/travel/nwapr/wp_partners/dfm_06.html

 賢いやりかたは、事前に会の日時、場所をよく調べておき、ランチタイムや割引券などを使用した忘年会や新年会には、他のカードでポイントを貯め、そして、これ以外でダイニング・フォー・マイルズ加盟店で忘年会を行なう場合には率先して自分でカードを使う(三谷幸喜氏のCMように)ことでしょうね。

会員の方はまずは上記の登録から!!!

.

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年12月 1日 (金曜日)

秘密の旅行…!?

 突然ですが、

 中年おやじ三人で、今月のどこか?で上海に行く計画をひそかに立てています。

 仕事ではこの9月に上海を訪問したのですが…、

 そして前回は個人で航空券を予約して、そして国際会議場の開かれる一流ホテルへ宿泊したのですが…、

 今回はちょうど空いていた超超格安ツアー(関空発上海四日間25,800円、ホテル代、全朝食、昼食一回、夕食一回付き)に参加して、

 むさくるしいおっさん三人で相部屋に眠るという、想像もしたくないような修学旅行のような旅です!!

 本音を言うと、実はこの旅にうきうきしているのです。

 あー、仕事のプレッシャーもなく、ばかなことを言って、ばかなことが出来る旅、というのは本当に久しぶりなのです!!(もちろん人に迷惑をかえてはいけませんが…)

20060912002_4

 

 訪問する場所も毎回行くたびに大きく変貌を遂げている上海。

 ここで、失われつつある古き歴史ある上海と、ニューヨーク並みの高層ビル群が乱立する上海とを、再度見比べてみたいと思います。

 多分、今月にこのブログが数日更新されていなければ、その日が上海に行っている時でしょう(この値段のツアーのホテルだと、まずインターネットなど接続できないでしょうから)。

20060910017

 また、状況を報告します。

| | コメント (6) | トラックバック (2)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »